TEDESCHI TRUCKS BAND @ Shibuya AX

 

先日、2月10日 渋谷AXで テデスキ・トラックス・バンド見てきました☆

 

f:id:k_sakashita:20140221180331j:plain

 

 

このバンドは、 デレク・トラックスとスーザン・テデスキの「世界で一番ギターのうまい夫婦」

がメインのバンドなのです☆ 。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜

f:id:k_sakashita:20140221181057j:plain

 

 

まぁ、 うまいの基準は人それぞれなので 色々なジャンルでギターのうまい夫婦は他にも

いるんでしょうけどね(*′▽`) 

ブルース・ロック界においてはトップ・クラスの夫婦である事は間違いないと思います☆

 

特にデレク・トラックスのオープンEチューニングでの彼のタッチは

世界でもトップ・クラスのそれだと思います!! щ(゜ロ゜щ)!!!!!!!!

 

 

 

Derek Trucks ( Birth 1979・6・8 )

f:id:k_sakashita:20140221182457j:plain

 

 

f:id:k_sakashita:20140221182951j:plain

オールマン・ブラザーズ・バンドのオリジナル・メンバー、 ブッチ・トラックス(ドラム)の甥で

9歳からギターを始めます♪

現在はオールマン・ブラザーズ・バンドのギタリストである一方、自身のテデスキ・トラックス・バンドで活動(オールマン~在籍15年ですが、2014年いっぱいで脱退する事が今年1月に表明されました)

 

 

2006年にはエリック・クラプトンのツアーに同行しましたが

f:id:k_sakashita:20140223130945j:plain

L: ドイル・ブラムホールII、 デレク・トラックス、 エリック・クラプトン :R

 

彼の名前"デレク・トラックス”の”デレク” は クラプトンのバンド

f:id:k_sakashita:20140223130031j:plain

から取られているのです!!!!!!

 

Derek and the Dominos / Layla and Other Assorted Love Songs - さかしたBLOG

 

 

ブルース・シンガーでありギタリストでもある妻(2001年に結婚)、スーザン・テデスキ

f:id:k_sakashita:20060620185907j:plain

1997年から デレク・トラックス・バンドと共にライブ活動を行ってきましたが、

2010年に妻のバンドと合併及び再編成を行い、現在はテデスキ・トラックス・バンドとして活動中です☆

 

 

 

 TEDESCHI TRUCKS BAND 2014・2・10 Shibuya AX

f:id:k_sakashita:20140210211633j:plain

 

f:id:k_sakashita:20140210191015j:plain

 

f:id:k_sakashita:20140210194008j:plain

 

f:id:k_sakashita:20140210203400j:plain

 

f:id:k_sakashita:20140210200202j:plain

 

f:id:k_sakashita:20140210193326j:plain

 

f:id:k_sakashita:20140210200101j:plain

 

f:id:k_sakashita:20140210204032j:plain

 

f:id:k_sakashita:20140210204035j:plain

 

f:id:k_sakashita:20140210204037j:plain

 

f:id:k_sakashita:20140210204630j:plain

 

f:id:k_sakashita:20140210204911j:plain

 

f:id:k_sakashita:20140210205742j:plain

 

01. Don't Let Me Slide
02. Made Up Mind
03. It's So Heavy
04. Don't Miss Me ( The Derek Trucks Band )
05. Do I Look Worried
06. Meet Me At The Bottom
07. All That I Need
08. St. James Infirmary ( Louis Armstrong )
09. Part Of Me
10. Palace of the King ( Freddie King )
11. Midnight in Harlem
12. I Know ( The Derek Trucks Band )
13. Bound for Glory
14. The Storm


<encore>


15. You Don't Miss Your Water ( Otis Redding )
16. Love Has Something Else to Say

 

 

今回の来日メンバー↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • スーザン・テデスキ (Vo, G)
  • デレク・トラックス (G)
  • コフィ・バーブリッジ (Key, Fl)
  • タイラー・グリーンウェル (Dr, Perc)
  • J.J.ジョンソン (Dr, Perc)
  • ケビ・ウィリアムズ (Sax)
  • モーリス・ブラウン (Trp)
  • サンダース・サーモンズ (Trb)
  • マイク・マティソン (Chor)
  • マーク・リバーズ (Chor)
  • ティム・ルフェーヴル (B)
  • ドイル・ブラムホールⅡ (G)

 

今回の公演発表は渋谷公会堂と渋谷AXでしたので(追加で昭和女子大学 人見記念講堂も決まりましたが)、 それはもう迷わずスタンディングの渋谷AXを選びました(*'▽'*)

等間隔に並べられた座席ありと、座席無しのスタンディングでは色々違いますからね☆

 

まずは、絶対的に会場のノリが違います!! 圧倒的にスタンディングの方がお客さんのノリが良いですね☆

 

次に言えるのは、頑張れば前の方に行けます(o。・・。)o まぁ最近は無理して前の方には行かなくなりましたが★ 今回は開演10分前くらいに会場入り 8分目くらいのとこから見てました。

 

でもって、スタンディングの方が圧倒的に写真が撮り易いです★( ̄ー+ ̄)★

座席ありの会場より規制しづらいと言う事ですね★

スマホに機種変して外タレさん撮るの初めてでしたが、その性能を遺憾なく発揮してくれました☆ 

ズームでの画像が前の物とは比べ物にならない程綺麗です☆

まだまだ使いこなせてないですが。

 

 

そんな理由から渋公ではなく、AX行ってきましたが 大正解でしたよ(≧∀≦)゚・*:.。. .。.:*・!!!!!

渋谷公会堂はAXより4日早い2月6日に行われ、ライブレポートがUDOさんのHPにも掲載されたので、

AX行く前に拝見さしていただきましたが、 全14曲で約95分の公演時間だったとの事で、

まぁAXもそんな感じかな~ なんて思いながら会場に足を運びましたが、

終わってみたら、 全16曲 約130分の公演時間!!

 

これはもうお客さんが演者さんをノセている典型的な例かとヾ(。・ω・)ノヾ(。・ω・)ノヾ(。・ω・)ノ

会場で感じたのは 非常にお客さんのリアクションが良かったなと☆☆☆

一般的に曲が始まって曲が終わるまでの間で あまり拍手なんかは起こりませんが、

曲間でも各パートの見せ場が非常に多いテデスキ・トラックス・バンドにおいて、

各パート毎の見せ場での 拍手と歓声のリアクション 素晴らしく良かったですね☆

勿論 拍手と歓声が常に巻き起こる程の演奏がある事が大前提ですが(*゚∀゚)

リアクションが良ければ ジャムだってアドリブだって 伸びちゃいますし

曲数だって増えちゃいますよね☆

 

 

デレク・トラックスの盟友

f:id:k_sakashita:20140225183130j:plain

ドイル・ブラムホールⅡもゲスト参加した今回のテデスキ・トラックス・バンド☆

サッチモフレディー・キング、オーティスなんかのカバーを混えながら

非常に濃厚なブルース/ソウル・ナンバー堪能させて頂きました☆♪☆

 

f:id:k_sakashita:20140225183948j:plain

 

 

ではではそんな感じでまた次回までご機嫌よ~(^U^)ノ PEACE!!

 

 

 

 


Midnight in Harlem (Live from Atlanta) - YouTube

 

 

 

 

 

 

 

 


Tedeschi Trucks Band Performs "Made Up Mind ...

 

 

 

 

 

 

 

 


Tedeschi Trucks Band - Come See About Me ...