Brian Setzer's Orchestra @ Tokyo Dome City Hall 2018


 

昨年1月、ブライアン・セッツァー・オーケストラ見て来た☆

 

 

 

f:id:k_sakashita:20190110152444j:plain

 

 

◎Brian Setzer Orchestra @ Shibuya Koukaidou 2014 - さかしたBLOG

 

◎Brian Setzer's Rockabilly Riot @ Tokyo Dome City Hall 2016 - さかしたBLOG

 

 

2014年5月以来、約3年8ケ月振りの来日となったオーケストラ。またあのゴージャスなステージが見られるかと思うと、心踊るのだ☆

今回は8ケ所9公演。僕は1月30日の東京ドームシティホールに行って来た。 

✦1月24日(水)
北海道 札幌 ニトリ文化ホール

✦1月26日(金)
宮城 仙台 東京エレクトロンホール宮城

✦1月29日(月) / 30日(火)
東京ドームシティホール

✦2月2日(金)
大阪 なんばHatch

✦2月5日(月)
福岡国際会議場メインホール

✦2月7日(水)
広島 JMSアステールプラザ 大ホール

✦2月8日(木)
愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール

 

 

 

ではでは今回のお話へ♪

Brian Setzer's Orchestra 25th Anniversary Japan Tour  @  Tokyo Dome City Hall 2018・1・30 (tue)

f:id:k_sakashita:20180130183125j:plain

今回もカツと2人で参戦。

各自現地集合で、1人通い慣れた水道橋へ。

入り口から右に曲がるといつものグレッチタワーとそれを撮影する人だかり。取り敢えず僕も写真撮り、

f:id:k_sakashita:20180130183345j:plain

f:id:k_sakashita:20180130183417j:plain

今回は友人の誕生日にTシャツ贈る為

物販の列に10〜15分程並びTシャツ2枚購入。

f:id:k_sakashita:20180130184549j:plain

f:id:k_sakashita:20180130184657j:plain

 

Tシャツも無事購入し、19時開演の会場に18:52到着。

f:id:k_sakashita:20180130185245j:plain

誰もいないステージで、既に圧倒的存在感を放つブライアンの代表的相棒◎GRETSCH PX6120(1959年製)。右側には常に存在し続けるギター・アンプ◎FENDER BASSMAN。その上にはこれまた必要不可欠◎Roland Tape Echo / RE-301。そしてベースマンの左側には◎FENDER Twin Reverb(通常黒いボディのツイン・リヴァーブはカスタムされた模様)

 

今回の席は下手側の3列目☆

f:id:k_sakashita:20190114123859j:plain

自分の席に行くともうカツは着いてた。前回のロカビリーライオットの時に、カツは仕事の都合で頭2曲見られてないからね★ 良かった良かった☆

取り敢えず席に着き、ステージ見るとこんな感じ。

f:id:k_sakashita:20180130185551j:plain

 

 

時間は19:01

客電落ち、デューク・エリントン「Take the A Train」がオープニングSEで鳴り響く中、まずはオーケストラの面々が定位置に着き、

f:id:k_sakashita:20180130190125j:plain

1曲目 ’00 B・S・O 4thアルバム『Vavoom!』から「Pennsylvania 6-5000」でスタート♪

f:id:k_sakashita:20180130190155j:plain

原曲は1940年産のスウィングジャズ/ポップスのスタンダードナンバー♪

f:id:k_sakashita:20190115165241j:plain

少し遅れてBrian Setzer登場☆☆☆

f:id:k_sakashita:20180130190207j:plain

Aメロふたまわし程ギターを持たずに歌い、

f:id:k_sakashita:20180130190246j:plain

この後軽快に相棒掻き鳴らす♪☆♪

f:id:k_sakashita:20180130190311j:plain

 

 

 

2曲目  ’96 B・S・O 2ndアルバム『Guitar Slinger』から「Hoodoo Voodoo Doll」

f:id:k_sakashita:20180130190508j:plain

早いテンポの楽曲。イントロのギターソロでの滑らかさを聞き、まだまだまったく衰えてないブライアンに安心すると同時に感心♪

f:id:k_sakashita:20180130190736j:plain

中間のギターソロの後には情緒溢れるクラリネットソロ♪

f:id:k_sakashita:20180130190810j:plain

 

 

 

2分間程のギターソロから、

f:id:k_sakashita:20180130191001j:plain

3曲目 ’98 B・S・O 3rdアルバム『The Dirty Boogie』から「This Cat's on a Hot Tin Roof」

f:id:k_sakashita:20180130191143j:plain

オーケストラの厚みが生かされたゴージャスな楽曲♪

f:id:k_sakashita:20180130191157j:plain

ロカビリーとオーケストラの組み合わせはブライアンの発明だからね☆

f:id:k_sakashita:20180130191221j:plain

 

 

 

4曲目 ’81 STRAY CATS 1stアルバム『涙のラナウェイ・ボーイ』から「Stray Cat Strut」

f:id:k_sakashita:20180130191527j:plain

間奏まずはジョニー・ハットンのベースソロから♪

相棒は BLAST CULT / One 4 Five !!

f:id:k_sakashita:20180130191719j:plain

続けてブライアンのギターソロ♪

f:id:k_sakashita:20180130191736j:plain




5曲目もストレイ・キャッツ『涙のラナウェイ・ボーイ』から「Runaway Boys」

f:id:k_sakashita:20180130191847j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130191901j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130191903j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130191952j:plain

間奏はホーンセクションを大幅に導入したアレンジで♪ 

f:id:k_sakashita:20180130192106j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130192302j:plain

 

 

 

6曲目 ブライアンのアカペラ

「Weeeell Be Bop A Lula She's My Babyyyyy♪」から、

f:id:k_sakashita:20180130192345j:plain

’89 ストレイ・キャッツ 6thアルバム『Blast Off!』から「Gene and Eddie」

f:id:k_sakashita:20180130192613j:plain

ピアノのケヴィン・マッケンドリーはアコギ(グレッチ・ランチャー・ファルコン)にチェンジ☆

f:id:k_sakashita:20180130192403j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130192428j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130192703j:plain

 

 

 

7曲目 B・S・O 『Dirty Boogie』からインストナンバー「Sleep Walk」

f:id:k_sakashita:20180130192849j:plain

原曲はSanto & Johnny、1959年作品☆

f:id:k_sakashita:20190119152629j:plain

f:id:k_sakashita:20180130192906j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130193031j:plain

 

 

 

ジャケット脱ぎ、

f:id:k_sakashita:20180130193229j:plain

8曲目も『Dirty Boogie』から「Dirty Boogie」

f:id:k_sakashita:20180130193247j:plain

ギターはグレッチG6120ナッシュヴィル・ブラックにチェンジ☆

f:id:k_sakashita:20180130193257j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130193419j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130193453j:plain

 

 

 

9曲目も『Dirty Boogie』から「Jump, Jive an' Wail」

f:id:k_sakashita:20180130193625j:plain

原曲はLouis Primaによる1956年のスウィングジャズ♪

f:id:k_sakashita:20190120122216j:plain

f:id:k_sakashita:20180130193618j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130193630j:plain

 

 

 

10曲目 ストレイ・キャッツ『涙のラナウェイ・ボーイ』から「Rumble in Brighton」

f:id:k_sakashita:20180130193928j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130194228j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130194209j:plain




11曲目 ’02 B・S・O 『Best of The Big Band』から「Sexy Sexy」

f:id:k_sakashita:20180130194407j:plain

間奏ギターソロの後、サックス・トランペット・トロンボーンのソロまわし♪

f:id:k_sakashita:20180130194527j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130194552j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130194621j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130194641j:plain




12曲目 グレン・キャンベルのカバーで「Wichita Lineman」

f:id:k_sakashita:20180130194840j:plain

1968年作品。

f:id:k_sakashita:20190120162025j:plain

トランペットのメインリフがもろにあの時代に引き戻してくれるねw

僕が産まれた年の作品だから、1970年前後のこの手の楽曲のアレンジはまんま当時の日本にも浸透していて、とても深い郷愁に駆られます。

f:id:k_sakashita:20180130194958j:plain

2017年8月に亡くなられたグレン・キャンベルに対する追悼の演奏だと思われます。

 

 

 

13曲目 トム・ペティのカバーで「Runnin' Down a Dream」

f:id:k_sakashita:20180130195110j:plain

1989年作品。

f:id:k_sakashita:20190121171720j:plain

2017年10月に亡くなられたトム・ペティ

こちらも追悼の意が表された物だと思われます。

f:id:k_sakashita:20180130195406j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130195435j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130195438j:plain

 

 

 

14曲目 ジョニー・バーネット1957年作品のカバーで「Rockabilly Boogie」

f:id:k_sakashita:20180130195620j:plain

オーケストラは一旦捌け、4ピースでロカビリーセット☆

f:id:k_sakashita:20190121180323j:plain

f:id:k_sakashita:20180130195654j:plain

ギターも再度PX6120♪

f:id:k_sakashita:20180130195643j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130195939j:plain

 

 

 

ピアノのケヴィン・マッケンドリーが一旦捌け、

f:id:k_sakashita:20180130200354j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130200357j:plain
15曲目、まずは3ピースでストレイキャッツ『涙のラナウェイ・ボーイ』から「Fishnet Stockings」

f:id:k_sakashita:20180130200508j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130200530j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130200803j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130200845j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130200854j:plain

オーケストラの面々も中間で復活☆☆☆

f:id:k_sakashita:20180130200914j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130200930j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130200937j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130200943j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130201006j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130201023j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130201114j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130201121j:plain




本編ラストとなった17曲目は、ストレイキャッツ『涙のラナウェイ・ボーイ』から「Rock This Town」!!

f:id:k_sakashita:20180130201252j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130201317j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130201415j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130201532j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130201623j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130201832j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130201858j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130201901j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130201907j:plain

20:19 本編終了。

 

 

 

 

 

ブライアン一度捌け、オーケストラはそのまま待機。

f:id:k_sakashita:20180130202010j:plain

 

 

 

 

 

アンコール1曲目(18曲目)

チャイコフスキー組曲

「The Nutcracker Suite/くるみ割り人形

f:id:k_sakashita:20180130202132j:plain

アンコールは青いジャケット羽おり、ギターはグレッチG6120SHAPTV(ブライアン・セッツァー・ホットロッド・モデル)にチェンジ☆

f:id:k_sakashita:20180130202148j:plain

各オーケストラ・セクションの見せ場も多く、ブライアンはさながらギターを抱えた指揮者さんw

f:id:k_sakashita:20180130202228j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130202310j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130202812j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130202841j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130202856j:plain

 

 

 

アンコール2曲目(19曲目)にして、この日ラストとなったのは、ジョー・ガーランドが作曲し、グレン・ミラー楽団の演奏によりヒットしたことでも知られる「Get In the Mood」☆☆☆

B・S・O『Vavoom!』収録。

f:id:k_sakashita:20180130202913j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130202924j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130203110j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130203155j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130203211j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130203215j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130203218j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130203227j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130203241j:plain

20:32 公演終了☆☆☆

 

 

 

ステージを去ろうとするブライアンだったけど、僕の正面にいた最前列の女性が掲げるグレッチの前に遂に彼がやって来た!!

f:id:k_sakashita:20180130203253j:plain

 

 

これは↓↓↓17曲目本編ラストの「Rock This Town」終わり、一旦ステージ捌けようとするブライアンに最前列の女性が自分のグレッチ掲げ、サインを求めてた時の画像w

f:id:k_sakashita:20180130201945j:plain

その時はブライアンもその事に気付きつつも真っ直ぐ捌け、アンコール終わった後、遂に彼女達の前にブライアンがやって来たんだ!!

f:id:k_sakashita:20180130203254j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130203255j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130203256j:plain

お約束で、そのまま持ち逃げしようとするブライアンw

f:id:k_sakashita:20180130203258j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130203305j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130203311j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130203318j:plain

無事サインもゲットしたと思ったら自撮りまでwww

f:id:k_sakashita:20180130203323j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130203327j:plain

とても優しいブライアンと、スーパーラッキーなお姉さんでした☆

f:id:k_sakashita:20180130203344j:plain

 

終演後、お姉さんはまわりにいたお兄さん達から口々に「良かったね!」って声かけられ、感涙してました☆ 

いや〜新年早々最高の空間でした!!(1年前だけどね・・・・)

f:id:k_sakashita:20180130203610j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180130203648j:plain

  1.  Pennsylvania 6-5000

  2. Hoodoo Voodoo Doll

  3. This Cat's on a Hot Tin Roof

  4. Stray Cat Strut

  5. Runaway Boys

  6. Gene and Eddie

  7. Sleep Walk

  8.The Dirty Boogie

  9. Jump, Jive an' Wail

10. Rumble in Brighton

11.  Sexy Sexy

12. Wichita Lineman

13. Runnin' Down a Dream

14. Rockabilly Boogie

15. I Got a Rocket in My Pocket

16. Fishnet Stockings

17. Rock This Town
         < encore >

18.The Nutcracker Suite

19.Get In the Mood

 

 

遅れ馳せながら、明けましておめでとうございます。

今年も何卒宜しくお願い致します。 m(・・)m

 

ではでは今回はこんな感じで、

また次回までご機嫌よ〜(★‘∀‘★)ノ  PEACE!!

