読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RINGO STARR & HIS ALL STARR BAND @ Zepp Tokyo

 

リンゴが来た!!☆ \(^▽^)/   リンゴが来た!!☆ ヾ(=^▽^=)ノ

 

リンゴが来た!!☆ ヽ(=´▽`=)ノ    リンゴが来た!!☆ ヾ(@~▽~@)ノ

 

ビートルズリンゴ・スターがやって来たwwwwwwヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ノ
ヤァ!!!!!!!!!!   ヤァ!!!!!!!!!!   ヤァ!!!!!!!!!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

f:id:k_sakashita:20130303194623j:plain

 

 

目の前で リンゴがビートルズの曲を叩き!!  リンゴがビートルズの曲を歌う!!

最高だ!!  最高だ!!  最高だwwwwwwwwwwww!!!!!!!!!!!!☆☆☆☆☆

死ぬ前の後悔が これでまたひとつ減ったぜ!!!((o(* ̄◇)o<*:'゚。.*:゚・'゚゚:。'・゚

 

 

これ以上なにを語れって言うんだ!? 今回はもうこれでいいじゃないか!!

 

 

 

 

ってわけにもいかないので 色々語ります。 (*´ェ`*)

(てか・・・お恥ずかしい話 元ビートルズのメンバーのライブ見たの、

今回のリンゴが初めてでした (//・_・//)

ビートルズの来日公演の時は 僕産まれてないですしね~

ジョンが亡くなったのも僕が小学生の頃でしたし、

ジョージも もう見れないですしね・・・

残すはポールとリンゴのみ。 そして今回のリンゴ来日!!

もうほんと 夢の様なひとときでした。・。・゚・:*。・:*:・゚'☆♪。・。・゚・:*。・:*:・゚'☆♪)

ではでは (‐^▽^‐)

 

 

1970年4月 ビートルズは事実上解散するわけですが、

それより1ケ月前 1970年3月、 

リンゴ初の単独作品「センチメンタル・ジャーニー」が発表されます。 

リンゴ・スター ソロ活動の始まりです☆☆☆

 

 

70年代初頭から80年代中盤までソロ活動に力を入れますが、

80年代後半 アルコール依存症になってしまいます・・・( ̄_ ̄|||)

 

 

が しかし、 1989年 アルコール依存症患者更生施設での治療を経たのち

カンバック!! (*゚ー^)ノ。・。・゚・:*。・:*:・゚'☆♪。・。・゚・:*。・:*:・゚'☆♪。・。・゚・:*。・:*:・゚'☆♪

ブルース・スプリングスティーンのバック・バンドであるEストリート・バンドや

イーグルスの元メンバーなどを集め、 リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドを

結成!!

ビートルズ解散後初の本格的なワールド・ツアーに出ます!!!☆☆☆

 

 

その年の秋には日本公演も実現。  ビートルズのメンバーがライブを目的として

来日するのは、 実に23年振りのことでした☆

その翌年にはポール・マッカートニー!! その次の年にはジョージ・ハリスン

日本公演のために来日!!

1995年にはリンゴがオールスターバンドを従え再び来日!!

そして今回のリンゴ~ 三度来日です!!!☆☆☆*+:*+:*+:*+:*+:*+:*+:*+:*+:*+:*+:*+:

 

 

 

しかしオールスターズの名に違わぬ今迄のメンツ☆

Wikipediaに2006年の第9期まで載ってたので つらつらと記してみます。

 

第1期(1989年)

ビリー・プレストン、 レヴォン・ヘルム、 リック・ダンコ、 ドクター・ジョン、 

ジョー・ウォルシュ、 ジム・ケルトナー、 ニルス・ロフグレン、 クラレンス・クレモンズ

 

第2期(1992年)

ティム・キャペロ、 デイブ・エドモンズ、 バートン・カミングス、 ジョー・ウォルシュ

ティモシー・B・シュミット、 ザック・スターキー、 ニルス・ログフレン、 トッド・ラングレン

 

第3期(1995年)

ビリー・プレストン、 フェリックス・キャバリエ、 ジョン・エントウィッスル、 マーク・ファーナー、

マーク・リベラ、 ランディー・バックマン、 ザック・スターキー

 

第4期(1997~1998年)

ゲイリー・ブルッカー、 ジャック・ブルース、 ピーター・フランプトン、 

サイモン・カーク、 マーク・リベラ、 デイヴ・メイスン

 

第5期(1999年)

ゲイリー・ブルッカー、 トッド・ラングレン、 ティム・キャペロ、 ジャック・ブルース

サイモン・カーク、 ジョー・ウォルッシュ(リハーサルのみ参加)

 

第6期(2000年)

ジャック・ブルース、 エリック・カルメン、 デイブ・エドモンズ、 

マーク・リベラ、 サイモン・カーク

 

第7期(2001年)

