SPARKS / Live @ Shibuya Club Quattro

 

先日、 1月8日 渋谷クアトロにてSPARKSのライブ見てきました☆

 

f:id:k_sakashita:20121108000512j:plain

 

 

スパークスは1971年デビュー 今年で42周年を迎える

とても息の長いバンド(ユニット!?)です。 (⌒-⌒)

 

 

 1950~60年代に 今のロックと呼ばれる音楽が出来上がってくるわけですが、

そうなると2013年現在  それなりに40年、50年選手が増えてくるわけでして☆

その上で、 かなり乱暴ですが タイプを二つに分けますと

◎自分達のスタイルを崩さず 維持するタイプ

◎飽くなき探求心で チャレンジを続けるタイプ  てな感じで。

 

スパークスは明らかに後者のタイプになります☆

(決して前者のタイプに否定的なわけでは御座いません m(-_-)m )

 

 

アメリカ・カリフォルニア州出身の ロン・メイル(兄・kbd) ラッセル・メイル(弟・vo)の

メイル兄弟からスパークスは成ります。  その他メンバー 現在までに

30~40人が関わっていますが、 あくまでサポートと捉えてよいかと・・・

(デビュー当時はきちんとしたバンド形態でしたが)

 

 

Wikipedia見るとジャンル的には

グラムポップ ~ パワーポップ ~ エレクトロ・ダンス・ミュージック ~

メイン・ストリーム(ポップ・ミュージック) ~ チェンバー・ポップ(バロック・ポップ)

なんて表記されてますね。 (* ̄・ ̄)。。

 

 

まぁ ありがちな表現ですが スパークスはスパークスですよ!! ( ´∀`)

それ以外の何者でもございません!!(当たり前ですけど)

 

 

僕とスパークスとの出会いは 約25年程前、 知る人ぞ知る

高円寺のスーパー・マニアック・レンタル屋さん「オー○ス」で(敢えてお名前伏せますね)

グラム・ロック全集」なるVHSテープをレンタルした時でした。

 

 

(このレンタル屋さん たぶん現在でも営業してると思うんですけど、

映画もさることながら 音楽物がとにかく多ジャンルに渡り 素晴らしく充実してまして、

ほんと20代の頃は随分お世話になりました。  

<もちろん映画の充実ぶりも半端じゃないですよ!!!>

30過ぎで高円寺辺りを離れてからは ほとんど行けてないですが、

10年程前 近くを通った時に覗いてみたら、

ストーンズの武道館公演(オーディエンス・ショット)をレンタルしてまして・・・

ついにブートまで・・・ って唸りましたね(^-^) 

高円寺JIROKICHIを北に15メートル程歩くと このお店あると思います☆)

 

 

話を元に戻しまして、 「グラム・ロック全集」

Suzy  Quattro  、   Gary  Glitter  、   T-REX  、   Alvin  Stardust  、   The  Sweet  、

Wizzard    、   etc    etc

一癖も二癖もある連中がひしめき合う内容なんですけど、

中でも一際異彩を放っていたのがスパークスでした!!!

とりあえず 収録されてる曲の動画貼りますね☆

グラム・ロック全集に収録されているのと同じ物です♪♪♪


Sparks - This Town Ain't Big Enough For Both Of Us (TOTP 1974)

 

めっちゃカッコいいでしょ!!!☆☆☆

お兄ちゃんの ヒトラーを彷彿とさせる風貌もやばいですよね★

 

 

スパークス、 71年にデビューし アメリカでアルバムを2枚発表した後、

(セールス的には ほぼ結果を出せないまま)

73年 活動の拠点をイギリスに移し 発表した3rdアルバム「Kimono My House

から 上に貼った動画「ディス・タウン」が全英2位にチャート・イン!!

3枚目のアルバムにてブレイクします☆ ★⌒(@^-゜@)v

Kimono My House

Kimono My House

 このアルバムのプロデューサー、 BLIND  FAITHでのクラプトンの盟友 スティーヴ・ウィンウッドの兄 マフ・ウィンウッドなのです☆

 

 

それから現在に至るまでに 22枚のアルバムを発表してますね☆

まだまだスパークス止まりませんよ!! ♪┌|*゚-゚|┘┌|*゚。゚|┘く♪

 

 

 

前フリ長くなりましたが、 ライブのお話しなければですね。 (^▽^;)

 

2006年の渋谷O-EAST、 2009年の渋谷O-EASTに続き

今回の渋谷クアトロでスパークスのライブ見るの3回目なんですけど、

前回、前々回、 普通にサポート入れてバンド形態でのライブでした☆

f:id:k_sakashita:20130119164154j:plain

f:id:k_sakashita:20130119164209j:plain

 2009 Shibuya  O-EAST

 

 

 

でもって今回☆  なんと!!  完全に2人っきり!! 