 

  

SPARKS @ TOKYO KINEMA CLUB 2017

 

 

スパークス鶯谷(うぐいすだに)にやって来た☆

 

 

f:id:k_sakashita:20181218150401j:plain

 

◎SPARKS / Live @ Shibuya Club Quattro 2013 - さかしたBLOG

 

◎F・F・S ( Franz Ferdinand & Sparks ) @ Makuhari Messe ( Summer Sonic / Hostess Club All - Nighter ) 2015 - さかしたBLOG

 

 

2015年にフランツ〜とのユニットで来日したスパークスだけど、単独では2013年以来4年振りの来日。9年ぶり22作目のオリジナル・アルバム『ヒポポタマス』をリリースした直後と言う事もあり、なかなかに良いタイミングでのライブとなりました☆ 

Hippopotamus

Hippopotamus

 

 

 

 

では早速今回のお話へ。

 

今回は東京で2日間

◎2017年10月24日(火)&25日(水)東京・キネマ倶楽部
 Open 18:00 / Start 19:00

 

 

<来日バックバンドメンバー> 

Ba. Zach Dawes (Mini Mansions / TLSP)
Key. Tyler Parkford (Mini Mansions)
Gt. Evan Weiss (Into It. Over It.)
Gt. Taylor Locke
Dr. Steven Nistor 

 

 

会場はお初となる 前々から一度行ってみたかった鶯谷のキネマ倶楽部へ、カツと2人で25日の方へ行って来た。

Hostess Club Presents...Sparks @ Tokyo Kinema Club 2017・10・25 (wed)

f:id:k_sakashita:20171025180817j:plain

f:id:k_sakashita:20171025180834j:plain

18時オープンの会場に17:58到着。今回の整理番号152番故、勿論オープン時間に行き少しでも前に詰める為です。

f:id:k_sakashita:20181219144938j:plain

とは言いつつこの日は生憎の雨模様★だがしかし上着や鞄を会場内のコインロッカーに入れている時間さえ惜しいので、カツカー(カツCAR)に上着と鞄を置き、傘もささぬまま10月後半の雨空の下 半袖シャツで列に並ぶ事約10分、

f:id:k_sakashita:20171025175822j:plain

1階エレベーター前到着。

f:id:k_sakashita:20171025180914j:plain

6階受付&座席フロア、5階スタンディングフロアとなっており、

エレベーターで6階まで上がり、6階から階段で5階へ下りる。

f:id:k_sakashita:20171025181102j:plain

5階スタンディングフロア到着。

オッケーオッケーまだ2列くらいしか出来てないぜ〜☆

整理番号152番と言っても必ず152人がオープン時間に来るわけではないからね。

f:id:k_sakashita:20171025181111j:plain

 て事で無事センターの3列目くらいに立てたよ♥♥♥

f:id:k_sakashita:20171025181228j:plain

5階スタンディングフロア600人、6階座席フロア100人、合計最大キャパ700人のキネマ倶楽部。大正時代のダンスホールを設定された、グランドキャバレーの設備を利用して2000年に無声映画上映レストランとしてオープンし、現在は、コンサートがメインとしておこなわれている模様。

◎東京キネマ倶楽部

ステージ下手にはキャバレー時代の名残りを感じさせるサイドステージもあったけど、今回ここは使われなかった。ラッセルにここから出て来て欲しかったな〜。

f:id:k_sakashita:20171025181711j:plain

下から6階見上げるとこんな感じ。

f:id:k_sakashita:20171025181419j:plain

スタンディングフロア18:11に到着して前に詰め、ここから19時開演の約50分がなかなかの手持ち無沙汰★ なので横にはカツがいてお話したりしつつ19時までやりすごすんだけど、やはり気分は高揚しているので、まったく知らない方にも話しかけてみたりもするw

でもって、僕の隣に立っていた青年がアナログLPサイズの袋を持っていたのでもしやと思い、「もしかして物販でLP買ったんですか?」って聞いてみたら「そうです」との事。 今回の物販に新譜『ヒポポタマス』のLPもあり、LP購入された方には枚数限定でロンとラッセルのミニ色紙付きってのは僕も事前情報で入れてました。なので「ミニ色紙貰えましたか?」って聞いたら「貰えました」とその青年、色紙見せてくれました☆

f:id:k_sakashita:20171025183024j:plain

ん〜いいね(*´∀`*)。+.・*

 

 

そんなこんなで時間は19時。まずは25日のみのオープニングアクト”KIMONOS”がステージに登場☆

f:id:k_sakashita:20181219162112j:plain

モノズは元NUMBER GIRL、現ZAZEN BOYS向井秀徳氏とLEO今井氏の二人が立ち上げたプロジェクト。2010年に本格的に活動を開始し、2010年10月6日に12インチ・iTunes限定となるシングル「Almost Human」を先行リリースし、11月17日にプロジェクト第1弾作品アルバム「Kimonos」をリリース。 

Kimonos

Kimonos

 

向井氏のシンラインから弾き出される生々しい音に今井氏の操る同期物や鍵盤のリフなどが徐々に重なりを増し、2人のボーカルと共に昇華していく様は正にこの日のゲストにふさわしい演奏でした♪ 初めて聞いたけど、ずっと自分の中に残る音でしたね。 キモノズ最高でした!!

因みにKIMONOSの事を知らなく、スパークスのオープニングでキモノズってアーティストが出るって知った時は、スパークスの3rdアルバム『Kimono My House

f:id:k_sakashita:20181220165134j:plain

から付けた名前かな?なんて思ったけど、全然関係ないみたいねw

f:id:k_sakashita:20171025192947j:plain

19:29 演奏終了☆

 

 

 

f:id:k_sakashita:20171025195906j:plain

 

 

 

 

そして時間は20:07

SPARKS登場☆☆☆

f:id:k_sakashita:20171025200753j:plain

1曲目 新譜『Hippopotamus』から「What the Hell Is It This Time?」♪

新たなオープニングナンバー登場って感じだね♪ ワクワクとドキドキが交差しまくりだ☆

f:id:k_sakashita:20171025200927j:plain

 

 

 

2曲目 ’74 4thアルバム『Propaganda』から「Propaganda」

3曲目も『Propaganda』から「At Home, At Work, At Play」

要はアルバム『Propaganda』の1曲目から2曲目へって流れです☆

f:id:k_sakashita:20171025201249j:plain

今回のバックの皆さん初めて見る編成の方達だけど、演奏が良くまとまってるね♪

f:id:k_sakashita:20171025201255j:plain

ロン兄ちゃんも元気そうで何より。 てかみんなボーダー着てる!! ちゃんと前日の画像検索して僕もボーダー着ていけばよかった!!(ボーダー持ってないけど・・・)

f:id:k_sakashita:20171025201413j:plain

 

 

 

4曲目 ’08 21thアルバム『Exotic Creatures Of The Deep』から「Good Morning」

f:id:k_sakashita:20171025201638j:plain

前作からの楽曲。高い頻度で近年セットリスト入りして来ますね。ラッセル得意のファルセットボイスがたっぷり堪能出来ます♪ 後半のAメロには「おはよう」って歌詞も入ってます☆☆

英語、イタリア語、日本語、スペイン語って順番だね。

Good morning
Buon giorno
Ohayo
Buenas dias
Hey, where you going?
Hey, where you going?
Does dasvedonya really mean good morning?

f:id:k_sakashita:20171025201751j:plain

因みに僕もスパークスのサイン所有してるんだな。但し本人達から直接貰ったわけではなく、この曲が入っているアルバム『Exotic Creatures Of The Deep』の国内盤CDデラックス・エディションをタワレコで買ったらサイン付きだったって事なんだけどね。たしかスパークスフジロックで来日してたタイミングだったかな☆

f:id:k_sakashita:20181221015535j:plain

 

 

 

5曲目 ’94 16thアルバム『Gratuitous Sax & Senseless Violins』から「When Do I Get to Sing "My Way"」

f:id:k_sakashita:20171025202117j:plain

とてもメロウで大好きな1曲♪

f:id:k_sakashita:20171025202218j:plain

サビでハットの裏打ちが心地良いんだけど、

ドラマーのスティーヴン 全体的に良い仕事してました☆

f:id:k_sakashita:20171025202259j:plain

 

 

 

6曲目 新譜『Hippopotamus』から「Probably Nothing」

7曲目も『Hippopotamus』から「Missionary Position」♪

f:id:k_sakashita:20171025202740j:plain

この2曲もアルバムの1曲目〜2曲目へって流れ。

とてもフレンチな香りのする楽曲です☆

f:id:k_sakashita:20171025202800j:plain

 

 

 

8曲目も『Hippopotamus』からタイトルナンバー「Hippopotamus」

f:id:k_sakashita:20171025203210j:plain

言葉を劇場型に置きに行く楽曲は今回の新譜でも健在だね。色んな表現の引き出しあって尊敬なのです☆

f:id:k_sakashita:20171025203433j:plain

 

 

 

9曲目 ’82 11thアルバム『Angst in My Pants』から「Nicotina」

f:id:k_sakashita:20171025203700j:plain

この曲、アルバムの音源のギターリフがとてもメタリックで、1982年にオンタイムで聞いてたわけじゃないけど、やはり当時はかなり前衛的な音質だったのだろうか?

