RINGO STARR & HIS ALL STARR BAND @ Tokyo Dome City Hall 2019

 

リンゴ・スター☆2年半振りの来日!! 

 

 

f:id:k_sakashita:20190806140350j:plain

 

◎RINGO STARR & HIS ALL STARR BAND @ Zepp Tokyo 2013 - さかしたBLOG

 

◎RINGO STARR & HIS ALL STARR BAND @ Shibuya Bunkamura Orchard Hall 2016 - さかしたBLOG

 

 

 

【来日メンバー】
スティーヴ・ルカサー   <G/Vo>
グレッグ・ローリー   <Key/Vo>
◎コリン・ヘイ  <Gr/Vo>
◎ヘイミッシュ・スチュワート  <Ba/Gr/Vo>
◎ウォーレン・ハム  <Sax/Perc>
◎グレッグ・ビソネット  <Ds>

 

 

【福岡】
2019年3月27日(水) 福岡サンパレス ホテル&ホール

【仙台】
2019年4月1日(月) 東京エレクトロンホール宮城 

【福島】
2019年4月2日(火) けんしん郡山文化センター(郡山市民文化センター) 大ホール

【東京】
2019年4月3日(水) 昭和女子大学人見記念講堂

【東京】

2019年4月5日(金) 東京ドームシティホール

【名古屋】
2019年4月9日(火) Zepp Nagoya

【大阪】
2019年4月10日(水) あましんアルカイックホール

※追加公演

【東京】

2019年4月6日(土)・4月7日(日) 東京ドームシティホール

 

 

今回のオールスターバンド、

ギターのトッド・ラングレンコリン・ヘイ

ベースのリチャード・ペイジ  ヘイミッシュ・スチュワート

って2人が入れ替わりました。それ以外のパートは前回までと変更無しですね。

 

て事で今回は東京2日目のトウキョウ・ドーム・シティー・ホールに石井社長と2人で行ってきたよ。

 

 

RINGO STARR & HIS ALL STARR BAND Japan Tour @ Tokyo Dome City Hall 2019・4・5 (fri)

f:id:k_sakashita:20190405183536j:plain

石井社長と会場前で待ち合わせ、Tシャツ購入希望の石井社長と物販へ。僕は何も購入しなかったけど、画像見てたら、4番欲しかったかも。次回まだあったら買おう。

f:id:k_sakashita:20190405183940j:plain

f:id:k_sakashita:20190405183945j:plain

 

 

 

今回の席は、

f:id:k_sakashita:20190809190426j:plain

1列目!! リンゴで1列目やばし!!😍

上手寄りな、ヘイミッシュ・スチュワートとコリン・ヘイの真ん前☆

f:id:k_sakashita:20190405185121j:plain

f:id:k_sakashita:20190405185234j:plain

 

 

 

そして時間は19:01、バンドが登場。

f:id:k_sakashita:20190405190112j:plain

いつもの様に少し遅れて

リンゴも登場☆

f:id:k_sakashita:20190405190131j:plain

1曲目は勿論「Matchbox」

f:id:k_sakashita:20190405190142j:plain

原曲はアメリカのロカビリーミュージシャン、カール・パーキンス(1932年4月9日 - 1998年1月19日) の1957年作品。

f:id:k_sakashita:20190809192809j:plain

f:id:k_sakashita:20190405190403j:plain



 

 

2曲目も勿論「It Don't Come Easy 」

f:id:k_sakashita:20190405190444j:plain

1971年に発表したリンゴにとって初のソロ・シングル。

f:id:k_sakashita:20190809203443j:plain

f:id:k_sakashita:20190405190531j:plain

今回もバスの効いたウォーレン・ハムのサックスがとても心地良く響き渡ってる♪

f:id:k_sakashita:20190405190619j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405190726j:plain





3曲目も勿論「What Goes On 」

f:id:k_sakashita:20190405190844j:plain

1965年12月発表『ラバー・ソウルのB面1曲目に収録。

f:id:k_sakashita:20190405191018j:plain

ルカサーは相変わらずキレッキレ♬

f:id:k_sakashita:20190405191024j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405191031j:plain

 

 

 

リンゴがドラムセットに移動し、

f:id:k_sakashita:20190405191136j:plain

4曲目はグレッグ・ローリーのボーカルで「Evil Ways」

f:id:k_sakashita:20190405191225j:plain

と言うか、フロントマン皆にウォーレン・ハムも合わせた5人で歌ってた感じだけど♬

f:id:k_sakashita:20190405191241j:plain

サンタナの1stアルバムに収録されたラテン・ナンバーだけど、原曲はラテン・パーカッション/ティンバレス奏者、ウイリー・ボボの1967年作品。

f:id:k_sakashita:20190809221009j:plain

f:id:k_sakashita:20190405191343j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405191557j:plain




5曲目、「Rosanna」

f:id:k_sakashita:20190405191739j:plain

TOTOが1982年に発表したアルバム『TOTO IV~聖なる剣』に収録された大ヒットナンバー☆

f:id:k_sakashita:20190405191759j:plain

Aメロひとまわし目はルカサーが歌い、

f:id:k_sakashita:20190405191813j:plain

Aメロふたまわし目のキーが上がるパートはウォーレン・ハムが担当♪

f:id:k_sakashita:20190405192032j:plain

サックスソロ、鍵盤ソロ、ギターソロで〆🎶

f:id:k_sakashita:20190405192053j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405192452j:plain

 

 

 

6曲目、ルカサーとヘイミッシュ・スチュワートがパートチェンジし、

f:id:k_sakashita:20190405192721j:plain

1975年2月にインストゥルメンタル曲としては異例の全米1位の大ヒットを記録した、アヴェレージ・ホワイト・バンドの「Pick Up the Pieces」

f:id:k_sakashita:20190405192740j:plain

アヴェレージ・ホワイト・バンド(Average White Band)はイギリス、スコットランド出身のファンク、ソウル/R&Bのバンドで、1971年にスコットランドで結成。1982年に解散し、1996年に再結成。現在も活動中です♪

f:id:k_sakashita:20190810211918j:plain

f:id:k_sakashita:20190810212017j:plain

近年のリンゴバンドではかなりファンクなナンバー♪

f:id:k_sakashita:20190405192916j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405192932j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405193107j:plain




7曲目はヘイミッシュ・スチュワートの紹介で、

f:id:k_sakashita:20190405193301j:plain

コリン・ヘイのバンド”Men At Work”の楽曲で「Down Under」

f:id:k_sakashita:20190405193355j:plain

メン・アット・ワーク(Men at Work)はオーストラリアのバンド。 1979年、メルボルンにて結成。1979年にデビュー。1982年に世界進出。いきなり「ノックは夜中に(Who Can It Be Now?)」、「ダウン・アンダー(Down Under)」の2曲の全米ナンバーワンヒットを放ち、グラミー賞最優秀新人賞にも輝いた。1985年に活動を停止。1996年に再結成され、2002年には再び解散。以降はコリンとグレッグの2人がゲストやサポートメンバーを迎えて、不定期にライブ活動を行っていたが、2012年正式にその活動にピリオドを打った。

f:id:k_sakashita:20190812115729j:plain

Men at Workだよ Men at Work!!

まさかMen at Workのコリンを目の前で見られる日が来るなんてね!まったく考えた事もなかったよ!嬉しいな☆

f:id:k_sakashita:20190405193413j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405193339j:plain

フルートの主旋律が一瞬であの時代に引き戻してくれる。

歌メロはどこかロシア民謡に通ずる物もあるね♪

f:id:k_sakashita:20190405193429j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405193550j:plain




8曲目、再びリンゴにスポットが戻り「Boys」

f:id:k_sakashita:20190405193842j:plain

’63『Please Please Me』に収録。

原曲は1960年代前半のアメリカのガールズ・グループ The Shirellesの1960年作品。

f:id:k_sakashita:20190405193926j:plain

自然と頭が左右に動きます♪♪♪

f:id:k_sakashita:20190405194014j:plain




9曲目、「Don't Pass Me By」

f:id:k_sakashita:20190405194221j:plain

リンゴのソングライターデビュー作である1968年作品☆

まずは自分で鍵盤弾きながらAメロひとまわし歌い♪

f:id:k_sakashita:20190405194306j:plain

その後バンドも参加♬ 

f:id:k_sakashita:20190405194407j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405194446j:plain

今回のハープはコリンが担当♪

f:id:k_sakashita:20190405194543j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405194611j:plain

 

 

 

10曲目は皆さんお待ちかねの海に潜る時間です🎶

「Yellow Submarine」🎶🎶🎶

f:id:k_sakashita:20190405194730j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405194815j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405194821j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405194850j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405194923j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405194941j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405195013j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405195016j:plain

 



ここでリンゴがステージ一旦離れ

f:id:k_sakashita:20190405195109j:plain

11曲目、「Cut the Cake」

f:id:k_sakashita:20190405195211j:plain

Average White Band1975年作品♪
f:id:k_sakashita:20190812145045j:plain
とにかくファンクです♪♪♪

f:id:k_sakashita:20190405195300j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405195214j:plain




12曲目、「Black Magic Woman / Gypsy Queen

f:id:k_sakashita:20190405195812j:plain

初期サンタナバンドに在籍したグレッグ・ローリーがボーカルで♪

f:id:k_sakashita:20190405195807j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405195747j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405200034j:plain