Just  A  Mael  Brothers  On  Staaaaaage!!!!!!! で御座いましたよ☆☆☆♪♪♪

。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆ 。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆ 。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆ 。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆

 

 

まぁ とは言うものの かなり同期ものも多用するんだろうな~

なんて思ってたんですけど、  ほぼ無いに等しかったですね☆

ロンの鍵盤(エレピ)と ラッセルの肉声 のみです!!

 

 

後はライブにスパイスを加える照明と 曲のテンポに合わせた

お客さんの手拍子♪  もうほんと それだけです!!

 

 

文字に起こすと  それじゃあいささかショボイでしょ!?

て思うでしょ?

 

 

 

いえいえ!! (*゚▽゚)  まったくショボクはなかったですよ!! ♪(* ̄ー ̄)v

 

 

むしろ今まで2人の放つ音を遮っていた 他の楽器の壁が全て取り払われ

完全に2人のみと良い意味で対峙できた約2時間!

素晴らしかったです!!!!☆☆☆☆ 。.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))

 

 

音源は、 バンド形態でアレンジされ 録音されたものを購入し

何度も聞くわけですから、 発表された形で基本的にはライブも聞きたいって気持ち

もちろんありますけどね☆

 でも逆に 貴重なもの見ちゃったな〜〜って思いの方が強かったですね〜☆★☆

 

 

今回のメイル兄弟の表現方法、  敢えて2人で挑んだものなのか、

はたまた 拠所ない事情があったのかは 把握しておりませんが、

結果的には 会場にいたほぼ全ての方が大満足だったのではないかと!!

思いました!!!

 

 

だって終演後鳴り止まない拍手と皆の笑顔が そう語ってましたから!!!!

。.:♪*:・'。.:♪*:・'ヽ(゚∇゚(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)゚∇゚)ノ。.:♪*:・'。.:♪*:・'

 


-------------------------------------------------
Sparks, Tokyo, SHIBUYA CLUB QUATTRO
-------------------------------------------------

01.Ron Instrumental Medley
02.Hospitality On Parade
03.Metaphor
04.At Home, At Work, At Play
05.Sherlock Holmes
06.Good Morning
07.Under The Table With Her
08.My Baby's Taking Me Home
09.Singing In The Shower
10.The Wedding Of Jacqueline Kennedy to Russell Mael
11.Excerpts from "The Seduction Of Ingmar Bergman"
I Am Ingmar Bergman
Mr.Bergman, How Are You
We've Got To Turn Him 'Round
He's Home
12.Dick Around
13.Never Turn Your Back On Mother Earth
14.This Town Ain't Big Enough For Both Of Us
15.The Rhythm Thief
16.Suburban Homeboy
17.When Do I Get To Sing 'My Way'

(Encore)
18.The Number One Song In Heaven
19.Beat The Clock
20.Two Hands, One Mouth

 

 

f:id:k_sakashita:20130120212955j:plain

f:id:k_sakashita:20130120213012j:plain

f:id:k_sakashita:20130120213031j:plain

f:id:k_sakashita:20130120213043j:plain

2013   Shibuya  Club  Quattro

 

 

 

スパークス、 同じミュージシャンからも かなりリスペクトされてまして。  

例えば

Depeche  Mode  、New  Order 、MorrisseyBjork 、  etc    etc

なんて方々や  最近では

Franz  Ferdinand 、Darkness 、Out  Kast、 etc   etc

なんて方々からも、 惜しみない賞賛の声がおくられているわけですが、

 

1972年(たぶん)のイギリス・ツアーで

Queenが スパークスの前座を努めてまして、 

フレディー・マーキュリーのオペラチックなヴォーカルは

その際に ラッセル・メイルの歌唱スタイルから影響を受けたって話は

有名ですね☆

 

 

因みにスパークス自身はと言うと、

The  WHO 、 PINK  FLOYD(シド・バレット時代)、 KINKS  、

The  MOVE 、 なんて辺りから影響受けてるみたいですね☆

 

 

 

ではでは幾つか動画を貼りつつ また次回までご機嫌よう~~(* ̄▽ ̄*)ノ"PEACE!!

 (てか今月色々トラブル続きで全然更新出来なくてゴメンナサイm(_ _;)m 

来月はがんばります★)

 

 

 

 


SPARKS THIS TOWN AINT BIG ENOUGH FOR THE BOTH OF US- PRODUCED BY PAUL M GREEN
おそらく2006年くらいの映像だと思います。

ギターは 元レッチリのジョン・フルシアンテとの共同名義でのアルバムも発表

しているジョシュ・クリングホッファー

ベースはレッド・クロスのスティーヴ・マクドナルドですね。

 

 

 

 
Sparks - Number 1 Song in Heaven 1979

 

 

 

 


Sparks - I Can't Believe That You Would Fall For All The Crap In This Song

 

 

 

 


Sparks - Suburban Homeboy

 2006年オフィシャル発売のDVD 「LIL'  BEETHOVEN  ー  LIVE  IN  STOCKHOLM

2004」からの映像です。  スパークスを知るには良い1枚です☆