この日のステージでは、メタリックと言うよりはビザールな感じだったかな♪

f:id:k_sakashita:20171025203752j:plain

 

 

 

10曲目 『Hippopotamus』から「Scandinavian Design」

f:id:k_sakashita:20171025204113j:plain

ミディアムテンポのゆったりとした楽曲。ロン兄ちゃんとタイラーの鍵盤が上手く棲み分けられてたね♪

f:id:k_sakashita:20171025204121j:plain

 

 

 

11曲目 '06 20thアルバム『Hello Young Lovers』から「Dick Around」

f:id:k_sakashita:20171025204407j:plain

めまぐるしく展開変わる楽曲♪

f:id:k_sakashita:20171025204451j:plain

緩急の差が激しいジェットコースターの様相♪

f:id:k_sakashita:20171025204445j:plain

まじで素晴らしいな〜♪♪♪

f:id:k_sakashita:20171025204440j:plain




12曲目 『Hippopotamus』から「Edith Piaf (Said It Better Than Me)」

f:id:k_sakashita:20171025204812j:plain

f:id:k_sakashita:20171025205003j:plain

f:id:k_sakashita:20171025205143j:plain

この曲のミュージックビデオが製作され、ストップモーションアニメで2人も登場してます。設定は、1930年代のパリに降り立ち、手の届きそうな「何か」を追いかけるも・・・って感じかな。

f:id:k_sakashita:20181223161945j:plain




13曲目 ’74 4thアルバム『Propaganda』から「Never Turn Your Back on Mother Earth」

f:id:k_sakashita:20171025205353j:plain

ゆったりとしたテンポの静かな曲だけど、後半は手拍子起こるの巻♪

f:id:k_sakashita:20171025205413j:plain

 

 

 

14曲目 『Hippopotamus』から「I Wish You Were Fun」

f:id:k_sakashita:20171025205625j:plain

こちらもフレンチな香りがするポップな楽曲♪

f:id:k_sakashita:20171025205757j:plain

サビの「ラララララ〜♪♪♪」は一緒に歌ってしまうよね♪

f:id:k_sakashita:20171025205818j:plain




15曲目 ’02 19thアルバム『Lil' Beethoven』から「My Baby's Taking Me Home」

f:id:k_sakashita:20171025210130j:plain

結構淡々とした2コードで進む様な曲なんだけど、何故かめちゃめちゃ盛り上がったな〜☆

f:id:k_sakashita:20171025210228j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025210527j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025210601j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025210624j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025210626j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025210643j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025210759j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025210757j:plain




16曲目 ’79 8thアルバム『No. 1 In Heaven』から「The Number One Song in Heaven」

f:id:k_sakashita:20171025210834j:plain

彼等のファンなら誰もが楽しみにしてる1曲だね☆

f:id:k_sakashita:20171025210931j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211003j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211047j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211050j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211052j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211058j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211100j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211103j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211104j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211108j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211110j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211115j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211119j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211121j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211123j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211129j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211132j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211140j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211151j:plain

 

 

  

17曲目  ’74 3rdアルバム『Kimono My House』から「This Town Ain't Big Enough for Both of Us」

f:id:k_sakashita:20171025211329j:plain

スパークスの名を世に知らしめた1曲☆

f:id:k_sakashita:20171025211342j:plain

「The Number One Song in Heaven」と、この曲が演奏されるとライブもいよいよ佳境だね。

f:id:k_sakashita:20171025211349j:plain

 

 

 

18曲目 本編ラストとなったのは、

『Hippopotamus』から「Life with the Macbeths」

f:id:k_sakashita:20171025211632j:plain

悲しく切ないコード進行とメロディで本編〆

f:id:k_sakashita:20171025211539j:plain

21:19 本編終了☆

 

 

 

f:id:k_sakashita:20171025211927j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211937j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211941j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211942j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025211947j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025212131j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025212134j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025212220j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025212226j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025212231j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20171025212257j:plain

f:id:k_sakashita:20171025212309j:plain






 

 

f:id:k_sakashita:20171025212517j:plain

f:id:k_sakashita:20171025212523j:plain

アンコール1曲目(19曲目)

’75 5thアルバム『Indiscreet』から「Hospitality on Parade」

f:id:k_sakashita:20171025212644j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025212658j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025212905j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025212912j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025212927j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025212940j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025210235j:plain



 

アンコール2曲目(20曲目)

’15 フランツ・フェルディナンドとの共作『F.F.S』から「Johnny Delusional」

f:id:k_sakashita:20171025213138j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025213233j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025213325j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025213332j:plain

 


 

アンコール3曲目(21曲目)にして、この日ラストとなったのは、

Kimono My House』から「Amateur Hour」

f:id:k_sakashita:20171025213413j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025213610j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025213659j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025213707j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025213727j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025213737j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025213755j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025213800j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025213803j:plain

21:38 公演終了☆☆☆

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20171025213815j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025213832j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025213842j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025213856j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025213945j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025213954j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025214003j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025214009j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025214020j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025214023j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025214112j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171025214159j:plain

 01.  What the Hell Is It This Time?
02.  Propaganda
03.  At Home, At Work, At Play
04.  Good Morning
05.  When Do I Get to Sing "My Way"
06.  Probably Nothing
07.  Missionary Position
08.  Hippopotamus
09.  Nicotina
10.  Scandinavian Design
11.  Dick Around
12.  Edith Piaf (Said It Better Than Me)
13.  Never Turn Your Back on Mother Earth
14.  I Wish You Were Fun
15.  My Baby's Taking Me Home
16.  The Number One Song in Heaven
17.  This Town Ain't Big Enough for Both of Us
18.  Life with the Macbeths
         < encore >

19.  Hospitality on Parade
20.  Johnny Delusional
21.  Amateur Hour

 

  

今回も最高に素晴らしい演奏を聞かせてくれたスパークス

しかも今回の新譜『Hippopotamus』はなんと40年ぶりにスパークスがイギリスのアルバムチャートベスト10入りしました!!

と言うか前作も、その前もずっと良いアルバムを発表し続けている彼等ですが、世の中の流れと今回たまたま波長が合っただけの事なのか!?

 

何にせよオンリーワンな存在だけは確かなので、やはり継続こそ力なりの良いお手本なのかもですね。

それでも今回 新譜から8曲もセトリ入りするってのは色々ライブ見てますが、中々に稀な事であり、本人達もやはり今回のアルバムにはかなり手応えを感じているのかもです☆

まだまだ色々見せてくれそうなスパークス。日々楽しみは尽きないのでありました。

 

 

こちらは↓↓↓ステージに貼ってあったセトリをGETしたお客さんに撮らして頂いた画像☆ 

f:id:k_sakashita:20171025214648j:plain

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181229130057p:plain

 

f:id:k_sakashita:20181229130115p:plain

 

f:id:k_sakashita:20181229130145p:plain

 

f:id:k_sakashita:20181229130159p:plain

 

f:id:k_sakashita:20181229130233p:plain

 

f:id:k_sakashita:20181229130247p:plain

 

f:id:k_sakashita:20181229130301p:plain

 

f:id:k_sakashita:20181229130314p:plain

 

f:id:k_sakashita:20181229130328p:plain




ではでは、年内更新今回がラストとなります。

今年もお世話になりました。皆様良いお年を☆

また来年お会いしましょう〜(*'∀')ノ PEACE!!





WILKO JOHNSON @ Shibuya Club Quattro 2017

 

昨年10月、ウィルコ・ジョンソン見て来た☆

 

f:id:k_sakashita:20181130162344j:plain



 

まずは以前僕が書いたウィルコのDVDの記事を貼るのでそちらから読んでね☆

  

f:id:k_sakashita:20141023151945j:plain

◎WILKO  JOHNSON  LIVE  AT  KOKO        Camden Town.  London.  6th/10th March 2013

皆様ご存知パブ・ロックの雄 ドクター・フィールグッドのオリジナル・メンバー、ウィルコ・ジョンソン

f:id:k_sakashita:20141105162922j:plain

◎1947年生まれ 現在67才(※2018年現在71才

◎1971年にリー・ブリローらと Dr.Feelgood 結成

◎1977年 4作目「Sneaking Suspicion」完成と同時にバンドを脱退

 

その後 紆余曲折ありつつも1985年あたりからロンドンや日本等で高い再評価を受け、盟友ノーマン・ワット・ロイと共に活動するウィルコのソロ・バンドで音楽活動を継続☆

2013年1月 末期のすい臓がんと診断されたと発表されますが、本人の意向で延命治療は行わず・・・・ 

残された数か月の人生を意義ある活動に専念していくとコメント。

 

大の親日家であるウィルコはその発表と時を置かず東京・南青山で親交の深い日本のミュージシャン達とライブを行い

f:id:k_sakashita:20141105195633j:plain

そのステージで「I've got cancer,   I'm gonna die」と言ったそうです。ウィルコの癌のニュースも手伝ったのか、レッド・シューズには 最後にウィルコを一目見ようと800人の人がおしよせたと人伝に聞きました。因みにレッド・シューズのキャパは約150です。

 

 

しかし2014年10月 ファンであるチャーリー・チャン氏(外科医で余暇にフォトグラファーとしても活動)が病状を疑い、すい臓がんではないと判断。その後、腫瘍は手術で取り除かれ癌克服と報道有!!

今回購入のライブDVDは自らの癌を発表し、延命治療を拒否してまでもバンド人生を貫こうとした

まさにウィルコ入魂のステージが収められているのです!! そんな男を前に癌も逃げ出してしまったのです!!

マシンガン・ギターで癌も木っ端微塵なんだぜー!! (o ̄∇ ̄)=◯)`ν゜)・;'

 

◎West Shinjyuku Bootleg Festival Vol.4 and more - さかしたBLOG

 

 

 

今回の来日メンバー

✦Wilko Johnson ( Vo、Gu )

✦Norman Watt-Roy ( Ba )

✦Dylan Howe ( Dr )

 

 

 今回のツアー日程

◎10/9 (Mon) Shibuya CLUB QUATTRO  

 OPEN 17:00 START 18:00

◎10/10 (Tue) Shibuya CLUB QUATTRO

 OPEN 19:00 START 20:00

◎10/12 (Thu) Nagoya CLUB QUATTRO

 OPEN 19:00 START 20:00

◎10/13 (Fri) Umeda CLUB QUATTRO

 OPEN 19:00 START 20:00

◎10/15 (Sun) Kyoto 磔磔

 OPEN 17:00 START 18:00

 

 

 

 

ではでは昨年10月のお話へ☆

Wilko Johnsonn Japan Tour 2017  @  Shibuya Club Quattro 2017・10・10 (tue)

f:id:k_sakashita:20171010193029j:plain

 

今回は”the terminal stage”ってバンドのギターボーカルのニイオカ君と2人で参戦。

◎the terminal stage (@terminalstage) | Twitter

渋谷に着きクアトロまでの道すがら、クアトロに着き会場内でも随分知り合いに会ったよwみんなウィルコが好きなんだねぇ☆

 

 

開演30分前に会場入ると既にほとんどんのエリアが人だらけ。まぁソールドアウトだしそりゃそうだと思いつつ、しばらくあちこち移動するも良い場所が無く・・・・・

それならば取り敢えずフロアの端の方に下り、ウィルコ達がステージに現れた瞬間 フロアのお客さんが前に詰めるだろうから、その隙に正面に移動してしまえ作戦決行で御座います☆

 

て事で、多少隙間のあったフロアの端へ。

f:id:k_sakashita:20171010194153j:plain

そして時間は20:00ジャスト バンドが登場!!

f:id:k_sakashita:20171010200147j:plain

僕達の作戦も無事成功だぜ〜w

てか今回は、どんなに写真を撮りまくったところで、ほぼ同じ絵面になってしまうのと、この距離からこのすし詰め状態で全曲写真を撮ってしまうと、後ろの方にかなり迷惑を掛けてしまうので、数枚とっただけで後はライブに集中させて貰いました。

また今回、当日のセットリストも見つからずで★ かなり簡素な記事になってしまいますが、悪しからずで御座います。

\(_ _*)m(_ _)m(*_ _)/

 

 

f:id:k_sakashita:20171010201002j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171010201841j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171010201914j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171010202952j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171010203737j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171010210805j:plain

 

f:id:k_sakashita:20171010211038j:plain


ステージは約70〜80分だったかな〜 ちょっとハッキリ覚えてないけど、90分無かったかなたぶん。まぁ見たまんまかなりロックンロールなステージで、思っていた以上にウィルコが元気だった☆

 

見開いた目でステージに現れTE背負ってソリッドなカッティングでギターを掻き鳴らし、あのステップでステージを縦横無尽に右へ左へ☆イメージのままのウィルコがそこにいました☆

 

なんか印象的だったのは、ウィルコの盟友ノーマン。

ウィルコに背を向けるように上手の方に体を傾け、延々とリズムを刻んでた♪

ウィルコはかなりノーマンを見るんだけど、全然目が合わないwステージが始まり、かなり時間が経ってやっとノーマンと目が合った時のウィルコはとても嬉しそうだったwww

 

で、今年もまたまたウィルコ達は来日してくれたんだけど、個人的にかなり他のアーティストさん達と時期が被り、今年のウィルコは見送ってしまった・・・来年来たら行かなきゃな☆

 

 

てなワケで簡単ではありますが、今回はこんな感じで

出来れば年内にもう1本書きたいと思いつつ、

また次回までご機嫌よ〜(*´∀`*)ノ PEACE!!