Gypsy Queen後半はグレッグ・ビソネットの見せ場だね♪

f:id:k_sakashita:20190405200320j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405200413j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405200331j:plain




13曲目、「You're Sixteen」

f:id:k_sakashita:20190405200520j:plain

リンゴ、'73/3rd『Ringo』からのセカンド・シングル。
原曲は1950年代中期のロカビリーバンド”ジョニー・バーネット・トリオ”の1960年作品。

f:id:k_sakashita:20190405200543j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405200656j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405200713j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405200753j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405200803j:plain




14曲目、「Anthem」

f:id:k_sakashita:20190405200846j:plain

’12『Ringo 2012』収録♪

f:id:k_sakashita:20190815143717j:plain

f:id:k_sakashita:20190405201045j:plain

背景に浮かんでいる通り、愛と平和のアンセムなのです☆

f:id:k_sakashita:20190405201214j:plain

ピース✌

f:id:k_sakashita:20190405201217j:plain

 

 


再びリンゴがドラムセットに移動し、

f:id:k_sakashita:20190405201234j:plain
15曲目、「Overkill」

f:id:k_sakashita:20190405201316j:plain

メン・アット・ワーク '83/2nd『Cargo』から♪

f:id:k_sakashita:20190405201525j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405201600j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405201712j:plain




16曲目、「Africa 」

f:id:k_sakashita:20190405201824j:plain

Aメロはルカサーが歌い♪

f:id:k_sakashita:20190405201849j:plain

Bメロ高音パートはコリンが担当♪

f:id:k_sakashita:20190405201919j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405202042j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405202103j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405202313j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405202422j:plain




17曲目、再度ルカサーとヘイミッシュがパートをスイッチして、

f:id:k_sakashita:20190405202528j:plain

アヴェレージ・ホワイト・バンド’74/2nd『Average White Band』収録「Work to Do」♪

f:id:k_sakashita:20190405202549j:plain

原曲はアイズレー・ブラザーズの'72『Brother, Brother, Brother 』収録♪

f:id:k_sakashita:20190817170919j:plain

こう言う曲にはコリンの生々しいトーンが良くマッチしてます♪

f:id:k_sakashita:20190405202725j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405202747j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405203057j:plain




18曲目、「Oye como va」

f:id:k_sakashita:20190405203155j:plain

サンタナ2ndアルバム収録「Oye como va」

原曲は”ラテンの王様”ティト・プエンテ

f:id:k_sakashita:20190405203223j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405203252j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405203435j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405203632j:plain




19曲目、「I Wanna Be Your Man」

f:id:k_sakashita:20190405203714j:plain

f:id:k_sakashita:20190405203742j:plain

from『With the Beatles』🎶

f:id:k_sakashita:20190405203830j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405203845j:plain




20曲目、「Who Can It Be Now?」

f:id:k_sakashita:20190405204119j:plain

1981年発表、「Down Under」と並び’82 全米ナンバーワンヒットした楽曲♪

f:id:k_sakashita:20190817190624j:plain

f:id:k_sakashita:20190405204128j:plain

この年代のこのあたりの楽曲聞くと、自然と小林克也さんの声も聞こえてきちゃいます😁 

f:id:k_sakashita:20190405204256j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405204230j:plain




21曲目、「Hold the Line」

f:id:k_sakashita:20190405204615j:plain

1978年の1stアルバム「TOTO/(邦題:宇宙の騎士)」からシングルカットされた楽曲♪

f:id:k_sakashita:20190405204636j:plain

f:id:k_sakashita:20190405204758j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405204809j:plain

 

 

 

22曲目、「Photograph」

f:id:k_sakashita:20190405205020j:plain

アルバム『リンゴ』の先行シングルとして、1973年発表。リンゴとジョージ・ハリスンの共作☆

f:id:k_sakashita:20190405205031j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405205145j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405205205j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405205444j:plain




23曲目、「Act Naturally」

ビートルズ’65/5th『4人はアイドル』収録♪

オリジナルはジョニー・ラッセルとヴォニー・モリソンのコンビで作詞・作曲され1963年にバック・オーウェンス・アンド・バッカルーによって歌われてます。

f:id:k_sakashita:20190405205522j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405205532j:plain

ん・・・・?

f:id:k_sakashita:20190405205533j:plain

んんんんんっっっ・・・・・!?

f:id:k_sakashita:20190405205535j:plain

えええええっっっ・・・!?!?

😱😱😱😱😱😱😱😱😱😱😱😱

 

明らかにリンゴが僕を指さしている・・・・

しかもめっちゃ怒ってないっすか?・・・・

3枚目の写真めっちゃ恐いんですけど・・・😖😖😖

 

 

実際には上の3枚撮った時はスマホ越しだったので、リンゴの表情までは分かっておらず、「あれ? リンゴこっちずっと見てないか?」って思い、直接リンゴを見たら やはり目が合って数秒後(たぶん2〜3秒)、その時歌ってたBメロに合わせ、リンゴが以下の様なアクションを取りながら、僕をずっと見ていました😲😲😲

f:id:k_sakashita:20190819162043j:plain

1回目の動きで「あ❣」って気づいたんだけど、

この日 僕はビートルズのTシャツ着てました⬇⬇⬇

f:id:k_sakashita:20190818195728j:plain

なのでリンゴは僕に「お前が着てるTシャツのバンドの曲だよ」ってアクションをしてくれたのです😁😁😁

 

たしか3回程自分の胸の辺りをスイスイしては僕を指さすってのをやってくれたと思うんだけど、3回目で僕もリンゴを指さすと、リンゴは笑ってくれました😍😍😍

ずっと目が合いつつ、最終的にお互いを指さし、リンゴが笑ってくれる!!

そんなミラクルな事が起こるなんて・・・・

1列目なら1〜2回くらい目が合うかもな〜なんて始まる前は思ったりしたけど、なんか想像以上の出来事過ぎて・・・・この後しばらく頭真っ白だったねw

 

まぁそれでも写真は撮りまくってはいるんだけど(笑)

 

f:id:k_sakashita:20190405205705j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405205711j:plain

 

 

 

この日最後の曲となった24曲目、

With a Little Help From My Friends ~ Give Peace A Chance

f:id:k_sakashita:20190405205821j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405205829j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405205903j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405205921j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405210116j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405210123j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405210131j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405210134j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405210145j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405210147j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405210156j:plain

With a Little Help〜終わりで1度引っ込み、

f:id:k_sakashita:20190405210158j:plain

 

 

 

f:id:k_sakashita:20190405210205j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405210210j:plain

Give Peace〜で再登場し、皆に感謝とお別れを告げ、

f:id:k_sakashita:20190405210258j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405210314j:plain

1人先に退場☆

f:id:k_sakashita:20190405210318j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405210320j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405210342j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405210351j:plain

21:03 公演終了☆☆☆ 

f:id:k_sakashita:20190405210407j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405210415j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190405210421j:plain    1.  Matchbox
  2.  It Don't Come Easy 
  3.  What Goes On 
  4.  Evil Ways
  5.  Rosanna 
  6.  Pick Up the Pieces
  7.  Down Under
  8.  Boys 
  9.  Don't Pass Me By 
 10.  Yellow Submarine
 11.  Cut the Cake 
 12.  Black Magic Woman / Gypsy Queen 
 13.  You're Sixteen 
 14.  Anthem 
 15.  Overkill 
 16.  Africa 
 17.  Work to Do
 18.  Oye como va
 19.  I Wanna Be Your Man
 20.  Who Can It Be Now?
 21.  Hold the Line 
 22.  Photograph 
 23.  Act Naturally
 24.  With a Little Help From My Friends ~ Give Peace A Chance

  

 

今回も素晴らしいステージとなったリンゴ・スター&ヒズ・オールスターズ☆

今回はメンバーの入れ替わりもあり、目の前でアベレージ・ホワイト・バンドとメン・アット・ワークのお二人も楽しめ、想像以上の出来事もあり、正に一生忘れないであろうステージとなりました。リンゴ達、早く日本に戻ってきてね〜😍

 

そう言えば、ステージに貼ってあるセトリの写真撮ったら、左端にその曲毎のキーが書いてありました。 このパターンのセトリは初めて見たな(画像は回転させてます)☆

f:id:k_sakashita:20190405210658j:plain

 

 

終演後、水道橋の焼肉屋さんで石井社長にご馳走になりました😁

石井社長 毎回ご馳走様です。m(・・)m 

f:id:k_sakashita:20190405213853j:plain

 

 

 

ではでは今回はこんな感じで、

また次回まで御機嫌よ〜( ´ ▽ ` )ノ PEACE!!