イアン・ハンター、 グレッグ・レイク、 シーラ・E、 ハワード・ジョーンズ、

ロジャー・ホジソン、 マーク・リベラ

 

第8期(2003年)

コリン・ヘイ、 ジョン・ウェイト、 ポール・キャラック、 シーラ・E、 マーク・リベラ

 

第9期(2006年)

ロッド・アージェント、 リチャード・マークス、 ヘイミッシュ・スチュアート、

ビリー・スクワイア、 マーク・リベラ、 シーラ・E、 エドガー・ウィンター

 

 

てな感じです(*゚▽゚) しっかし凄いメンツですよね~☆

好きものが集まれば 上のメンツ表だけで朝まで飲めちゃいますね (* ̄ω ̄)_凸 

 

 

でもって今回こんなメンツです☆

 スティーブ・ルカサー( TOTO )、 リチャード・ペイジMr.Mister )、 

トッド・ラングレン、 マーク・リベラ、 グレッグ・ローリー( Santana & Journey )、

グレッグ・ビゾネット

f:id:k_sakashita:20121127122801j:plain

 

 

 

でもって肝心のライブですが、 ビートルズやリンゴのソロの曲は勿論のこと、

TOTOやサンタナの曲も飛び出した約2時間にわたるステージでしたが

なんだかんだで いちばん盛り上がったというか、 バンドとお客さんがひとつに

なったのって 「 Yellow Submarine 」 だったと思います☆ o(*^▽^*)o~♪

ヽ(゚∇゚(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)゚∇゚)(゚∇゚(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)゚∇゚)ノ

あの曲があんな風に聞こえる感覚って かれこれ30年以上ビートルズ聞いてきましたが

初めての体験でしたね~~~☆ なんかうまく説明できないですけど・・・

やっぱこればっかりは 頑張ってチケット買って 会場に足をはこんで

生で体感しないと分かんないことだと思います☆☆☆

今回行けなかった人も 次回はチケット取って イエロー・サブマリンに乗り込み

素敵な深海の散歩に出かけようじゃないですか!! ☆^(o≧▽゚)o

 

f:id:k_sakashita:20130307223400j:plain

 

f:id:k_sakashita:20130307223422j:plain

 

f:id:k_sakashita:20130307223438j:plain

 

f:id:k_sakashita:20130307223452j:plain

 

f:id:k_sakashita:20130307223505j:plain

 

f:id:k_sakashita:20130307223527j:plain

 2013. 2/25 Zepp  Tokyo

 

 

  1. Matchbox
  2. It Don't Come Easy 
  3. Wings 
  4. I Saw the Light
  5. Evil Ways
  6. Rosanna
  7. Kyrie
  8. Don't Pass Me By
  9. Bang the Drum All Day
  10. Boys
  11. Yellow Submarine
  12. Black Magic Woman
  13. Honey Don't
  14. Anthem 
  15. You Are Mine
  16. Africa
  17. Everybody's Everything
  18. I Wanna Be Your Man
  19. Love Is the Answer
  20. Broken Wings
  21. Hold the Line
  22. Photograph 
  23. Act Naturally
  24. With a Little Help from My Friends
  25. Give Peace a Chance

 

しかし最後の最後 ジョンの曲で締めるとは思わなかったですね~( ̄ο ̄)

まぁ実際ラストにはもってこいの選曲ですが☆

 

 

ではでは幾つか動画を貼りつつまた次回まで 今回まさにPEACE!!

(●~▽~●)У (●~▽~●)У (●~▽~●)У

 

 

 

1973年 シングル作品 「想い出のフォトグラフ」

ジョージ・ハリスンとの共同作品で ビルボード誌、キャッシュボックス誌、

共に1位を記録してます☆

Ringo Starr - Photograph 

 

 

 

 

 

こちらも1973年 シングル作品 「ユア・シックスティーン」です。

カバー曲で オリジナルはジョニー・バーネットの1960年作品です。


You're Sixteen - Ringo Starr - Live In Japan 1995

 

 

 

 

 

説明不要のビートルズ・ナンバー也!!


I Wanna Be Your Man / Ringo Starr

リンゴなんでデフ・レパードのTシャツ着てんだろ~(゚ペ)?

 

 

 

 

 

 


Ringo Starr - Yellow Submarine (live 2005) HQ

 

 

 

 

 

 

 

今回の来日動画もう上がってました・・・(^▽^;)


Yellow Submarine [Ringo Starr 2013 at Tokyo]

 

 

 

 

 

P.S.  昨年12月の Guns  N’  Roses の記事、 当日のセット・リスト

追加しました☆ 興味のある方どうぞ~☆

 

 

 

 

P.P.S.  昨日暖かかったので 薄手の皮のジャケット着てたら、

FLATブッキング・中島青年に 「スティーブン・セガールみたいっスね~」

って言われました・・・・・・∑( ̄Д ̄;)

 

どうやら僕はもう オッサン臭を隠せなくなったようです・・・・| ̄ω ̄、|