 

Richie Kotzen @ Shinjyuku ReNY 2017

 

リッチー・コッツェン 2年振りのソロ来日☆

 

 

f:id:k_sakashita:20170403110621j:plain

 

◎THE WINERY DOGS @ 日本青年館 2013 - さかしたBLOG

 

◎Richie Kotzen @ Akasaka Blitz 2015 - さかしたBLOG

 

◎THE WINERY DOGS @ Tokyo Dome City Hall 2016 - さかしたBLOG

 

Richie Kotzen 

SALTING EARTH WORLD TOUR 2017>

●名古屋 2017年8月14日(月) ボトムライン
18:30 open/19:00 start

●大阪  2017年8月15日(火) BIGCAT
17:30 open/18:30 start

●東京 2017年8月16日(水) 新宿ReNY
18:30 open/19:00 start

●東京 2017年8月17日(木) 新宿ReNY
18:30 open/19:00 start

 

Richie Kotzen(Guitar, Vocals)

◎Dylan Wilson(Bass)

◎Mike Bennett(Drums)

 

 

今回は昨年8月のお話です。

 

ツアー最終日8月17日の新宿ReNYにユウちゃんと行って来た。4月に自身のレーベルより発表されたこちらのアルバムに伴うツアーだね。国内盤は出てないみたいだけど、会場で販売していたかどうかは未確認。

Salting Earth [Explicit]

Salting Earth [Explicit]

 

ソロとしては2年振りのリッチーだけど、2016年4月にワイナリー・ドッグスで来日しているので、リッチー自身は1年4ケ月振りのUターンだね☆

 

 

僕達はお初の会場”新宿ReNY(レニー)”

老舗ライブハウス”RUIDO”が手がける、新宿西口に2014年オープン、キャパ800名の円形ライブホール。

f:id:k_sakashita:20181011155707p:plain

 

 

整理番号64番だったのでオープン前に会場前到着。

f:id:k_sakashita:20170817182330j:plain

64番目に入り少しでも前に詰める為です☆

f:id:k_sakashita:20170817182339j:plain

f:id:k_sakashita:20180928175504j:plain

 

 

取り敢えず下手寄りの前から3列目くらいに立てた。 ゆうちゃんはリッチー側が良いとの事で上手側に立ってたけど、やはりリッチー側に皆さん立つので、上手側は既に5〜6列出来てたね。

f:id:k_sakashita:20170817183853j:plain

 

 

 

30分程待ち時刻は19:06、

3人がステージに! メンバーは前回と同じだね。

f:id:k_sakashita:20170817190609j:plain

1曲目は新譜『SALTING EARTH』のオープニングナンバー「End Of Earth」

f:id:k_sakashita:20170817190621j:plain

照明が明るくなるとバッサリと髪を切ったリッチーが眼前に!

こんなに爽やかな彼を見るのは僕が彼を聴き始めて20数年間の中でも初めてだ!

特に近年は何処か無精なイメージが常にあった彼だけに、女性ファンはこれには堪らない物があるだろうねw

f:id:k_sakashita:20170817190639j:plain

ミディアムテンポでタイトに押しつつサビで鳴かせハイトーンが一瞬裏返る、十八番のリッチー節☆後半はアームも多用してたね♪♪♪

f:id:k_sakashita:20170817190938j:plain

 

 

 

2曲目 ’94『Mother Heads Family Reunion』から「Socialite」

f:id:k_sakashita:20170817191321j:plain

最高にファンキーでホットな1曲。これは古いファンには嬉しい1曲だね♪

このアルバムでベースを弾いているのは御存知T.M.スティーヴンス☆

f:id:k_sakashita:20181017200027j:plain

この2人だってマザー〜の頃のリズム隊に負けてないよ☆

f:id:k_sakashita:20170817191443j:plain

なんたってこの2人とやる時のリッチーは常にテンション高いし笑顔も多い☆

f:id:k_sakashita:20170817191708j:plain

Cメロで思う存分ギターを弾きまくったリッチーは一旦ギターを下ろし、

f:id:k_sakashita:20170817191831j:plain

ベースのディラン・ウィルソンにベースソロを振り、

f:id:k_sakashita:20170817191946j:plain

自身はオルガンにスタンバイ。ベースソロの後半はベースとオルガンのジャムで2曲目終了♪

オルガンはワウとフェイザーを混ぜた様なトーンを響かせてた♪♪

f:id:k_sakashita:20170817192419j:plain

 

 

 

3曲目  『SALTING EARTH』から「Meds」

f:id:k_sakashita:20170817192610j:plain

やはり揺れ物のエフェクトがかかったオルガンでゆったりとしたテンポで曲が進行していく。全体的にゆったりとしたテンポの楽曲で、オルガンとベースの音数もそれ然りなんだけど、Aメロとサビをドラムがハットで16分を刻む為、ゆったりとした中に終始テンポの良さも感じてしまう不思議な感覚☆

f:id:k_sakashita:20170817192646j:plain

 

 

 

4曲目 ’07『The Return of The Mother Heads Family Reunion』から「Go Faster」

f:id:k_sakashita:20170817193232j:plain

ギターを抱え歌い出したのは、これまたリッチー十八番の小気味良いテンポの楽曲♪

f:id:k_sakashita:20170817193057j:plain

何でも出来ちゃうけど、これみよがしに派手なプレイをしないのがリッチー♪ 短い4小節の間奏に見事なギターソロをさりげなく放り込んで来る♪♪

f:id:k_sakashita:20170817193323j:plain

 

 

 

5曲目 ’11『24 Hours』から「Love Is Blind」

f:id:k_sakashita:20170817193446j:plain

後ろにウェイトの寄った楽曲だけど、TEならではのソリッドな音質が湿り気を感じさせないね♪

f:id:k_sakashita:20170817193457j:plain

 

 

 

5曲目終わりすぐさまリッチーがはじき出したリフで始まった、

6曲目 ’09『Peace sign』から「Your Entertainer」

f:id:k_sakashita:20170817193926j:plain

ミディアムテンポのFUNKなナンバー♪

Aメロ終わりブリッジでのギターとベース♪

Bメロでの歌メロとギター♪

サビ前のベースとギター♪等々随所でユニゾンしまくりな楽曲☆

f:id:k_sakashita:20170817194124j:plain

特に歌メロとギターのユニゾンは、リッチーの様々な楽曲で聞けますね。

まぁトリオ故てのも大きな理由なのかもだけど。

f:id:k_sakashita:20170817194136j:plain

 

 

 

オルガンの前に座り、

7曲目 『SALTING EARTH』から「My Rock」

f:id:k_sakashita:20170817194341j:plain

8ビートのバラード♪ 音色もシンプルなピアノトーン♪♪

f:id:k_sakashita:20170817194839j:plain

 

 

 

8曲目も『SALTING EARTH』から「Cannon Ball」

f:id:k_sakashita:20170817194934j:plain

こちらは16ビートでしとりっとしたピアノ・ロック風♪

f:id:k_sakashita:20170817195153j:plain

Aメロに何度もブレイク入れ、オルガンソロではギターさながらなファズとワウが混じった様なロッキンサウンドを展開☆

f:id:k_sakashita:20170817195248j:plain

 

 

 

9曲目 ’99『Break it all Down』から「I Would」

f:id:k_sakashita:20170817195406j:plain

リッチーが静かにアコギを鳴らし始めた間に、

f:id:k_sakashita:20170817195452j:plain

ディランはアップライトベースに、マイクはカホンにそれぞれがスタンバイ。

f:id:k_sakashita:20170817195505j:plain

4小節と8小節の弓を使ったベースソロを経て、

f:id:k_sakashita:20170817195521j:plain

3まわし目のベースソロはフレットレス特有のトーンで見事に幅を魅せたディランでした☆

f:id:k_sakashita:20170817195903j:plain

 

ディランがアップライトベースでたっぷりと魅せてくれたあと、なんとここでディランの誕生日を祝うサプライズで(たぶん)誕生日ケーキがステージに☆

f:id:k_sakashita:20170817200004j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817200011j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817200016j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817200023j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817200026j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817200030j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817200100j:plain

Happy☆Birthdayヾ(☆‘∀‘☆)Dylan.*・゚.*・゚

 

 

 

10曲目 ’06『Into The Black』から「Doin' What The Devil Say To Do」

f:id:k_sakashita:20170817200156j:plainディランのジャジーで流れる様なイントロから幕開け♪

f:id:k_sakashita:20170817200426j:plain

しっとりとした楽曲でアコースティックセットを締めくくる。

f:id:k_sakashita:20170817200659j:plain

前日10曲目の「What Is」はカットになった模様。

f:id:k_sakashita:20170817200701j:plain

 

 

 

11曲目はマイクのドラムソロ☆

f:id:k_sakashita:20170817200913j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817200921j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817201243j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817201249j:plain

 

 

 

12曲目 『Into The Black』から「Fear」

f:id:k_sakashita:20170817201752j:plain

序盤は静かに重く流れて行くも、後半はリッチーのアドリブが約7分程続く非常にインプロビゼーション性の高い楽曲。と言いつつ先程のディランの誕生日の余韻をみせる熱い抱擁も有りw

リッチーはこの2人をとても信頼しているみたいだね☆

f:id:k_sakashita:20170817202109j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817202244j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817202245j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817202246j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817202249j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817202255j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817202306j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817202334j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817202339j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817202341j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817202653j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817202658j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817202702j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817202711j:plain

 

 

 

13曲目 ’11『24 Hours』から「Help Me」

f:id:k_sakashita:20170817202934j:plain

ファンキーでアップテンポな楽曲♪♪♪

f:id:k_sakashita:20170817203137j:plain

この曲もディランのベースが前に出るパート多いね。まぁトリオだから必然的に割合も増えるのは当たり前だけどw

f:id:k_sakashita:20170817203111j:plain

ベースソロの間にリッチーはオルガンへ。

f:id:k_sakashita:20170817203309j:plain

この日いちばんのチョッパーソロをみせるディラン☆

f:id:k_sakashita:20170817203338j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817203341j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817203346j:plain

リッチーも揺れ物のバッキングでサポート。

f:id:k_sakashita:20170817203419j:plain

からの「Help Me」のコール&レスポンス♪

f:id:k_sakashita:20170817203500j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817203520j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817203620j:plain

 

 

 

本編ラストとなった14曲目

『SALTING EARTH』から「This Is Life」

f:id:k_sakashita:20170817203715j:plain

オルガンでの弾き語りからスタート♪

f:id:k_sakashita:20170817203917j:plain

リッチーのオルガンにはレオン・ラッセルにも共通する憂いを感じるね。歌にウェイトを置くだけに自然と鍵盤での表現も増えるんだろうね。歌がいちばん好きな僕にはとても好きなスタンスです。

f:id:k_sakashita:20170817204014j:plain

後半はギターで☆

f:id:k_sakashita:20170817204145j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817204221j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817204347j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817204350j:plain

20:43本編終了。

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20170817204420j:plain

 

 

 

 

 

アンコールで再度登場したリッチーから、

f:id:k_sakashita:20170817204455j:plain

サプライズゲストの紹介☆☆☆

f:id:k_sakashita:20170817204607j:plain

Stevie Salas 登場!!!!!

f:id:k_sakashita:20170817204613j:plain

B'zの稲葉浩志氏とのユニット”INABA / SALAS”でサマソニ出演の為、来日していたスティヴィー☆

f:id:k_sakashita:20181106164256p:plain

これには場内大歓声☆☆☆

f:id:k_sakashita:20170817204703j:plain

アンコール1曲目(15曲目)は

’98『What is... 』から「I'm Losing You」

(東京初日は「You Can't Save Me」でアンコール終了)

f:id:k_sakashita:20170817204728j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817204732j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817204738j:plain

イントロだけ弾き歌に入るとすぐにギターを手放したリッチー♪

ギターも鍵盤も弾かずに歌うリッチーなんてなかなかレアだね☆

f:id:k_sakashita:20170817204815j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817204832j:plain

AメロBメロひと回し歌うとオルガンへ♪

f:id:k_sakashita:20170817205141j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817205221j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817205337j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817205407j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817205421j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817205515j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817205516j:plain

 

 

 

アンコール2曲目(16曲目)にしてこの日最後の曲となったのは、

ヤードバーズのカバーで「Shapes Of Things」!!

f:id:k_sakashita:20181109163530j:plain

f:id:k_sakashita:20170817205542j:plain

アレンジはヤードバーズの方ではなく、こちらだったけどね♪♪♪

f:id:k_sakashita:20121224122627j:plain

f:id:k_sakashita:20170817205607j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817205707j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817205724j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817205939j:plain

でもって間奏ではベック・バージョンよりもタイトなリズムに転調しひとしきりジャムってました☆

f:id:k_sakashita:20170817210049j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210126j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210135j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210136j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210137j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210138j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210139j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210212j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210224j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210233j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210240j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210252j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210253j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210307j:plain

21:03 終了。

 

 

f:id:k_sakashita:20170817210315j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210320j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210321j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210328j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210339j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170817210711j:plain 

01.  End Of Earth
02.  Socialite
03.  Meds
04.  Go Faster
05.  Love Is Blind
06.  Your Entertainer
07.  My Rock
08.  Cannon Ball
09.  I Would
10.  Doin' What The Devil Say To Do
11.  ( Drum Solo )
12.  Fear
13.  Help Me

14.  This Is Life

      < encore >
15.  I'm Losing You

16.  Shapes Of Things

 

 

今回でリッチー見るのもかれこれ7回目。 ピック弾きから指弾きへとシフトし、近年はオルガン弾く時間も増えつつも、常に歌にウェイトを置く姿勢も崩しません。 そんな彼をこれからも来日する度に見に行くのだろうな思います☆

 

 

ではでは今回はこんな感じで

また次回までご機嫌よ〜(*´∀`*)ノ PEACE!!