 

 

 

THE MAGPIE SALUTE @ YEBISU GARDEN PLACE 2019

  

 

ザ・マグパイ・サルート☆初来日

 

 

 

f:id:k_sakashita:20190708140518j:plain

  

1月7日(月)東京・恵比寿ザ・ガーデンホール

1月8日(火)東京・恵比寿ザ・ガーデンホール

1月9日(水)大阪・BIG CAT

 

来日メンバー 

✧リッチ・ロビンソン(g)

✧マーク・フォード(g)

✧スヴェン・パイピーン(b)

✧ジョン・ホッグ(vo)

✧ジョー・マギストロ(ds)

✧マット・スローカム(key)

 

マグパイ・サルートとは、

ブラック・クロウズのロビンソン兄弟の弟であるリッチ・ロビンソンの新バンドなのです。 て事で、まずはブラック・クロウズの歴史から遡りますね😁 

 

 

ジョージア州アトランタで、ロビンソン兄弟を中心にミスター・クロウズ・ガーデンが結成。1989年にブラック・クロウズと改名して、デフ・アメリカン(現アメリカン・レコーディングス)と契約。1990年にデビュー・アルバム『シェイク・ユア・マネー・メイカー』を発表。オーティス・レディングのカバー「ハード・トゥ・ハンドル」が全米26位となり、アルバム自体も全米4位を記録。

f:id:k_sakashita:20190712191326j:plain

 

◎1992年、セカンド・アルバム『サザン・ハーモニー』発表。全米1位に輝く。また、この年に初来日公演を行った。

f:id:k_sakashita:20190712191629j:plain

 

◎1994年、サード・アルバム『アモリカ』

f:id:k_sakashita:20190712192032j:plain

1996年、『Three Snakes & One Charm』

f:id:k_sakashita:20190712192305j:plain

を発表。いずれも全米チャートのトップ20にランクイン。

 

◎1999年、コロムビア・レコードに移籍し『バイ・ユア・サイド』を制作。7年ぶりに再来日も果たす。

f:id:k_sakashita:20190712192845j:plain

 

◎1999年10月にはジミー・ペイジと共演し、レッド・ツェッペリンの曲を中心に、エルモア・ジェイムズなどのカバーも取り上げた。その時の模様は、2枚組ライヴ盤『ライヴ・アット・ザ・グリーク』に収録。

f:id:k_sakashita:20190712193244j:plain

f:id:k_sakashita:20190712193435j:plain

 

◎2001年、6thアルバム『ライオン』発表。7月にLions Tourで来日。

f:id:k_sakashita:20190712194652j:plain

 

◎2002年に活動を停止。クリスはクリス・ロビンソン&ザ・ニュー・アース・マッドを結成し、リッチはソロ・アルバム『Paper』(2004年)を発表。

 ◎2005年3月、ロビンソン兄弟とフォード、ハーシュ、パイピーンが集まってブラック・クロウズを再結成。ドラムスはビル・ドブロウが務めたが、ほどなくオリジナル・ドラマーのゴーマンが復帰。その頃のライヴ音源が、ライヴ・アルバム『フリーク・ン・ロール...イントゥ・ザ・フォッグ~ライヴ・アット・フィルモア』として発表された。SUMMER SONIC 05にて来日。

f:id:k_sakashita:20190712200209j:plain

 

◎2008年、バンド自身のレーベル「Silver Arrow」からアルバム『ウォーペイント』発表。『サザン・ハーモニー』以来久しぶりに、全米チャートのトップ10入りを果たす。

f:id:k_sakashita:20190712201222j:plain

 

◎2009年、アルバム『ビフォア・ザ・フロスト』とダウンロード版アルバム『アンティル・ザ・フリーズ』を発表。 

f:id:k_sakashita:20190712202610j:plain

 

◎2010年8月3日、これまで発表してきた楽曲のアコースティック・バージョンを収録したデビュー20周年記念アルバム『Croweology』発表。

f:id:k_sakashita:20190712202950j:plain

同12月、無期限の活動休止に入るも、3年後の2013年3月24日より行われた全英ツアーで活動を再開し、引き続き久々の全米ツアーを敢行。バンド活動と並行して、ロビンソン兄弟のソロでの新曲も連続的にネット配信されたが、バンドの管理権を巡るトラブルでロビンソン兄弟間の関係が再び悪化したため、2015年1月15日に再び解散したことを、リッチ本人が自身のフェイスブックのページで宣言した。

 

◎解散後、兄のクリスはブラック・クロウズと並行して活動してきたバンド、クリス・ロビンソン・ブラザーフッドに活動拠点を移し、主にジャム・バンド界隈で精力的に活動中。2018年1月には、ブラック・クロウズ時代の楽曲をセルフカバーするために結成されたAs The Crow Flies と、Green Leaf Rustlers の2つのバンドを結成。

弟のリッチはしばらくソロ活動を続けた後、ブラック・クロウズ時代の旧友、フォード、ハーシュ、パイピーンと共にマグパイ・サルートを結成。

               ーWikipediaよりー

 

 

 

ブラッククロウズは過去に2回見てるけど、2回共ユウちゃんとだったね。僕が最初にブラッククロウズ見たのは'99のシークレットライブ。

未だに詳細把握してないんだけど、この時はユウちゃんから電話かかって来て、あるラジオ番組にFAXして当選したら、渋谷のオンエアーイースト(この頃は、現在のEASTとDUOにスペースが2つに分かれる前で、今よりもキャパがかなり広かったな)で彼等のライブが無料で見れちゃうっていう、夢のようなお知らせ🌟

なのでユウちゃんから、FAX送って〜👀って連絡あり、

その時に僕がFAXに協力出来たかどうかはまったく覚えてないんだけど、結果は無事落選www

 

ただしその後、ブラッククロウズが日本からCD発売しているレコード会社から、僕の友人もCD出している事を思い出し、その友人に「ブラッククロウズのシークレットライブ入れてもらえない?」って聞いた所、友人がその場で会社(事務所?)に電話かけてくれました。

で、横にいた僕に「何人入りたいですか?」と聞かれ「3人」って返すと、その友人の分も含め「じゃあ4人でお願いします」って感じですんなり話が通り⭐

「ライブ迄にパス貰ってきますね」との事で、持つべきものは友だと都合良く感謝しつつ(ライブの帰りに晩御飯奢ったけどね)、僕とユウちゃんと、その友人に、もう1人の計4人で無事ライブ参戦。会場の前方はスタンディング、後方は椅子有り関係者席だったので、ガンガン前に攻め、ほぼ前から3〜4列目で激しくライブを堪能出来たのでした🌟🌟🌟

 

このゲストパス⬇⬇⬇本当は関係者受付で渡さなきゃいけないんだけど、「記念に貰ってもいいですか?」って受付のお姉さんに聞いたら、「全然いいですよw」って快く頂けました☆

f:id:k_sakashita:20190716214318j:plain

f:id:k_sakashita:20190716214331j:plain

プロモーションライブなのに、通常のライブと変わらない内容でガッツリやってくれてます😍😍😍  

f:id:k_sakashita:20190716214424j:plain

f:id:k_sakashita:20190716214452j:plain

その次の2001年の渋公はユウちゃんと2人だったので、今回はブラッククロウズ ではないけど、リッチ・ロビンソン見るの3回目になるのね。

f:id:k_sakashita:20190716214930j:plain

f:id:k_sakashita:20190716214827j:plain

f:id:k_sakashita:20190716214904j:plain

 




 

では当日のお話へ。

THE MAGPIE SALUTE JAPAN TOUR  @  YEBISU GARDEN PLACE 2019・1・8 (tue)

f:id:k_sakashita:20190108210534j:plain

てな流れなので、今回も当然ユウちゃんと2人で、お初となる恵比寿ガーデンプレイスへ。

f:id:k_sakashita:20190716145332j:plain

今回の整理番号30番だったので勿論オープン時間に会場行きました。目指せ最前列です♪ 

f:id:k_sakashita:20190108180246j:plain

かなり上手寄りだけど、なんとか最前ゲット☆ 

f:id:k_sakashita:20190108181049j:plain

体育館の様な造りのホールだね。

f:id:k_sakashita:20190108180304j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108181123j:plain


 

 

19:01 バンドが登場☆ 

f:id:k_sakashita:20190108190200j:plain

1曲目、 マグパイ・サルート1st『High Water I 』から「Walk On Water」 

ハイ・ウォーター・ワン

ハイ・ウォーター・ワン

 

1曲目から粘っこく始まるんだろうなと思いきや、新譜の中でもアップテンポで爽やかさすら感じまくる、8ビートナンバーで幕開け♪ 

f:id:k_sakashita:20190108190144j:plain

 

 

 

続く2曲目も『High Water I 』から「Take It All」

f:id:k_sakashita:20190108190612j:plain

これですね!この日はまさにこのノリを聞きにきたのです!

f:id:k_sakashita:20190108190810j:plain

お香の煙もたゆむってものです。 

f:id:k_sakashita:20190108190843j:plain

ブラック・クロウズの新曲って言われても、まったく違和感のないミドルテンポなレイドバック・ナンバー♪

f:id:k_sakashita:20190108190908j:plain

 

 

 

3曲目も『High Water I 』から「For The Wind」

f:id:k_sakashita:20190108191052j:plain

フォーキーにゆったりと始まるAメロから、

f:id:k_sakashita:20190108191147j:plain

ロッキンに展開するBメロからサビ。

f:id:k_sakashita:20190108191131j:plain

いわゆるロビンソン節な楽曲♪

f:id:k_sakashita:20190108191411j:plain

 

 

 

4曲目も『HIGH WATERⅠ』から「Open Up」

f:id:k_sakashita:20190108191800j:plain

ルーズにマッドに刻みつつサビで折り重なる透明感のあるコーラス。てか、マグパイさんの楽曲はどれもコーラスパートほんと多いね♪

f:id:k_sakashita:20190108191949j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108191824j:plain

 

 

 

5曲目、 この日最初のカバー曲「Every Picture Tells A Story」

f:id:k_sakashita:20190108192145j:plain

原曲は1971年に発表されたロッド・スチュワートの3rdアルバム収録のタイトル曲。

f:id:k_sakashita:20190722173642j:plain

f:id:k_sakashita:20190108192250j:plain

特にアレンジする事なく原曲まんまな

ご機嫌なロックンロールで御座いました🎶

f:id:k_sakashita:20190108192236j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108192504j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108192436j:plain