 

 

Paul MaCartney @ Tokyo Dome 2017

 

 

ポールは相変わらず元気でワンダフルでした☆

 

 

 

f:id:k_sakashita:20180903183447j:plain

 

 

◎Paul McCartney @ Tokyo Dome 2013 - さかしたBLOG

 

◎Paul MaCartney @ Tokyo Dome 2015 ・ 1st Day - さかしたBLOG

 

Paul MaCartney @ Tokyo Dome 2015 ・ 3rd Day - さかしたBLOG

 

◎Paul MaCartney @ Budokan 2015 - さかしたBLOG

 

 

さてさて、今回は昨年4月に東京ドームでポール・マッカートニーを見たお話です。

と言いますか当ブログ、遂に1年半の遅れをみせております・・・

(´・ω・`;) 

誰か見てくれているのか!? 見てくれている方ありがとうw 

古い話題ばかりだけどがんばります!

 

 

昨年の来日公演は東京で4日間。武道館1日にドームが3日。

今回はドーム公演の29日と30日の2日間行って来ました。

29日のリポート中心で1回にまとめて書きます。何故なら29日の方がグッドシートなので、その分写真も良いのですw

 

◎4月25日(火) 日本武道館


◎4月27日(木)、29日(土・祝)、30日(日) 東京ドーム

 

そう言えば、今回のポール来日の発表のし方がいつもとは違っていましたね。

紅白歌合戦の夜11時台に、突如ポール自身がビデオ出演し「来年日本に行くよ」というメッセージが本人の口から語られました☆
そして新年が明けるとともに、1月1日0:00に公式サイトにて、来日公演が発表。 

僕は紅白見ていませんでしたが、その事はヤフーニュースで翌日知ったんだっけな。  新年早々良いニュースだね☆

 

では当日のお話へ(。・ω・)ノ

 

 

Paul MaCartney ・ One On One Japan Tour @ Tokyo Dome 2017・4・29 (sat) & 30 (sun)

f:id:k_sakashita:20170430181108j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429174923j:plain

 

 

今回の席は29日がB-9ブロック2列目、30日がA-6ブロック7列目。

f:id:k_sakashita:20180903185625j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180904154856j:plain

 

29日は席に着くとこんな感じ☆

f:id:k_sakashita:20170429181503j:plain

目の前のAブロックの方達はおそらく8万円オーバーのVIP席の方達。開演前の会場に入り、リハを見る事が出来て、ポールグッズのお土産付き。たぶんA8〜A12はVIP席かな?(もしかしたらA7〜A13かも?)

f:id:k_sakashita:20180903185625j:plain

18000円の席だと ど真ん中の隣のブロックで前から2列目なグッドシート!

 

翌30日はA6ブロックの7列目。ステージからは切れてるけど、ドーム最前列から7列目! こんな感じ。

f:id:k_sakashita:20170430182637j:plain

 

どちらも大変良い席で、当然自力でおさえる事は不可能であり、今回も勿論 鳴チョ師匠が取ってくれました☆

f:id:k_sakashita:20170429180828j:plain

鳴チョ師匠と御一緒したのは29日のB9ブロック、ドーム3日間の中日。この日は総勢18名!!

B9ブロックに12名、B11ブロックに6名と2ブロックに分かれてしまったけど、僕はドームの外でユウちゃんと待ち合わせして、鳴チョ師匠達とはドーム内で合流。

ドーム最終日、30日の方はカツと2人で観戦でした。

 

 

今回も開演前のDJでクリス・ホームズ(かな?)♪♪♪

f:id:k_sakashita:20170429181136j:plain

f:id:k_sakashita:20170429181148j:plain

f:id:k_sakashita:20180906164714j:plain

 

 

18:12

f:id:k_sakashita:20170429181229j:plain

 

 

18:17 前回はステージ両サイドの縦長のスクリーンの上から下にポールヒストリー・コラージュ画像が流れましたが、今回は右から左に回転する円柱状の物に画像が流れて行きます。

f:id:k_sakashita:20170429181743j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429181811j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429181901j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429182016j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429182538j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429182553j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429182606j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429182802j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429185606j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429185609j:plain

 

ヘフナーが浮かび上がるとポール登場の合図!!

f:id:k_sakashita:20170429185626j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429185630j:plain

 

 

こちらは30日に撮ったショット☆

f:id:k_sakashita:20170430185258j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430185300j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430185303j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430185305j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430185309j:plain

 

 

18:57 ポール登場!!

f:id:k_sakashita:20170429185706j:plain

(あの円柱はかれこれ40分くらい回ってたんだね〜w)

てか・・・ポールが近い・・・Σ(・oノ)ノ !!

今まで見た中で最も近い!! 嬉しいぃぃぃぃぃぃ〜♥♥♥

 

1曲目は ’64ビートルズ3rd『A Hard Day’s Night』から「A Hard Day’s Night」

f:id:k_sakashita:20170429185802j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429185810j:plain

 

 

 

2曲目 ’13ソロ14th『New』から「Save Us」

(29日以外は’74ウイングス・シングル「Juior’s Farm」)

f:id:k_sakashita:20170429190043j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429190131j:plain

 

 

 

2曲目終わりここでこの日初MC

「コンバワァ ニッポン! コンバンワァ トウキョウドーム!

We gonna have some fun tonight!!」

続く3曲目 『A Hard Day’s Night』から「Can’t Buy Me Love」

f:id:k_sakashita:20170429190339j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429190413j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429190426j:plain

 

 

 

「OK! Thank You! 

コンカイモ ニホンゴ ガンバリマスゥ!!

ボクハ ポール・マッカートニー 

ポール・マッカートニーw オス!!」

押忍!!とガッツポーズ決めた直後4曲目のイントロがガツンと来たのがちょっとかっこ良かった☆

4曲目 ’73ウイングス3rd『Band on the Run』から「Jet」!!

f:id:k_sakashita:20170429190703j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429190716j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429191024j:plain

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20170429191052j:plain

f:id:k_sakashita:20170429191055j:plain

f:id:k_sakashita:20170429191107j:plain

5曲目 ’80ソロ2nd『McCartney II』から「Temporary Secretary」

f:id:k_sakashita:20170429191122j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429191133j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429191228j:plain

 

 

 

ジャケット脱ぎ、ヘフナーからギブソンレスポールに持ち替え、

f:id:k_sakashita:20170429191422j:plain

「トウキョウ サイコー!!」のMCから

f:id:k_sakashita:20170429191436j:plain

6曲目 ウイングス『Band On The Run』from「Let Me Roll It」!!

f:id:k_sakashita:20170429191501j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429191700j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429191835j:plain

 

 

 

ここでセットリストに無いインストナンバー♪♪♪

f:id:k_sakashita:20170429191945j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429191958j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429192111j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429192139j:plain

ミディアムテンポの8ビートの曲でしたが、浅学故この曲とジミヘンの繋がりの詳細を把握出来ておりません。m(・・)m

 

7曲目 ’70ビートルズ12th『Let It Be』から「I’ve Got A Feeling」

f:id:k_sakashita:20170429192146j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429192211j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429192333j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429192406j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429192415j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429192359j:plain

 

 

 

 

グランドピアノに移動し、

f:id:k_sakashita:20170429192806j:plain

「ツギハ オクサン(奥さん)ナンシーニカキマシタ」

8曲目 ’12ソロ14th『Kisses On The Bottom』から「My Valentine」

f:id:k_sakashita:20170429192837j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429192903j:plain

 

 

 

9曲目 ウイングス『Band On The Run』から「Nineteen Hundred And Eighty Five」

f:id:k_sakashita:20170429193208j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429193300j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429193415j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429193311j:plain

 

 

 

10曲目 ’70ソロ1st『McCartney』から「Maybe I’m Amazed」

f:id:k_sakashita:20170429193639j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429193725j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429193935j:plain

 

 

 

グランドピアノ離れ「ミンナ ゲンキ?」のMCから、

f:id:k_sakashita:20170429194116j:plain

Martin D28 持ち、

11曲目 ’65ビートルズ5th『Help!』から「I’ve Just Seen A Face」

(※29日以外は’65ビートルズ・シングル「We Can Work It Out」)

f:id:k_sakashita:20170429194136j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429194239j:plain

 

 

 

12曲目、

f:id:k_sakashita:20170429194409j:plain

「ツギハ ビィートルズゥ! ビィートルズゥ ハツレコーディング! サァ! ビィートルズゥ!!」とMCで言ってたけど、正確にはバンド名がビートルズになる前のザ・クオリーメン(The Quarry Men)時代の1958年にレコーディングされたナンバー「In Spite Of All The Danger」☆

f:id:k_sakashita:20180910145505j:plain

f:id:k_sakashita:20180910145619j:plain

1958年7月12日、ジョン・レノンポール・マッカートニージョージ・ハリスン、コリン・ハントン、ジョン・“ダフ”・ロウの5人のメンバーで17シリング6ペンスのお金をかき集め、リヴァプールの貸しスタジオ「フィリップス・サウンド・レコーディング・サービス」で記念すべき初レコーディングを行い、1枚の78回転レコードを自主制作した。A面に「That'll Be The Day」(オリジナルは1957年のバディ・ホリーの曲)、B面に「In Spite Of All The Danger」(ポールが書いた曲)が収録された(ラベルの写真)。このレコードは長年に渡ってジョン・“ダフ”・ロウが所持していたが、1981年になってポールが買い取り現在所持している。この音源は1995年にアルバム「ザ・ビートルズ・アンソロジー1」の収録曲としてリリースされ、その際「In Spite Of All The Danger」はジョージがギターソロを弾いたことから唯一の「マッカートニー=ハリスン」作品としてオリジナルの表記通りクレジットされた。このクレジットについてポールは「当時はリード・ギターのパートを考えたら、クレジットしなければいけないと思っていた」と語っている。 ーwikipediaよりー

f:id:k_sakashita:20170429194501j:plain

ゆったりとしたテンポで牧歌的な楽曲♪

さながらビートルズ夜明け前といったところか☆

f:id:k_sakashita:20170429194512j:plain

 

 

 

13曲目 ’65ビートルズ6th『Rubber Soul』 から「You Won’t See Me」

f:id:k_sakashita:20170429194903j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429194916j:plain

 

 

 

14曲目 ’62ビートルズ・シングル「Love Me Do

f:id:k_sakashita:20170429195447j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429195332j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429195338j:plain

 

 

 

15曲目 ビートルズ『A Hard Day’s Nigh』から「And I Love Her」

f:id:k_sakashita:20170429195612j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429195639j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429195737j:plain

 

正面から見ると屋根の影もあり、立体的に見えた家のセットが、

f:id:k_sakashita:20170429195612j:plain

30日に横から見た時は、なる程こうなっていたのかと思いましたw

f:id:k_sakashita:20170430194214j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430194640j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430195034j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430195307j:plain

でもこれ、横からしか見ていない人はちょっと(ー_ー?)だよねw

 

 

 

16曲目 もうすっかり恒例となった せり上がるお立ち台の上で、’68ビートルズ9th『The Beatles (White Album)』から「Blackbird」

f:id:k_sakashita:20170429195909j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429200056j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429200106j:plain

 

 

 

17曲目 ’82ソロ4th『Tug of War』 から「Here Today」

f:id:k_sakashita:20170429200201j:plain

「ツギハ ジョンニ ササゲマス」とポール

f:id:k_sakashita:20170429200231j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429200324j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429200508j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429200512j:plain

 

 

※こちらは30日の席から撮った画像。

f:id:k_sakashita:20170430195807j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430200032j:plain

 

 

 

18曲目、ステージ中央のマジックピアノに座り、

f:id:k_sakashita:20170429200545j:plain

Everybody say 「Yeah!!」

Everybody say 「OK!!」

Everybody say  「Yeah ye  Yeah ye  Ye ye ye yeah!! 」

Everybody say 「I love you!!」

Everybody say 「Yes i do!!」

Everybody say 「Fuuuuu↗」

Everybody say 「Fuuuuu↘」

Everybody say 「Fuuuu↘uuuu↗」

のコール&レスポンスを経て、

f:id:k_sakashita:20170429200601j:plain

’13ソロ『New』からタイトル曲「New」

f:id:k_sakashita:20170429200634j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429200716j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429200717j:plain

 

 

 

19曲目も『New』から「Queenie Eye」

f:id:k_sakashita:20170429200921j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429200935j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429200943j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429201136j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429201209j:plain

 

 

 

20曲目 ’67ビートルズ『Magical Mystery Tour』から「The Fool On The Hill」

f:id:k_sakashita:20170429201335j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429201351j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429201359j:plain

 

 

 

21曲目 ’68ビートルズ・シングル「Lady Madonna

f:id:k_sakashita:20170429201716j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429201810j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429201803j:plain

 

 

 

22曲目、再度Martin D28持ち、

「コレハ イチバン アタラシイ キョクデス」

f:id:k_sakashita:20170429202004j:plain

リアーナ&カニエ・ウエストと2015年にコラボしたシングル「FourFiveSeconds」

f:id:k_sakashita:20180911171113j:plain

f:id:k_sakashita:20170429202111j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429202115j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429202131j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429202205j:plain

 

 

 

23曲目 ’66ビートルズ7th『Revolver』から「Eleanor Rigby」

f:id:k_sakashita:20170429202444j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429202519j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429202523j:plain

 

 

 

24曲目 ヘフナーに持ち替え、

f:id:k_sakashita:20170429202609j:plain

「コノキョクハ コンカイ ハツコウカイ!!」

f:id:k_sakashita:20170429202629j:plain

’63ビートルズ2nd『With The Beatles』から「I Wanna Be Your Man」

f:id:k_sakashita:20170429202643j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429202630j:plain

 

 

 

25曲目、

f:id:k_sakashita:20170429202914j:plain

’67ビートルズ8th『Sgt.Pepper’s Lonely Hearts Club Band』から「Being For The Benefit Of Mr. Kite」

f:id:k_sakashita:20170429202932j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429202939j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429203005j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429203029j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429203035j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429203118j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429203124j:plain

 

 

※こちらは30日の画像

これは3つのスクリーンが重なってるね☆

f:id:k_sakashita:20170430202600j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430202606j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430202645j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430202656j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430202702j:plain

 

 

 

26曲目まずはウクレレ持ち、

f:id:k_sakashita:20170429203227j:plain

’69ビートルズ11th『Abbey Road』から「Something」

 ジョージのために。゚+.。゚+.。゚+.

f:id:k_sakashita:20170429203407j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429203437j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429203454j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429203502j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429203510j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429203527j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429203538j:plain

 

 

 

 27曲目、

f:id:k_sakashita:20170429203716j:plain

The Beatles (White Album)』から「Ob-La-Di, Ob-La-Da」

f:id:k_sakashita:20170429203817j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429203826j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429204040j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429204043j:plain

 

 

 

28曲目  ウイングス『Band On The Run』から「Band On The Run」 

f:id:k_sakashita:20170429204147j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429204343j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429204416j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429204503j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429204650j:plain

僕はこの曲がいちばん好きかも♥♥♥

 

 

 

29曲目 『The Beatles (White Album)』から「Back In The USSR

f:id:k_sakashita:20170429204715j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429204719j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429204724j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429204736j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429204739j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429204742j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429204759j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429204801j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429204807j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429204820j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429204951j:plain

 

 

 

グランドピアノに移動し 30曲目、

ビートルズ『Let It Be』 から「Let It Be」

f:id:k_sakashita:20170429205133j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429205311j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429205319j:plain

 

 

 

31曲目 ’73ウイングス・シングル「Live And Let Die」

f:id:k_sakashita:20170429205506j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429205528j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429205538j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429205539j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429205552j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429205558j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429205615j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429205735j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429205753j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429205805j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429205812j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429205814j:plain

 

 

※こちらは30日の画像

f:id:k_sakashita:20170430205229j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430205237j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430205238j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430205419j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430205420j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430205427j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430205451j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430205511j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430205512j:plain

 

 

 

本編ラストとなった32曲目、

ステージ中央マジックピアノに移動し’68ビートルズ・シングル「Hey Jude

f:id:k_sakashita:20170429205924j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429210009j:plain

 

サビの「NAAAA NA NA  NANANAAANAAAA♪♪♪」

の所で「NA」と書かれた紙が結構な数 掲げられた!!

これは後で調べたら、ポールのファンクラブに入会している方達に送られて来たものでした☆

f:id:k_sakashita:20170429210229j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429210237j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429210314j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429210426j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429210707j:plain

 

 

29日にこれを体験したので、30日は自前で”NA”を用意して行きました。勿論カツの分も作ってね☆

f:id:k_sakashita:20170430151954j:plain

でもって30日に自分の席に着くと、各椅子にサイリュウム入りの袋が置かれていて、こんな紙も入っていました。

f:id:k_sakashita:20180910160451j:plain

おおっ! 2015年の武道館に続きまたまたサプライズ企画に参加出来るぜ〜❤

て事で、こちらが30日の画像です☆☆☆

f:id:k_sakashita:20170430210239j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430205712j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430205718j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430205723j:plain

f:id:k_sakashita:20170430205730j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430205820j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430205855j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430205935j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430205945j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430210040j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430210043j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430210432j:plain

 

 

 

f:id:k_sakashita:20170429210731j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429210732j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429210749j:plain

21:07 本編終了。 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20170429210815j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20170429210941j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429210947j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429211009j:plain

 

 

Epiphone Texan持ち、

f:id:k_sakashita:20170429211027j:plain

アンコール1曲目(33曲目)、

ビートルズ『Help』から「Yesterday」

f:id:k_sakashita:20170429211114j:plain

 

 

 

アンコール2曲目(34曲目)

’67ビートルズ8th『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』から「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band(Reprise)」

f:id:k_sakashita:20170429211419j:plain

リプライズ・バージョンで演奏時間は1分18秒。レコードアルバムのB面の最後から2曲目で、所謂グッバイ・バージョンね☆

f:id:k_sakashita:20170429211430j:plain

「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band(Reprise)」終わりから重ねる様にアンコール3曲目(35曲目)、’72ウイングス・シングル「Hi Hi Hi」(※30日は「Get Back」)

f:id:k_sakashita:20170429211637j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429211607j:plain

 

 

 

アンコール4曲目(36曲目) ’63ビートルズ1st『Please Please Me』から「I Saw Her Standing There」(※29日以外は「Birthday」)

f:id:k_sakashita:20170429211926j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429211954j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212147j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212148j:plain

 

 

 

アンコール4曲目(37曲目)にしてこの日最後となったのはビートルズAbbey Road』から「Golden Slumbers / Carry That Weight / The End」のメドレー☆☆☆

f:id:k_sakashita:20170429212241j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212253j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212316j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212326j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212611j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212621j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212654j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212714j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212740j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212809j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212820j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212826j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212837j:plain

  

f:id:k_sakashita:20170429212851j:plain

21:28 終了。

f:id:k_sakashita:20170429212911j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212912j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212929j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212937j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212944j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212948j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429212955j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429213011j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429213016j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429213020j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429213022j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429213031j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429213040j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170429213103j:plain

 

 

 

※こちらは30日のエンディング画像

f:id:k_sakashita:20170430213349j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430213351j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430213355j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430213356j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430213358j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430213404j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430213408j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430213416j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430213425j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170430213431j:plain

   
   1. A Hard Day’s Night
  
2. Save Us
   3. Can’t Buy Me Love
   4. Jet
   5. Temporary Secretary
   6. Let Me Roll It
   7. I’ve Got A Feeling
  
8. My Valentine
   9. Nineteen Hundred And Eighty Five
 10. Maybe I’m Amazed
 11. I’ve Just Seen A Face
 12. In Spite Of All The Danger
 
13. You Won’t See Me
 14. Love Me Do
 
15. And I Love Her
 16. Blackbird
 17. Here Today
 18. New
 19. Queenie Eye
 20. The Fool On The Hill
 21. Lady Madonna
 22. FourFiveSeconds
 
23. Eleanor Rigby
 24. I Wanna Be Your Man
 25. Being For The Benefit Of Mr. Kite
 26. Something
 27. Ob-La-Di, Ob-La-Da
 
28. Band On The Run
 29. Back In The USSR
 30. Let It Be
 31. Live And Let Die
 32. Hey Jude

    (Encore)
 33. Yesterday
 34. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
 35. Hi Hi Hi
 
36. I Saw Her Standing There
 37. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

 

 

昨年のポールも相変わらず元気で素晴らしいステージで皆を喜ばせてくれましたが、なんと昨年に続き今年も来日が発表になりました☆

f:id:k_sakashita:20180920141507j:plain

www.kyodotokyo.com

チケットは先日 南青山に赴きゲットしましたよ☆

f:id:k_sakashita:20180914120801j:plain

 

今年のポールの記事は果たして来年中に書けるのか!?

 

 

ではでは今回はこんな感じで

また次回までご機嫌よ〜(^-^*)/

 

 

 

 

The Doobie Brothers @ Budokan 2017

 

 

ドゥービー・ブラザーズ 8年振りの来日!!

武道館公演は実に21年振り!!