 

 

 

6曲目、 「Had To Cry Today 」

f:id:k_sakashita:20190108192833j:plain

ロッドの楽曲から始まったカバータイム。

続いてはブラインドフェイスです♪ エリック・クラプトンジンジャー・ベイカースティーヴ・ウィンウッド、リック・グレッチからなるスーパーグループです☆

アルバムは1枚だけの短命に終わったバンドだけどね★

f:id:k_sakashita:20190722184551j:plain

f:id:k_sakashita:20190108192912j:plain

こちらもアレンジはほぼ原曲通りだったね♪

非常にハマっている楽曲です。まぁ自分達のルーツなんだろうから、ハマるのは当然なんだけど。

f:id:k_sakashita:20190108193131j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108193415j:plain




7曲目、 「The Vulture 」

f:id:k_sakashita:20190108193625j:plain

続くカバー曲はマーク・フォード自身のバンド”MARC FORD & THE NEPTUNE BLUES CLUB”の楽曲♪

f:id:k_sakashita:20190724224051j:plain

2016年作品のタイトルナンバー♪

勿論マーク自身が歌います♪

f:id:k_sakashita:20190108193633j:plain

The Vulture

The Vulture

 

ディランやトム・ウェイツ よろしく語り部的な歌い出しから始まったAメロ。全体的にマイナーコード主体の楽曲だけど、力強くもあった♪

f:id:k_sakashita:20190108193741j:plain




8曲目、 「Oh Sweet Nuthin’」

f:id:k_sakashita:20190108194202j:plain

リッチがメインボーカルを努めたのは、”VELVET UNDERGROUND”の’70/4th『Loaded 』からの楽曲♪

f:id:k_sakashita:20190727141219j:plain

f:id:k_sakashita:20190108194247j:plain

自分達のオリジナルにせよ、カバーにせよ、今回のマグパイさんはフロントマン全員参加型のコーラスワークが非常に目立ったね。優々しく重なりをみせるコーラスは、どの曲でもとても心地良しでした。

f:id:k_sakashita:20190108194505j:plain

あ、ヴェルヴェット〜のカバーは原曲通りでした♪

f:id:k_sakashita:20190108194621j:plain

 

 

 

9曲目、 『HIGH WATERⅠ』から「You Found Me」

f:id:k_sakashita:20190108195121j:plain

リッチ、マーク、ジョン以外のメンバーは一旦捌け、ここから数曲3人で。まずは自分達のオリジナル楽曲から。

元々オリジナルもフォーキーな楽曲だけど、リズム隊も有りな楽曲♪ そこをギター2本だけでいったせいか、テンポもオリジナルよりも更にゆったりだったね♪

f:id:k_sakashita:20190108195015j:plain

 

 

 

10曲目、 「Girl From The North Country 」

f:id:k_sakashita:20190108195551j:plain

お次はリッチがボーカルを努めた、ディランのカバー曲。

’63/2nd『 The Freewheelin' Bob Dylan』から邦題「北国の少女」

f:id:k_sakashita:20190728144451j:plain

f:id:k_sakashita:20190108195735j:plain

アレンジはまんまなんだけど、マークのギターが本家以上に良い仕事してました♪

f:id:k_sakashita:20190108195855j:plain

 

 

 

11曲目、 「Lay It All On Me」

f:id:k_sakashita:20190108200149j:plain

この日初のブラッククロウズ・ナンバー♪’01/6th『Lions』から。ピアノとボーカルが同時に入る本家の歌い出しに対し、マグパイ・バージョンはリッチのギターとボーカルからスタート♪

f:id:k_sakashita:20190108200333j:plain

リッチとジョンのダブルボーカルで曲が進行♪

マークのボトルネックのオブリがまたまた良い仕事をしつつ、AメロBメロサビを2回繰り返し、3回目のAメロ終わりBメロに転調するタイミングでバンドも参加♪

f:id:k_sakashita:20190108200504j:plain

鍵盤とリズム隊がBメロ鳴らしている間に、リッチとマークもエレキに持ち替え♪

f:id:k_sakashita:20190108200533j:plain

後半はバンドバージョンで♬

f:id:k_sakashita:20190108200611j:plain

本家のドラムはブラシだけど、この時は通常のスティックだったね〜♪(ドラマーの画像無しにて悪しからず😞)

f:id:k_sakashita:20190108200655j:plain

 

 

 

12曲目、 『HIGH WATERⅠ』から「High Water」

f:id:k_sakashita:20190108200939j:plain

この曲初めて聞いた時は、リッチが今まで培って来た物を、更に少し前に進められた気がしました。まぁ同じ路線と言えば同じではあるんだけど、ニュアンスがね、閃いたと言うか、舞い降りて来たと言うか・・・聞いててそんな気がしました☆

f:id:k_sakashita:20190108201215j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108201523j:plain

 

 

 

13曲目、 「Dreams」

f:id:k_sakashita:20190108202031j:plain

原曲はオールマン・ブラザーズ・バンド

’69/1st『The Allman Brothers Band』に収録♪

f:id:k_sakashita:20190730183757j:plain

f:id:k_sakashita:20190108202459j:plain

全体的にレスリースピーカーから放たれるまどろみが心地良い楽曲♪ アレンジは原曲通りでした♪

f:id:k_sakashita:20190108202522j:plain

因みにレスリースピーカーとは、最初はロータリースピーカーとして世に出て来た物で、高音部用のホーンと、低音部用のローターを、モーターで別々に回転させてコーラス効果を発生させ、音に広がりを与える仕組みをもったスピーカーで、ドン・レスリーが開発し、レスリー・ユニット(通称レスリー・スピーカー)という名称で発売されていましたが、この名称が代名詞として一般化しています。上の画像でリッチの左側にある四角い箱がレスリーです。

f:id:k_sakashita:20190108202658j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108202850j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108202343j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108203117j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108203330j:plain

 

 

 

14曲目、「Horsehead」

f:id:k_sakashita:20190108203414j:plain

ブラッククロウズ '99/5th『By Your Side』からの楽曲♪

f:id:k_sakashita:20190108203451j:plain

原曲が最高にクールなのでアレンジは勿論まんまなんだけど、何故かサビでのとても印象的なコーラスは無し。 ここまで散々素敵なコーラスワークみせといて、何故この楽曲だけ? ジョンが1人でメインもバックコーラスもまかなってましたw

f:id:k_sakashita:20190108203556j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108203727j:plain

 

 

 

15曲目、 「Good Morning Captain」

f:id:k_sakashita:20190108203845j:plain

ブラッククロウズ '09/8th『Before the Frost...』から♪

f:id:k_sakashita:20190108203906j:plain

リッチがメインボーカル♪ ミドルテンポで牧歌的な香りのする、ストーンズフェイセズの系譜な楽曲♬

f:id:k_sakashita:20190108203937j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108203956j:plain

 

 

 

ここで一旦ステージを後にし、アンコールに行く予定だったみたいだけど、リッチのMCで、「この雰囲気を壊したくないから、アンコールでやる予定の曲をこのままやるよ」的なニュアンスの事言ってました(たぶんw)。

f:id:k_sakashita:20190108204252j:plain

て事で16曲目、 「Thorn In My Pride」

f:id:k_sakashita:20190108204424j:plain

ブラッククロウズ '92/2nd『The Southern Harmony And Musical Companion』から♪

f:id:k_sakashita:20190108204454j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108204436j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108204515j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108204613j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108204425j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108204800j:plain




この日最後の曲となった17曲目、

『HIGH WATERⅠ』から「Send Me An Omen」

f:id:k_sakashita:20190108204954j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108205002j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108205019j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108205043j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108205202j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108205211j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108205302j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108205343j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108205543j:plain

20:55 演奏終了☆☆☆

 

 

f:id:k_sakashita:20190108205550j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108205551j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108205600j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108205601j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108205612j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108205957j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190108210000j:plain 

1. Walk On Water
2. Take It All
3. For The Wind
4. Open Up
5. Every Picture Tells A Story (ROD STEWART)
6. Had To Cry Today (BLIND FAITH)
7. The Vulture (MARC FORD & THE NEPTUNE BLUES CLUB)
8. Oh Sweet Nuthin’ (VELVET UNDERGROUND)
9. You Found Me
10.Girl From The North Country (BOB DYLAN)
11.Lay It All On Me (THE BLACK CROWES『Lions』収録)
12.High Water
13.Dreams (ALLMAN BROTHERS BAND)
14.Horsehead (THE BLACK CROWES『By Your Side』収録)
15.Good Morning Captain (THE BLACK CROWES『Before The Frost』収録)
16.Thorn In My Pride (THE BLACK CROWES『Southern Harmony〜』収録)
17.Send Me An Omen

 

こちら⬇⬇⬇は僕が行った日のセトリ画像。

セトリ貰えてたお客さんいたので、写真撮らせて頂きました。

f:id:k_sakashita:20190108205819j:plain

 

 

さてさて、何度目かの兄弟喧嘩中のリッチの新バンドでしたが、まぁ彼がやるバンドに間違いはないと言うか、あれをただただ極めようとしている方なので、まったくもって不安のないステージでしたねw またいつの日か兄と一緒に来る日もあるのか? あるに違いないと思いつつ、その都度その都度の形態で楽しまして頂ければ、何も不満は御座いませんw

 

今回の3公演、それぞれかなり内容変わってたので、別日のセトリも付け加えておきます。この辺好きな方には堪らないカバー目白押しだね☆
  

<2019/1/7 恵比寿ガーデンホール>

1. High Water
2. Omission
3. Mary The Gypsy
4. For The Wind
5. Rollin’ Over (SMALL FACES 『Ogden's Nut Game Flake』1968)
6. Look Out Cleveland (THE BAND 『The Band』1968)
7. Old Lady Sunrise (MARC FORD & THE NEPTUNE BLUES CLUB 『The Vulture』2016)
8. What Is Home (THE BLACK CROWES『Before The Frost』2009)
9. Sister Moon
10.Cristine’s Tune (FLYING BURRITO BROTHERS『The Gilded Place Of Sin』1969) 
11.Nonfiction (THE BLACK CROWES『Amorika』1994)
12.Take It All
13.Laila PT.ll (AGITATION FREE『Second』1973)
14.Can You See
15.Ballad In Urgency (THE BLACK CROWES『Amorika』1994))
16.Wiser Time (THE BLACK CROWES『Amorika』1994))
17.My Morning Song (THE BLACK CROWES『Southern Harmony』1992)
18.Send Me An Omen

 

<2019/1/9 大阪BIG CAT SETLIST>
1. High Water
2. Mary The Gypsy
3. Omission
4. For The Wind
5. Comin Home(Delaney & Bonnie『ON TOUR WITH ERIC CLAPTON』1970 )
6. I Know I’m Losing You(The Temptations / Faces etc)
7.Smoke Signals (Marc Ford 『Weary And Wired』2007)
8.Yesterday I Saw You(Rich Robinson『Paper』2004)
9. Sister Moon
10. You Don’t Have To Cry(Crosby, Stills & Nash『Crosby, Stills & Nash』1969)
11.Josephine (THE BLACK CROWES『Warpaint』2008)
12.Take It All
13.Custard Pie(Led Zeppelin『Physical Graffiti』1975)
14.Can You See
15.Halfway To Everyone (THE BLACK CROWES『Three Snakes and One Charm』1995)
16.She Gave Good Sunflower (THE BLACK CROWES『Amorika』1994))
17.Soul Singing (THE BLACK CROWES『Lions』2001)
18.Send Me An Omen 

 

 

 

 


The Magpie Salute "Omission"

 

 

 

ではでは今回はこんな感じで、

また次回までご機嫌よ〜(*´∀`)ノ PEACE!!

 

 

Bon Jovi @ Tokyo Dome 2018

 

 

ボン・ジョヴィ 5年振りの来日公演☆

 

 

 

f:id:k_sakashita:20190609125123j:plain

 

◎Bon Jovi @ Tokyo Dome 2013 - さかしたBLOG

 

 

【東京】
2018年11月26日(月) @ 東京ドーム
開場 17:30/開演 19:00

【大阪】
2018年11月27日(火) @ 京セラドーム大阪
開場 17:30/開演 19:00

 

 

来日通算101回目となる今回の東京ドーム公演。

では早速当日のお話へ。 

 

 

 

BON JOVI THIS HOUSE IS NOT FOR SALE TOUR @ Tokyo Dome 2018・11・26 (mon)

f:id:k_sakashita:20181126182428j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126182520j:plain

11ゲート前にてユウちゃん、ユカリちゃんと合流し、3人でアリーナへ。

f:id:k_sakashita:20181126183839j:plain

今回の席はB1ブロック。現在位置からすぐだw

f:id:k_sakashita:20190612152745j:plain

席に着いてステージ見るとこんな感じ。ステージ後方のスクリーン、半分しか見えない★ まぁいつも良い席取れるわけではないので、今回はここで存分に楽しむだぜ〜😁

f:id:k_sakashita:20181126184052j:plain

ちょっとステージまで距離があるので、例によってステージ両サイドにあるスクリーンを写した画像を多用していきますね。

 

 

 

18時58分、まさかの2分巻きで場内暗転☆ 

スクリーンに日の丸が浮かび、

f:id:k_sakashita:20181126185855j:plain

光のカタマリが日本上空から富士山⇨渋谷⇨東京ドームへと走り、

f:id:k_sakashita:20181126185939j:plain

f:id:k_sakashita:20181126185950j:plain

最新アルバム『This House Is Not for Sale』のジャケットを飾るハウスが浮かび、

f:id:k_sakashita:20181126190018j:plain

 

ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール(通常盤)

ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール(通常盤)

 

 バンドが登場☆

f:id:k_sakashita:20181126190042j:plain

1曲目 2016年11月に発表された最新アルバム『This House Is Not for Sale』からタイトル曲「This House Is Not for Sale」

f:id:k_sakashita:20181126190052j:plain

デビュー以来、32年間所属していたMercury Recordsから離れ、最初に発表されたのがこのアルバム。そしてアルバム発表後、’94から長らくサポートメンバーだったベーシストのヒュー・マクドナルドと、2014年にバンドを離れたリッチーの代役ギタリスト、フィル・X。 

この2人が正式メンバーとなり、このタイトル曲には、まだまだこの先続くであろう自身のバンドの、重要な転換期への並々ならぬ思いが込められており、そんな覚悟のかたまりの楽曲で幕開けなのです!!

 

 

 

2曲目 '86/3rd『Slippery When Wet』から「Raise Your Hands」

f:id:k_sakashita:20181126190636j:plain

並々ならぬ覚悟で重々しくも高揚感を伴う幕開けの後は、

一気にあの爆進し始めた時代にタイムスリップ🎶

f:id:k_sakashita:20181126190827j:plain

そりゃ皆のテンションも上がるよね〜😁

f:id:k_sakashita:20181126191002j:plain

Raise Your Haaaands♬

f:id:k_sakashita:20181126191030j:plain

因みに今回のパーカッション担当は、ブルース・スプリングスティーンのE・ストリートバンドに所属のエヴァーレット・ブラッドレイ。1997年のソロ来日時にも同行しております。

f:id:k_sakashita:20181126191027j:plain

 



ジョンのMC「コンバンハ TOKYO!! 5年も間が空いたのは長かったけど、戻って来られて嬉しいよ!」から、
続く3曲目も『Slippery When Wet』from「You Give Love A Bad Name」🎶

f:id:k_sakashita:20181126191320j:plain

全体的にタメながら歌ってたジョン。

f:id:k_sakashita:20181126191348j:plain

キメのコーラスをお客さんに振る場面も度々。

f:id:k_sakashita:20181126191558j:plain




4曲目  '07/10th『Lost Highway』から「Whole Lot of Leavin’」

f:id:k_sakashita:20181126191719j:plain

バスドラが刻む8分にジョン・シャンクス(2005年の『Have A Nice Day』からプロデューサーとして参加。これ以降全てのアルバムに関わる。ギタリストとして2015年のツアーからステージにも立つ。)の爪弾くスリーフィンガーがかぶさり曲がスタート♪

f:id:k_sakashita:20181126191720j:plain

派手さはないけど、緩やかに少しづつ上がるメロディは秀逸♪

f:id:k_sakashita:20181126191834j:plain

 

 

 

5曲目も『Lost Highway』から「Lost Highway」

f:id:k_sakashita:20181126192100j:plain

いつものタカミネのアコギ(EF341SCかな?)抱え、

Aメロは8分でルート刻み、Bメロとサビはコードかき鳴らすってプレイスタイルのジョンでした♪

f:id:k_sakashita:20181126192117j:plain

 

 

 

「みんなを旅に連れていくよ」のMCから、

ジョンが芝居かかった動作で西暦を遡り始めるw

「〜1987年、86年、85年、84年、1983年! ストップ!」

そして当時ラジオ局のサンプル盤に曲が収録されるまでのすったもんだが少し語られ、

6曲目 '84/1st『夜明けのランナウェイ』から「Runaway」

f:id:k_sakashita:20181126192718j:plain

デヴィッド・ブライアンのあのリフで曲がスタート♪

f:id:k_sakashita:20181126192614j:plain

 やはり初めて聞いた彼等の曲が演奏されると、かなりこみあげてくるものはあります☆

f:id:k_sakashita:20181126193119j:plain

ティコ非常にタイトです! ずっと良いです! 

f:id:k_sakashita:20181126192800j:plain

 

 

 

7曲目 新譜『This House Is Not for Sale』から「Roller Coaster

f:id:k_sakashita:20181126193349j:plain

「Roller〜 Coaster〜♪」ってシンプルなサビだけど、結構脳内に残り続けてしまうw

f:id:k_sakashita:20181126193423j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126193546j:plain

 

 

 

2018年、バンドがロックの殿堂入りを果たしたことが告げられ8曲目『This House Is Not for Sale』から「When We Were Us」

f:id:k_sakashita:20181126193751j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126193828j:plain




9曲目 '88/4th『New Jersey』から「Born to Be My Baby」

f:id:k_sakashita:20181126194133j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126194228j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126194230j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126194232j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126194311j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126194553j:plain




10曲目 '00/7th『Crush』から「It’s My Life」

f:id:k_sakashita:20181126194700j:plain

フィルのトーキングモジュレーターから幕開けとなると、それは数曲に絞られるわけで。2秒でタイトルが判明しちゃう曲なんだけど、「Born to Be 〜」から「It’s My Life」なんて続いちゃうと皆さんの体温は7800°まで上昇してしまうわけですw

f:id:k_sakashita:20181126194800j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126194809j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126194857j:plain




11曲目 『This House Is Not for Sale』から「God Bless This Mess」

f:id:k_sakashita:20181126195147j:plain

明らかに新しい曲の方が良く歌えているのは、

現在のジョンのキーに合わせて無理なく作られているからなのか!? 