 

 

f:id:k_sakashita:20180615154915j:plain

 

まずは彼等の歴史から。

 

◎1970年、Pudなるバンドで活動していたトム・ジョンストン(G,Vo)、ジョン・ハートマン(Ds)に、パトリック・シモンズ(G,Vo)、デイヴ・ショグレン(B)が合流し結成される。グループ名の「ドゥービー」はスラングで「マリファナ煙草」の意。

 

◎1971年、デビュー・アルバム『ドゥービー・ブラザース(The Doobie Brothers)』をリリース。商業的には成功しなかった。

f:id:k_sakashita:20180617132517j:plain

 

◎デビュー・アルバムのリリース後間もなく、グループに2人目のドラマー、マイケル・ホサックが加入。この後永きにわたってグループのトレードマークとなるツイン・ギター、ツイン・ドラムスの5人編成が完成する。

 

◎1972年、セカンド・アルバム『トゥールーズ・ストリート(Toulouse Street)』をリリース。同作からシングル・カットされた「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック(Listen to the Music)」がビルボード Hot 100の11位まで上昇するヒットとなり、グループは一躍全米規模の人気バンドとなる。

f:id:k_sakashita:20180617133809j:plain

 

◎1973年のアルバム『キャプテン・アンド・ミー(The Captain and Me)』からは「ロング・トレイン・ランニン(Long Train Runnin')」、「チャイナ・グローヴ(China Grove)」がヒット。

f:id:k_sakashita:20180617134103j:plain

1974年のアルバム『ドゥービー天国(What Were Once Vices Are Now Habits)』からは「ブラック・ウォーター(Black Water)」が初の全米No.1ヒットとなり、イーグルスと並びアメリカン・ロックを代表する人気バンドのひとつとなった。

f:id:k_sakashita:20180617134338j:plain

f:id:k_sakashita:20180617140846j:plain

 

◎『ドゥービー天国』レコーディング直後にマイケル・ホサックが脱退し、キース・ヌードセンが後任に加入、同時期に、これまでも度々ゲスト参加していた元スティーリー・ダンのジェフ・バクスターが正式加入し、トリプル・ギター編成となる。

1975年、このラインナップによる5thアルバム『スタンピード(Stampede)』をリリース。チャートの4位まで上昇するヒットとなり、RIAA認定のゴールドディスクを獲得。 

f:id:k_sakashita:20180617141259j:plain

 

◎しかしこの頃から、バンドの顔でありヒット作を数多く作曲していたジョンストンの健康状態が悪化し、バンドを一時脱退してしまう。

f:id:k_sakashita:20160415093256j:plain

間近に控えたツアーのため、ジョンストンの代役としてバクスターの紹介により、スティーリー・ダンのツアーメンバーだったマイケル・マクドナルドが正式加入する。卓越した歌唱力に加え、スティーリー・ダンで培った作曲能力を持ったマクドナルドの存在は大きく、バンドの音楽性はトム・ジョンストン期の野性味あふれる快活なギターロックから、R&Bの影響を受け洗練されたAOR色の強いものへと変化していった。

f:id:k_sakashita:20120628190552j:plain

 

◎1978年のアルバム『ミニット・バイ・ミニット(Minute by Minute)』と、マクドナルドがケニー・ロギンスと共作したシングル「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」はともに全米1位を獲得。アルバムタイトル曲はグラミー賞の最優秀ポップ・ボーカル(デュオ、グループまたはコーラス部門)賞、「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」は最優秀楽曲に輝き、高い人気と評価を確立した。

f:id:k_sakashita:20180617151740j:plain

f:id:k_sakashita:20180617152012j:plain

 

◎新旧のファン層に支えられ順調に活躍するも、80年代に入ると各人のソロ活動が活発化し、この時点で唯一のオリジナル・メンバーとなったリーダーのパトリック・シモンズは活動休止を提案、それに添う形で1982年に初期のメンバーも参加して「フェアウェル・ツアー」と銘打った大規模なライブを行なった後、解散した。

f:id:k_sakashita:20180617162014g:plain

 

◎1987年にチャリティーコンサートのために一時再結成したドゥービーズは、1989年、オリジナル・メンバーのジョンストン、シモンズ、ハートマンに、初期黄金期を支えたマイケル・ホサック、タイラン・ポーター、『ミニット・バイ・ミニット』のレコーディングやフェアウェル・ツアーでもグループを支えたボビー・ラカインドの6人編成で正式に再結成、復活アルバム『サイクルズ(Cycles)』をリリースし活動を再開する。

f:id:k_sakashita:20180617162404j:plain

 

◎再結成から正式メンバーとなったラカインドが末期ガンのため引退し、5人編成に戻って制作された次作『ブラザーフッド(Brotherhood )』は82位と奮わなかったが、シングル・カットされた「デンジャラス(Dangerous)」はビルボード・メインストリーム・ロック・チャートの2位まで上昇した。

f:id:k_sakashita:20180617162726j:plain

 

◎その後もメンバー・チェンジを繰り返しながら活動を続ける。2005年2月10日にドラマーのキース・ヌードセンが死去するなど、かつてのメンバー中5人(ボビー・ラカインド、デイヴ・ショグレン、コーネリアス・バンパス、キース・ヌードセン、マイケル・ホサック)が相次いで鬼籍に入るという悲劇を乗り越え、現在でも地道な活動を続けている。

                      ーWikipediaよりー

 

 

 

 

今回の来日ツアーは全4公演。個人的には2006年のウドー・ミュージック・フェスティバル以来、11年振りに見る2度目のドゥービー☆  

【金沢公演】
2017年4月24日(月) 本多の森ホール 18:30 open/19:00 start

【東京公演】
2017年4月26日(水) 日本武道館 18:00 open/19:00 start

【名古屋公演】
2017年4月27日(木) 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール 18:30 open/19:00 start

【大阪公演】
2017年4月28日(金) グランキューブ大阪 18:00 open/19:00 start 

 

 

今回の来日メンバーは以下の通り。

◎Patrick Simmons – Guitars/Vocals
◎Tom Johnston – Guitars/Vocals
◎John McFee – Guitars, Pedal Steel, Dobro, Fiddle, Vocals
Bill Payne - Keyboards
◎Marc Russo – Saxophone
◎Ed Toth – Drums
◎John Cowan – Bass/Vocals

 

 

 

では当日のお話に行きます(o゚▽゚)

4月11日のスティーヴン・タイラー、4月14日のノラー・ジョーンズに続き、この月3度目の武道館へ☆☆☆

九段下駅から地上に出たところで前回のノラで一緒だった石井社長と今回も待ち合わせ。石井社長はドゥービーやイーグルスなんかのウエストコーストや、C.C.R.やレイナードなんかのサザンロックが大好きだから、その辺の趣味は僕と良く合うんだよねw

 

18:19 武道館前物販テント到着☆

f:id:k_sakashita:20170426181943j:plain

今回はツアーTシャツ購入予定だったので、少し余裕を持っての到着。

f:id:k_sakashita:20170426182152j:plain

石井社長と僕は同じ物を購入。

f:id:k_sakashita:20180628182728j:plain

 

 

 

The Doobie Brothers  @  Budokan  2017・4・26 ( wed )

f:id:k_sakashita:20170426182632j:plain

 

今回の席はA4ブロックの1列目。つまり最前列!!

f:id:k_sakashita:20170426183049j:plain

f:id:k_sakashita:20180628183159j:plain

 

アリーナに入るといかにもウエストコーストな絵面が目に飛び込んで来た☆ 嫌でもテンション上がるのだ♪

f:id:k_sakashita:20170426183135j:plain

 

自分達の席に到着、早速先程購入したTシャツに着替える。なんせメンバーの視界に余裕で入るグッドシートだからね(何故か石井社長はTシャツ着なかったけどw)。

f:id:k_sakashita:20170426183544j:plain

今回で武道館3回目の最前列だけど、振り返ると相変わらずの優越感(# ̄ー ̄#)

f:id:k_sakashita:20170426184136j:plain

 

 

 

そして時間は19:07、客電落ちメンバーが定位置につくと、

シンプルなドラムのビートがドンパンドンパン鳴り出し、

そこにあの「トゥルルトゥトゥ♪ トゥトゥトゥ♪」とコーラスが被さる!!

f:id:k_sakashita:20170426190755j:plain

そう!! 1曲目は’72 2ndアルバム『Toulouse Street』から、

「Jesus Is Just Alright」!!!!

f:id:k_sakashita:20170426190851j:plain

これ、その時に真正面から見た画像だけど、暗闇にメンバーが浮かび上がっている中で、ドラムのイントロからジーザス〜のコーラス被さると、もう鳥肌物でテンション振り切っちゃうね♥♥♥

f:id:k_sakashita:20180628213231j:plain

原曲はアーサー・レイノルズと言う方が作ったゴスペルソングで、1966年に自身のバンド”The Art Reynolds Singers”によってレコーディングされてます♪

f:id:k_sakashita:20180705172047j:plain

因みに、あのバーズも1969年にカバーしてます☆

バーズの方がドゥービーより早かったんだね。

f:id:k_sakashita:20180705172208j:plain

 

 

 

2曲目も『Toulouse Street』から「Rockin' Down the Highway」!!

f:id:k_sakashita:20170426191524j:plain

ジーザス〜からロッキン〜と頭から出し惜しみ無しだね☆

f:id:k_sakashita:20170426191406j:plain

 

 

 

3曲目、1975年5thアルバム『Stampede』から「Take Me in Your Arms (Rock Me a Little While)」

僕の位置からイチバン近いベースのオッチャンが「Here we go!」って言ったので、オッ!と思ったら、パトリック・シモンズでもトム・ジョンストンでもなく、ベースのオッチャンが歌い出した(Cメロはトムが歌ってたけど)☆

f:id:k_sakashita:20170426191620j:plain

現在ドゥービーでベースを弾いているのはジョン・コーワン。元々はブルーグラスとかが専門の方なのかな♪ 1993〜1995年にドゥービーでベース弾いていて、2010年以降はずっとこの方がベース弾いてるみたい。

f:id:k_sakashita:20170426191722j:plain

どっしりとした見た目からは意外に感じる高いキーと艶のある声が、トムやパトリックにも劣らない存在感を感じさせてた☆

てか僕は1列目ではしゃいでいたせいか、このオッチャンとやたら目が合うし、何度も笑顔で指さされたw

f:id:k_sakashita:20170426191640j:plain

この曲は1960年代、モータウンの専属ソングライターとしてその黄金時代を支え、ダイアナ・ロス&スプリームス、フォー・トップス等、数多くのヒット曲を世に送り出した”ホーランド=ドジャー=ホーランド(Holland-Dozier-Holland)”による作品だね☆

この方達がドゥービーにこの曲を提供したって事かな、たぶん。

f:id:k_sakashita:20111031102243j:plain

 

 

 

4曲目、1974年4thアルバム『ドゥービー天国/What Were Once Vices Are Now Habits』から「Another park Another Sunday」

f:id:k_sakashita:20170426192103j:plain

この曲はトム・ジョンストンが当時のガールフレンドと別れた体験を元に作られた曲。爽やかな印象の曲でドロドロとはしてないけどw

f:id:k_sakashita:20170426192131j:plain

締めパートのサックス吹いてたレオン・ラッセルみたいなオッチャンは1998年以降ずっとドゥービー在籍のマーク・ルッソ☆

1985〜1989年の間はアメリカのジャズ・フュージョン・バンド”The Yellowjackets”にも在籍してるね。

f:id:k_sakashita:20170426192409j:plain

 

 

 

5曲目、 1973年3rdアルバム『The Captain and Me』から「Clear as the Driven Snow」

f:id:k_sakashita:20170426192716j:plain

ここでやっと一息、パトリックとジョン・マクフィーがエレアコに持ち替え、美しいアルペジオとハーモニーが重なるAメロへ、

f:id:k_sakashita:20170426192727j:plain

間奏でも美しい2本のハーモニー♪

f:id:k_sakashita:20170426192956j:plain

しかし曲の後半は折り重なる展開で、プログレと言っても過言ではない様相w 単純にかっこいいんだけど☆

f:id:k_sakashita:20170426193113j:plain

 

 

 

6曲目、 『ドゥービー天国』から「Spirit」

f:id:k_sakashita:20170426193259j:plain

楽曲の全編に亘ってジョン・マクフィーのマカロニウエスタン調なヴァイオリンが響きわたる♪ 

f:id:k_sakashita:20170426193306j:plain

 

 

 

7曲目、 2010年13thアルバム『World Gone Crazy』からタイトル曲「World Gone Crazy」

イントロのジョン・コーワンから♪

f:id:k_sakashita:20170426193708j:plain

皆でAメロへ(イントロの後の頭はサビかな!?)♪

f:id:k_sakashita:20170426193727j:plain

後半サックスとジョン・マクフィーのギターの掛け合いから、

f:id:k_sakashita:20170426194018j:plain

軽快な8ビートに乗せてサックスソロへ♪

f:id:k_sakashita:20170426194004j:plain

 

 

 

8曲目、 『ドゥービー天国』から「Eyes of Silver」

f:id:k_sakashita:20170426194307j:plain

f:id:k_sakashita:20170426194325j:plain

原曲にはない80年代風な(’74の曲だけど)サックスソロが楽曲を彩る♪

f:id:k_sakashita:20170426194538j:plain

 

 

 

9曲目、 『The Captain and Me』から「Dark Eyed Cajun Woman」

f:id:k_sakashita:20170426194758j:plain

トムの歌もだけど、ギターも鳴きまくりな1曲♪♪マーク・ルッソのサックスもね☆

f:id:k_sakashita:20170426194913j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426195009j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426195103j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426195222j:plain

 

 

 

10曲目、 『Stampede』から「Sweet Maxine」

f:id:k_sakashita:20170426195446j:plain

軽快なドゥービー・ロールな楽曲♪

f:id:k_sakashita:20170426195519j:plain

ジョン・マクフィーのボトルネックが良いアクセントになってた♪

f:id:k_sakashita:20170426195346j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426195714j:plain

 

 

 

パトリック・シモンズの紹介で、

f:id:k_sakashita:20170426195742j:plain

ドラムのエド・トスと鍵盤のビル・ペインのソロタイムへ☆

f:id:k_sakashita:20170426195937j:plain

エド・トスは2005年以降ドゥービーで叩いているみたいだね♪

抜群の安定感でした☆☆☆

f:id:k_sakashita:20170426195945j:plain

鍵盤のビル・ペインは ご存知”Little Feat”のBill Payneです!!

グループ初期からドゥービーをサポートしてます☆☆☆

(↓↓↓左端ね)

f:id:k_sakashita:20180709193802j:plain

f:id:k_sakashita:20170426195952j:plain

 

 

 

2人のジャムから、

11曲目、 1976年6thアルバム『ドゥービー・ストリート/Takin' It to the Streets』からタイトル曲「Takin' It to the Streets」

f:id:k_sakashita:20170426200019j:plain

原曲にはないイントロのサックスが、とても自然に西海岸の風を吹かしてた♪

f:id:k_sakashita:20170426200043j:plain

思い入れのある曲は何かと感慨深いな〜☆

f:id:k_sakashita:20170426200110j:plain

 

 

 

12曲目、 1989年10thアルバム『Cycles』から「The Doctor」

f:id:k_sakashita:20170426200523j:plain

まさにトム・ジョンストン節なロックンロール・ナンバー!!

ドゥービーの重要な要素のひとつだね☆

f:id:k_sakashita:20170426200710j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426200714j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426200724j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426200726j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426200828j:plain

 

 

 

13曲目、  『ドゥービー天国』から「Black Water」!!

f:id:k_sakashita:20170426200902j:plain

ジョン・マクフィーのヴァイオリンが小気味良く名曲の幕を開ける♪

f:id:k_sakashita:20170426200916j:plain

パトリック・シモンズが書いたこの曲、

f:id:k_sakashita:20170426201042j:plain

Bメロの3周目をミシシッピからトキオに変えて歌ってくれた

Old black water, keep on rollin'
Mississippi moon, won't you keep on shinin' on me
Old black water, keep on rollin'
Mississippi moon, won't you keep on shinin' on me
Old black water, keep on rollin'
Tokyo moon, won't you keep on shinin' on me

(古き黒き流れ、うねり続ける。
トキオの月よ、俺を照らし続けてくれないか )

f:id:k_sakashita:20170426201011j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426200947j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426201149j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426201233j:plain

 

 

 

14曲目、  『The Captain and Me』から「Long Train Runnin'」!!

f:id:k_sakashita:20170426201438j:plain

いよいよ佳境に突入☆盛り上がり必至のキラー・チューン☆☆☆

f:id:k_sakashita:20170426201428j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426201527j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426201615j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426201641j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426201837j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426201819j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426201754j:plain

 

 

 

15曲目、 本編ラストとなったのは『The Captain and Me』から

「China Grove」!!!!!!!!

f:id:k_sakashita:20170426202106j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202216j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202236j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202233j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202259j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202324j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202327j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202333j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202337j:plain

 

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20170426202350j:plain

 

 

 

 

 

 

アンコール1曲目(16曲目)、

『The Captain and Me』から「Without You」☆

f:id:k_sakashita:20170426202450j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202517j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202535j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202615j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202653j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202658j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202733j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202851j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202855j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202903j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202938j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202949j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426202953j:plain

 

 

 

この日最後の曲となったアンコール2曲目(17曲目)は

勿論!!!!!!!!

『Toulouse Street』から

「Listen to the Music」!!!!!!!!!!!!

f:id:k_sakashita:20170426203015j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426203034j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426203109j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426203258j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426203354j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426203521j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426203542j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426203600j:plain

20:36 終了☆☆☆

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20170426203630j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426203633j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426203638j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426203642j:plain

 

f:id:k_sakashita:20170426203648j:plain

 

 

 

f:id:k_sakashita:20170426203731j:plain 

  1.  Jesus Is Just Alright
  2.  Rockin' Down the Highway
  3.  Take Me in Your Arms (Rock Me a Little While)
  4.  Another park Another Sunday
  5.  Clear as the Driven Snow
  6.  Spirit
  7.  World Gone Crazy
  8.  Eyes of Silver
  9.  Dark Eyed Cajun Woman
10.  Sweet Maxine
11.  Takin' It to the Streets
12.  The Doctor
13.  Black Water
14.  Long Train Runnin'
15.  China Grove
       < encore >
16.  Without You
17.  Listen to the Music

 

 

21年振りとなった武道館公演、満員大御礼大盛況につき終了で御座いました☆

これは次も全然武道館行けるね♪ ハードロックンロールからカントリーまで何処を切っても最高の楽曲が並ぶドゥービーブラザーズ。僕が初めて手にした外人さんのレコード(EP)がドゥービーなんだけど、その小学5〜6年生の頃から聴き始めた方達が、50歳直前となった僕の目の前で今も元気に最高のプレイをしてました☆ 何だか今回は40年くらい思い入れのある方達だっただけに、感動もひとしおだったね☆

 

興奮冷めやらぬ公演終了後、気づくとベーシストのジョン・コーワンさんが僕の目の前に立っていて、僕に向かってすごくゆっくりピックを投げてくれました!!無事キャッチできました!!

もう1枚僕の後方に投げたピックを隣の石井社長がジャンプしてキャッチしましたw

やっぱ1列目って凄いねwww

f:id:k_sakashita:20170426213311j:plain

 

 

 

ライブ終了後は新宿に移動し、いつものしゃぶしゃぶ屋さんで石井社長が一番高いコースをご馳走してくれた☆ 

1列目でドゥービー見て、ピック貰えて、しゃぶしゃぶまでご馳走になり。そんなスペシャルな日ってあるんだね☆

f:id:k_sakashita:20170426223152j:plain

f:id:k_sakashita:20170426221742j:plain

 

 

 

そう言えば今回のドゥービー武道館公演の前日、4月25日はポール・マッカートニーの武道館公演だったけど、

f:id:k_sakashita:20170425173836j:plain

最前列にドゥービーの面々が確認されてましたw

f:id:k_sakashita:20180718144933j:plain

 

 

 

ではでは今回はこんな感じで

また次回までご機嫌よ〜(*ゝ∀・*)ノ PEACE!!

 

 

 

 

Norah Jones @ Budokan 2017

 

ノラ・ジョーンズの武道館公演に行って来た☆

 

  

f:id:k_sakashita:20180605140127j:plain

 

ノラ・ジョーンズ ジャパン・ツアー 2017
4/9(日)仙台 ゼビオアリーナ仙台
4/11(火)札幌 ニトリ文化ホール
4/13(木)東京 日本武道館
4/14(金)東京 日本武道館

4/15(土)東京 日本武道館(追加公演)
4/17(月)大阪 大阪城ホール
4/18(火)福岡 サンパレス
4/19(水)広島 広島文化学園HBGホール
4/21(金)名古屋 センチュリーホール

 

1979年、NY生まれ 現在39才 2児の母でもある☆

2001年5月『カム・アウェイ・ウイズ・ミー』でデビュー♪

現在までにノラ名義でアルバム6枚、カバー1枚。

その他セッション・バンド”ザ・リトル・ウィリーズ”や”プスンブーツ”でもアルバム発表あり。

 

僕がノラに出会ったのは2005年頃かな。スタジオのお客さんが「絶対好きだと思うから見て下さい!」って貸してくれたノラのオフィシャルDVD(2nd DVD)

f:id:k_sakashita:20160725170208j:plain 

発売日:2004年11月25日
品番:TOBW-3192
価格:¥3619(税抜)+税

 

これが見事にドハマり☆☆☆

すぐに自分でも1枚目のDVD『Live In New Orleans』と、

f:id:k_sakashita:20160725170226j:plain 

発売日:2003年3月29日
品番:TOBW-3106
価格:¥3619(税抜)+税

1stアルバムと2ndアルバムを購入。で、色々調べていたら、色んな楽器をこなし、歌も上手いんだけど、曲は全て別の誰かが書いていた。 溢れ出る才能とセンスを彼女に感じまくっていただけに少し意外だったけど、あの表現が出来るなら誰が曲を書いていたってまったく気にならない。

1st、2ndとモロ好きな方向性だったので何も問題無し。

そのままガンガンどうぞ!って感じではあった。

 

ただし彼女の才能が本当の意味で顕になるのは、2ndアルバム発表から3年後、2007年に発表された3rdアルバム『Not Too Late』からだったのでR!!

f:id:k_sakashita:20180605181227j:plain

作詞・作曲の全てをノラが担当。それまでの流れの楽曲とははっきり言って全くの別物。だけどやはり凄く好きな世界観であり、何よりもこのアルバム以降の音質と言うか、音の聞こえ方が、まるで目の前で鳴っているかの様にリアルな仕上がりで、音と音との隙間に響く残響音がとても心地良いのでR。

その感覚だけは、僕が3枚目以降最新アルバムに至るまで、ずっと感じている共通点であり、その世界観こそが僕の中でのノラワールドなんだな♪

 

 

てな感じで、当日のお話をば。

f:id:k_sakashita:20170414180506j:plain

スティーブン・タイラーの武道館公演から3日後、またまた九段下へ☆まだまだ桜も残ってたね。

f:id:k_sakashita:20170414180621j:plain

石井社長が付き合ってくれたので今回は1人じゃなかった。

( ̄∇ ̄)て事で2人で武道館へ。

 

 

 

Norah Jones @ Budokan 2017・4・14 ( fri )

f:id:k_sakashita:20170414180921j:plain

今回の席は1階スタンド南東H列。こんな感じの眺め

f:id:k_sakashita:20170414182321j:plain

で、今回はオープニングアクトあり、ノラのバックを務めるALOYSIUS 3(アロイシアス・スリー)の演奏からスタート♪

f:id:k_sakashita:20180606165102j:plain

30〜40分くらいやったかな? インストも歌ものもあったと思ったけど、とにかくノラのバックに付くくらいだから、彼女の世界観とかなり近しいものを感じました♪ オープニングアクトの演奏終了後、多少休憩挟みいよいよノラの本番へ☆

f:id:k_sakashita:20170414182332j:plain

と言うか・・・・気付いている方もいらっしゃるかと思いますが、今回は撮影禁止でした★

 

画像ありきでライブレポを続けて来た僕のブログ。最早画像無しでは成立しなくなってしまいました( ̄ー ̄;  クラプトンやディランの時なんかは演奏と関係のない話を盛り、無理やり成立させていたりもしましたが、なんかね、画像がないと書いている僕自身のテンションが上がらないのであります。

ただし今回の撮影禁止に関しては、やはり必然な流れと言いましょうか、かなり静かな曲も多く、そこであの無神経なシャッター音が鳴ってしまうとね(((汗)))・・・

もう全てがブチ壊しなわけで、まったくもって今回の撮影禁止に関して異論は御座いません♪

まぁ今までにも何度か書いてきましたが、撮影禁止だとほんとうにゆっくりライブが楽しめますw

2012年の武道館以来、今回で2度目のノラ・ジョーンズでしたが、最高に堪能出来ました☆

f:id:k_sakashita:20180606171209j:plain

01. Burn
02. Tragedy
03. Out On The Road
04. What Am I to You?
05. Sinkin' Soon
06. Don't Be Denied (Neil Young cover)
07. Say Goodbye
08. Rosie's Lullaby
09. Black (Danger Mouse & Daniele Luppi cover)
10. Tell Yer Mama
11. Stuck
12. And Then There Was You
13. Don't Know Why
14. Little Broken Hearts
15. Travelin' On
16. Flipside
17. Carry On
---encore---
18. Sunrise (folktown)
19. Creepin' In (folktown)
20. Come Away With Me (folktown)

 

 

ではでは、簡単ではありますが、

今回はこんな感じで

また次回まで御機嫌よ〜(○´∀`)ノ゙ PEACE!!