まぁ・・・どう考えてもそうだよねぇ・・・

f:id:k_sakashita:20181126195150j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126195156j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126195409j:plain




12曲目 '15/13th『Burning Bridges』から「We Don’t Run」

f:id:k_sakashita:20181126195558j:plain

 疾走感もありつつフックも効いていてカッコいい楽曲♪

f:id:k_sakashita:20181126195618j:plain

あとはもうちょい印象的なリフがあれば尚良しなのだがw 

f:id:k_sakashita:20181126195745j:plain




13曲目 '92/5th『Keep the Faith』から「Keep the Faith」

f:id:k_sakashita:20181126200013j:plain

終始動き回っていたジョンもそうだけど、メンバー皆が演奏を楽しんでいたのは、とても伝わって来たな〜😁

f:id:k_sakashita:20181126200115j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126200117j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126200457j:plain




14曲目も『Keep the Faith』から「Bed of Roses」

f:id:k_sakashita:20181126200901j:plain

ステージ後方スクリーン、無数のキャンドルに火が灯り、名バラードがスタート♪

f:id:k_sakashita:20181126201159j:plain

ジョンも花道最前まで出てきて熱唱♪

f:id:k_sakashita:20181126201212j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126201232j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126201235j:plain

 

 

 

15曲目 『New Jersey』から「Lay Your Hands on Me」

f:id:k_sakashita:20181126201755j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126201811j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126201847j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126202025j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126202208j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126202236j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126202329j:plain




16曲目 '05/9th『Have A Nice Day』から「Who Says You Can’t Go Home」

f:id:k_sakashita:20181126202635j:plain

まずはアコースティックのみでAメロBメロサビまでひとまわしし、バンドも参加♪

f:id:k_sakashita:20181126202736j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126203030j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126203317j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126203321j:plain

曲終わり、ジョンの「Tico! Give me a beat!!」で、今回の公演で初の曲繋ぎ(もうちょいあってもいいと思うのだがw)、

17曲目 『Keep the Faith』から「I’ll Sleep When I’m Dead」

f:id:k_sakashita:20181126203402j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126203423j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126203535j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126203755j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126203758j:plain

 



「I love Japan!  I love tokyo! Thank you very much!」のMCで、本編ラストとなった18曲目は『New Jersey』から「Bad Medicine」

f:id:k_sakashita:20181126204009j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126204020j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126204022j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126204024j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126204027j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126204030j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126204245j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126204650j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126204706j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126204707j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126204709j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181126204750j:plain

 

 

 

 

 

 

 

アンコール1曲目(19曲目)
'09/11th『The Circle』から「We Weren’t Born to Follow」

f:id:k_sakashita:20181126205248j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126205149j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126205226j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126205231j:plain

 

 

 

アンコール2曲目(20曲目)、

『New Jersey』 から「Blood On Blood」

f:id:k_sakashita:20181126205604j:plain

ここに来てやや息を吹き返した感のあるジョンのボーカルw

ゴールが見えて来て気合入れ直したか!? 

f:id:k_sakashita:20181126205624j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126205800j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126205906j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126205930j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126205938j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126210101j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126210114j:plain




アンコール3曲目(21曲目)、

『New Jersey』から「I’ll Be There For You」

f:id:k_sakashita:20181126210435j:plain

バンドを代表する名バラード🎶🎶🎶

f:id:k_sakashita:20181126210440j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126210443j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126210647j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126210715j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126210724j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126211116j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126211117j:plain




アンコール4曲目(22曲目)、

『Slippery When Wet』から「Wanted Dead or Alive

f:id:k_sakashita:20181126211154j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126211257j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126211437j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126211513j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126211518j:plain

 

 

 

この日ラストとなったアンコール5曲目(23曲目)、
『Slippery When Wet』から「Livin’ on a Prayer

f:id:k_sakashita:20181126211758j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126211811j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126211821j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126212007j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126212024j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126212038j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126212041j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126212157j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126212251j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126212256j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126212311j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126212325j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126212334j:plain

21:23 公演終了☆☆☆

 

f:id:k_sakashita:20181126212405j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126212410j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126212431j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126212500j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181126212514j:plain 

  1.  This House Is Not for Sale
  2.  Raise Your Hands
  3.  You Give Love A Bad Name
  4.  Whole Lot of Leavin’
  5.  Lost Highway
  6.  Runaway
  7.  Roller Coaster
  8.  When We Were Us
  9.  Born to Be My Baby
 10.  It’s My Life
 11.  God Bless This Mess
 12.  We Don’t Run
 13.  Keep the Faith
 14.  Bed of Roses
 15.  Lay Your Hands on Me
 16.  Who Says You Can’t Go Home
 17.  I’ll Sleep When I’m Dead
 18.  Bad Medicine

        < encore >
 19.  We Weren’t Born to Follow
 20.  Blood On Blood
 21.  I’ll Be There For You
 22.  Wanted Dead or Alive
 23.  Livin’ on a Prayer

 

 

正直ジョンはまったく歌えてなかったですね・・・

そもそもその話は2000年くらいから言われてた事なんだけど、前回(2013年)の来日公演の時は風邪っ引き君だったのを加味して、それでも70点くらいで歌えていたように思えましたが、今回はぶっちゃけ、衰えを隠しきれない感じでした・・・

高いキーはまったく出ず、オリジナルの符割りですら歌えず、その分タメた歌いかたになってしまう・・・

 

やはり若い頃のハードなスケジュールが祟っているのでしょうか?

ただし、今回の来日の時点で56才。レジェンド世代に比べればまだまだ若く、年齢的に全盛期は超えつつも、若いと言えば全然若いほうだし、何とか巻き返して欲しい所だけど、難しいのかなぁ・・・?😅😅😅

とにかくジョンには頑張って欲しいですね。 そんな事は本人百も承知だろうけど、それでも僕らは「頑張って!」って言う事と、CD買ったり、会場に足を運んだりする事しか出来ないからね。

 

もう一度言うけど、

「頑張れジョン!!」

なのでした。

 

そして今回、それに反するかの様に、ティコのドラムがめちゃくちゃ良かった!!

勘ぐった見方だけど、自分のバンドのメンバーが思うように歌えてないのであれば、より一層自分がしっかりサポートせねば!って思ってしまうのかもね。

 

あと、今回少し残念だったのが、鍵盤のデヴィッドのソロボーカルが聞けなかった事。でもそれだって、ジョンのあのボーカルを横目に、デヴィッドが凄くいい歌声を響かせてしまったら、それはまぁ色々あるよね・・・😅

 

ん〜〜〜〜 何処かにジョンの喉を復活させてくれるすげー仙人みたいな人いないかな〜〜〜😳😳😳

 

取り敢えず、ジョンの復活は諦めずに待ちたいと思う今日この頃。

 

ではでは今回はこんな感じで、

また次回までご機嫌よ〜(´ー`)ノ PEACE!!

 

 

Paul McCartney @ Tokyo Dome 2018

 

昨年に続きポール来日❤

   

f:id:k_sakashita:20190512153748j:plain

f:id:k_sakashita:20190512153819j:plain

 

◎Paul McCartney @ Tokyo Dome 2013 - さかしたBLOG

 

Paul MaCartney @ Tokyo Dome 2015 ・ 1st Day - さかしたBLOG

 

◎Paul MaCartney @ Tokyo Dome 2015 ・ 3rd Day - さかしたBLOG

 

◎Paul MaCartney @ Budokan 2015 - さかしたBLOG

 

◎Paul MaCartney @ Tokyo Dome 2017 - さかしたBLOG

 

 

<東京> 

10月31日(水)、11月1日(木)
東京ドーム
開場 16:30 / 開演 18:30

11月5日(月)
両国国技館
開場 16:30 / 開演 18:30

 

<愛知>

11月8日(木)
ナゴヤドーム
開場 16:30 / 開演 18:30

 

 

では早速当日のお話へ。

PAUL McCARTNEY FRESHEN UP JAPAN TOUR  @  Tokyo Dome 2018・11・1 ( thu )

f:id:k_sakashita:20181101175539j:plain

今回は11月1日の東京ドームのみで、カツと石井社長とオサダ君の野郎4人で行って来た。各自会場内集合って事でとりあえず1人で通いなれた水道橋へ♪

 

f:id:k_sakashita:20181101175634j:plain



18:08 スモークで霞んでるアリーナに到着。

f:id:k_sakashita:20181101181007j:plain

ドーム行ってスモークの匂い嗅ぐと、条件反射で上がるね〜😆⤴⤴⤴

f:id:k_sakashita:20181101181001j:plain

 

 

今回の席はB-11ブロックの9列目。

f:id:k_sakashita:20190513222012j:plain

つまりS席だと前から9列目って事ね❤

f:id:k_sakashita:20181101180853j:plain

因みに僕達の前のA9~11ブロックは8~9万円のVIPシート🌟

f:id:k_sakashita:20181101180854j:plain

前回迄と同様に、今回も鳴チョ師匠がチケットを手配してくれましたが、残念ながら鳴チョ師匠は今回はスケジュールの都合で来られずでした。鳴チョ師匠、毎回ありがとうございます。m(_ _)m

 


 自分の席あたりからステージ見るとこんな感じ。

f:id:k_sakashita:20181101181207j:plain

18500円の席だと前から9列目で通路沿いなのでほぼセンターのグッドシートだけど、ステージまではかなりの距離を感じてしまう。武道館だと丁度真ん中くらいか。恐るべし東京ドーム・・・てか、自分でなんか絶対こんな良席取れないのに、慣れってのが一番恐いやねw

 

近年すっかりレギュラーDJのクリス・ホームズさん♪

f:id:k_sakashita:20181101181340j:plain

 

 

そして時間は18:25。開演予定時刻より5分巻でステージ両サイドのスクリーンにポールヒストリーのコラージュ画像が流れ始める。

開演18:30のアナウンスだけど、18:30にポールが出てくるワケではなく、毎回開演時間から、このコラージュ画像が30~40分流れ、最後にヘフナー(バイオリンベース)の画像が出てくると、それがポール登場の合図なのね☆ て事で、今回のコラージュ画像はほぼ余す所なく、画像に撮ってみたので全部貼ってみる😲 まぁ普通はこう言うの、動画で見るものなんだけどねぇ・・・😒

 

下から上に上がって行くものと⬆脳内変換しながら見て下さい。

 

f:id:k_sakashita:20181101182551j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101182643j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101182726j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101182851j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101182917j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101182957j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101183008j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101183103j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101183217j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101183324j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101183441j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101183633j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101183706j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101183803j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101183948j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101184020j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101184109j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101184147j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101184225j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101184301j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101184338j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101184424j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101184502j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101184541j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101184623j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101184656j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101184732j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101184833j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101184918j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101184951j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185301j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185348j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185415j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185437j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185445j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185452j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185456j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185508j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185457j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185509j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185518j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185533j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185548j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185551j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185556j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185602j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185603j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185605j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185608j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185611j:plain

18:56 ポール登場!! 

f:id:k_sakashita:20181101185646j:plain

1曲目 '64/ビートルズ3rd『A Hard Day’s Night』から「A Hard Day’s Night」

f:id:k_sakashita:20181101185724j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185817j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101185825j:plain

 

 

 

2曲目 '74/ウイングス9thシングル「Junior’s Farm」

f:id:k_sakashita:20181101185942j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101190145j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101190124j:plain




3曲目 '64/ビートルズ3rd『A Hard Day’s Night』から「Can’t Buy Me Love」

f:id:k_sakashita:20181101190317j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101190335j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101190428j:plain

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181101190546j:plain

f:id:k_sakashita:20181101190556j:plain

4曲目 '75/ウイングス4th『Venus and Mars 』から「Letting Go/ワインカラーの少女」

f:id:k_sakashita:20181101190612j:plain

個人的にはポールのステージでこの曲聞くのは初めてだっけな!?

f:id:k_sakashita:20181101190939j:plain

今回のポールのツアーで、今までと全く異なる事がひとつあり、それはホーンセクションの参加なのだ🎺🎷🎺!!

 

そしてこの曲でホーンセクションの3人が突然アリーナの通路に出現!!(まぁ通路沿いの方は気づいてただろうけどw)

f:id:k_sakashita:20181101191037j:plain

 




5曲目 '18/ポール15th『Egypt Station』から「Who Cares」 

f:id:k_sakashita:20181101191152j:plain

2018年9月に発表された5年振りとなるニューアルバムから🎶

エジプト・ステーション(通常盤)

エジプト・ステーション(通常盤)

 

f:id:k_sakashita:20181101191200j:plain

 

 

 

6曲目 '66/ビートルズ7th『Revolver』から「Got To Get you Into My Life」

f:id:k_sakashita:20181101191701j:plain

今までのツアーでホーンセクションパートがある楽曲は、鍵盤のポール・“ウィックス”・ウィケンズのシンセでまかなわれていたんだと思うけど、ツアーにホーンセクションがレギュラーで帯同するのは、おそらくポールのツアーでは初であり、前回までと曲が入れ替わる物があるとすれば、ホーンセクションパートのある楽曲てのが、今回のポイントなんだろうね🎺🎷🎺

f:id:k_sakashita:20181101191455j:plain

そんなわけで、通路からステージに移動したホーンセクションの3人により、いつもよりも生々しくなった「Got To Get you Into My Life」はとても良いのでありました♪

f:id:k_sakashita:20181101191704j:plain

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181101191757j:plain

7曲目 新譜『Egypt Station』から「Come On To Me」

f:id:k_sakashita:20181101191812j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101191828j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101191929j:plain

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181101192216j:plain

ジャケット脱ぎレスポールに持ち替え、

f:id:k_sakashita:20181101192222j:plain

8曲目 '73/ウイングス3rd『Band On The Run』from「Let Me Roll It」

f:id:k_sakashita:20181101192244j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101192525j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101192735j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101192823j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101192905j:plain 

f:id:k_sakashita:20181101192921j:plain 

f:id:k_sakashita:20181101192923j:plain 

f:id:k_sakashita:20181101192928j:plain

 

 

 

9曲目 '70/ビートルズ12th『Let It Be』から「I’ve Got A Feeling」

f:id:k_sakashita:20181101193018j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101193253j:plain

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181101193537j:plain

10曲目 '76/ウイングス5th『Wings at Speed of Sound 』から「Let ‘Em In/幸せのノック」

f:id:k_sakashita:20181101193608j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101193812j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101193905j:plain

 

 

 

 

11曲目 '12/ポール14th『Kisses On The Bottom』から「My Valentine」

f:id:k_sakashita:20181101194158j:plain

奥さんナンシーに書いた楽曲☆

f:id:k_sakashita:20181101194354j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101194443j:plain

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181101194508j:plain

12曲目 ウイングス『Band On The Run』から「Nineteen Hundred And Eighty Five」

f:id:k_sakashita:20181101194549j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101194602j:plain

すごくどうでもいい話なんだけど、この曲の時にポールが自分の手で作るウイングスのマークの写真が1度も撮れた事がない・・・

f:id:k_sakashita:20190516160827j:plain

⬇これね・・・ほんとどうでもいいんだけどw

(これはyou tubeで探して撮った画像です)

f:id:k_sakashita:20190516155949j:plain

 

 

 

13曲目  '70/ポール1st『McCartney』から「Maybe I’m Amazed」

f:id:k_sakashita:20181101195006j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101195124j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101195154j:plain

 



f:id:k_sakashita:20181101195450j:plain

14曲目 '65/ビートルズ11thシングル「We Can Work It Out」

f:id:k_sakashita:20181101195533j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101195652j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101195704j:plain

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181101195758j:plain

f:id:k_sakashita:20181101195804j:plain

f:id:k_sakashita:20181101195813j:plain

f:id:k_sakashita:20181101195819j:plain

15曲目 バンド名がビートルズになる前のザ・クオリーメン(The Quarry Men)時代の1958年にレコーディングされたナンバー「In Spite Of All The Danger」

f:id:k_sakashita:20181101195851j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101195937j:plain

 

 

 

16曲目 '63/ビートルズ3rdシングル「From Me To You」

f:id:k_sakashita:20181101200243j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101200258j:plain

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181101200459j:plain

※MC画像を全部貼ると18枚に分かれるので、まとめますw

僕たちが最初にレコーディングした曲は、アビーロードスタジオで、ジョージ・マーティンとレコーディングした「Love Me Do」だった。普通に最初は歌って、ハーモニカが入るんだけどね、ジョージ・マーティンは最初のテンポで入って欲しいと言ったんだ。でもジョン・レノンは歌えなかった。で、「ポール、君が歌って」と。

まぁいいよって答えた。でも緊張してて、すごく怖かった。歌ったことがなかったからね。 

今レコードを聞くと、まだ声が震えているのがわかる。 聞いてみてね。

今晩は大丈夫だよ!

f:id:k_sakashita:20181101200625j:plain

17曲目 '62/ビートルズ1stシングル「Love Me Do

f:id:k_sakashita:20181101200658j:plain

ちょっと今回のMCの内容だけだと、いまいち詳細がわかんないけど、こう言う事かな?
この曲は、G7とCコードを基調としているが、ミドルエイトのみDに移るというコード進行となっている。ジョンが演奏したブルージーかつドライなハーモニカのリフから始まり、ジョンとポールによるツイン・ボーカルが加わってくる。なお、フレーズの最後の「Love me do」の部分は当初ジョンが歌っていたが、フレーズに重なる形でハーモニカのパートが追加されたため、ハーモニカを演奏するジョンではなくポールがこの部分を歌うことになった。 

wikipediaよりー

f:id:k_sakashita:20181101200814j:plain

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181101200935j:plain

f:id:k_sakashita:20181101200943j:plain

f:id:k_sakashita:20181101200945j:plain

f:id:k_sakashita:20181101200953j:plain

18曲目 '68/ビートルズ9th『The Beatles (White Album)』から「Blackbird」

f:id:k_sakashita:20181101201039j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101201116j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101201259j:plain

 



f:id:k_sakashita:20181101201326j:plain

19曲目  '82/ポール4th『Tug of War』 から「Here Today」

f:id:k_sakashita:20181101201428j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101201525j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101201544j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101201554j:plain




20曲目 '13/ポール14th『New』から「Queenie Eye」

f:id:k_sakashita:20181101201645j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101201654j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101201754j:plain




21曲目 '68/ビートルズ17thシングル「Lady Madonna

f:id:k_sakashita:20181101202043j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101202131j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101202240j:plain




22曲目  '66/ビートルズ7th『Revolver』から「Eleanor Rigby」

f:id:k_sakashita:20181101202332j:plain

歌い出しで突然止まり、

f:id:k_sakashita:20181101202405j:plain

f:id:k_sakashita:20181101202414j:plain

上手にコーラスでいたドラマーのエイブのおどけたリアクション見てたら、演出ではなく、ほんとに間違ってしまったように見えたかなw

f:id:k_sakashita:20181101202516j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101202622j:plain

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181101202659j:plain

f:id:k_sakashita:20181101202745j:plain

23曲目 新譜『Egypt Station』から「Fuh You」

f:id:k_sakashita:20181101202815j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101203037j:plain

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181101203217j:plain

24曲目 '67/ビートルズ8th『Sgt.Pepper’s Lonely Hearts Club Band』から「Being For The Benefit Of Mr. Kite」

f:id:k_sakashita:20181101203236j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101203347j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101203441j:plain

 



f:id:k_sakashita:20181101203524j:plain

ウクレレだよ。みんな知ってるかな? ジョージ・ハリスンが上手かったんだ。 ジョージに拍手を!

ジョージの家に行って、一緒にウクレレを弾いて彼に言ったんだ。君の曲を覚えたよって。 その曲をみんなに演奏したい。
25曲目 '69ビートルズ11th『Abbey Road』から「Something」

f:id:k_sakashita:20181101203622j:plain

ジョージのために☆

f:id:k_sakashita:20181101203831j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101203850j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101203904j:plain

 



f:id:k_sakashita:20181101204022j:plain

f:id:k_sakashita:20181101204030j:plain

f:id:k_sakashita:20181101204051j:plain

26曲目 '63/ビートルズ2nd『The Beatles (White Album)』から「Ob-La-Di, Ob-La-Da」

f:id:k_sakashita:20181101204318j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101204426j:plain

 

 

 

27曲目 ウイングス『Band On The Run』から「Band On The Run」 

f:id:k_sakashita:20181101204459j:plain

毎回一番テンション上がる曲😍😍😍

f:id:k_sakashita:20181101204619j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101204802j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101204803j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101204913j:plain




28曲目 『The Beatles (White Album)』から「Back In The USSR

f:id:k_sakashita:20181101205027j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101205111j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101205203j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101205250j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101205350j:plain

f:id:k_sakashita:20181101205356j:plain






29曲目 '70/ビートルズ12th『Let It Be』から「Let It Be」

f:id:k_sakashita:20181101205418j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101205448j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101205533j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101205612j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101205614j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101205618j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101205750j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101205752j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101205815j:plain

 

 

 

30曲目 '73/ウイングス5thシングル「Live And Let Die」

f:id:k_sakashita:20181101205843j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101205851j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101205900j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101205911j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101205920j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101210013j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101210100j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101210125j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101210141j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101210151j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101210212j:plain

 



本編ラストとなったのは、
31曲目 '68/ビートルズ18thシングル「Hey Jude

f:id:k_sakashita:20181101210402j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101210427j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101210447j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101210456j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101210639j:plain

前回、前々回とキョードー東京さんのサプライズ演出に参加出来たけど、今回は遭遇しなかったのだ。両国あたりで何かあったのかな?

とは言いつつ、「Let It Be」では皆さん自発的にスマホのライトを掲げ、「Hey Jude」ではスマホのライトに加え、サビで<NA>と書いた物を掲げ、随分盛り上がったけどね☆

f:id:k_sakashita:20181101210659j:plain

もちろん僕も今回一緒に行く皆の分を用意。準備万端で参加なのだ☆

f:id:k_sakashita:20181101134506j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101210706j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101210818j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101210913j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101210918j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101211001j:plain

21:10 本編終了☆

f:id:k_sakashita:20181101211025j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101211032j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101211036j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101211051j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181101211151j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181101211318j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101211323j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101211333j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101211343j:plain

いつもの寸劇からw

f:id:k_sakashita:20181101211408j:plain

 

 

 

アンコール1曲 (32曲目)、

'63/ビートルズ1st『Please Please Me』から「I Saw Her Standing There」

f:id:k_sakashita:20181101211448j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101211458j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101211511j:plain

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181101211802j:plain

アンコール2曲目(33曲目)、

'67/ビートルズ8th『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』から「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band(Reprise)」

f:id:k_sakashita:20181101211814j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101211839j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101211911j:plain

 

 

 

アンコール3曲目(34曲目)、

'68/ビートルズ9th『The Beatles(ホワイト・アルバム)』から「Helter Skelter」

f:id:k_sakashita:20181101211932j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101212112j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101212131j:plain

 

 

 

「Helter Skelter」終了後、こんな一幕あり😁

f:id:k_sakashita:20181101212347j:plain

f:id:k_sakashita:20181101212354j:plain

f:id:k_sakashita:20181101212406j:plain

f:id:k_sakashita:20181101212424j:plain

f:id:k_sakashita:20181101212432j:plain

f:id:k_sakashita:20181101212439j:plain

f:id:k_sakashita:20181101212515j:plain

メッセージボードにポールがサイン!!

f:id:k_sakashita:20181101212528j:plain

f:id:k_sakashita:20181101212545j:plain

東京ドームのポールのステージの上でプロポーズなんて、凄い事だよね!ポールが神父さん役みたいだし。末永くお幸せにです☆

f:id:k_sakashita:20181101212618j:plain

f:id:k_sakashita:20181101212627j:plain

f:id:k_sakashita:20181101212631j:plain

f:id:k_sakashita:20181101212648j:plain

f:id:k_sakashita:20181101212700j:plain

f:id:k_sakashita:20181101212708j:plain

この日最後の曲となったのは、

'69/ビートルズ11th『Abbey Road』から「Golden Slumbers/Carry That Weight/The End」

f:id:k_sakashita:20181101212720j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101212917j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101212923j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213049j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213052j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213106j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213111j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213121j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213124j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213132j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213139j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213150j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213214j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213253j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213255j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213312j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213316j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213335j:plain

21:33 公演終了☆☆☆

 

 

f:id:k_sakashita:20181101213349j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213350j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213405j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213411j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213416j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213438j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213448j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181101213453j:plain 

   1.  A Hard Day’s Night
   2.  Junior’s Farm
   3.  Can’t Buy Me Love
   4.  Letting Go
   5.  Who Cares
   6.  Got To Get you Into My Life
   7.  Come On To Me
   8.  Let Me Roll It
   9.  I’ve Got A Feeling
 10.  Let ‘Em In
 11.  My Valentine
 12.  Nineteen Hundred Eighty-Five
 13.  Maybe I’m Amazed
 14.  We Can Work It Out
 15.  In Spite Of All The Danger
 16.  From Me To You
 17.  Love Me Do
 18.  Blackbird
 19.  Here Today
 20.  Queenie Eye
 21.  Lady Madonna
 22.  Eleanor Rigby
 23.  Fuh You
 24.  Being For The Benefit Of Mr. Kite!
 25.  Something
 26.  Ob-La-Di, Ob-La-Da
 27.  Band On The Run
 28.  Back In The U.S.S.R.
 29.  Let It Be
 30.  Live And Let Die
 31.  Hey Jude

       < encore >

 32.  I Saw Her Standing There
 33.  Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (reprise)
 34.  Helter Skelter
 35.  Golden Slumbers/Carry That Weight/The End

 

2時間37分、35曲のステージ!! 1曲が3~4分とは言え、35曲!!毎回2時間半を超えるステージ!!そして常にお客さんへの感謝とサービスを忘れないポール!!最早音楽の神の域!!あのビートルズのポールが今なお限界ギリギリまで全力でステージに立ち続け、演奏し続け、歌い続けている姿は神々しく、とても美しいのであります!! 決して毎回見逃したくはないのです!!でも出来ればポールとリンゴがここ日本で同じステージに立つのを見たいな〜なんて思ってしまいます。ポール今回もありがとう!!

 

終演後、カツは車だったので帰宅。石井社長、オサダ君、そして別席で見ていたドンちゃんも合流。新宿に移動し四人で打ち上がりました☆ 

f:id:k_sakashita:20181101223900j:plain

<L:オサダ君・ドンちゃん・石井社長:R> 

ドンちゃんは”ジョニクロ”ってバンドでピアノボーカルもやって〼 

www.joniqlo.com

 

 

ではでは今回はこんな感じで、

また次回までご機嫌よ〜(*゚▽゚)ノ PEACE!!

 

 

 

Def Leppard @ Budokan 2018

 

『HYSTERIA』完全再現ナイト!! 

 

 

f:id:k_sakashita:20180531174957j:plain

 

◎Def Leppard @ Budokan 2015 - さかしたBLOG

 

 

今回のデフレパードは、バンド史上 全世界2,500万枚以上のセールスを誇る最高傑作『ヒステリア』の全曲再現ライヴである「HYSTERIA & MORE」が開催されました。

  

<東京>

2018年10月24日(水)

18:00 open/19:00 start  日本武道館
<大阪>

2018年10月26日(金)

18:00 open/19:00 start  Zepp Namba
<名古屋>

2018年10月29日(月)

18:00 open/19:00 start  Zepp Nagoya 

 

 

では今回のお話へ。

今回はユウちゃんと2人でだったけど、キーちゃんも追加参戦(別席だけど)とりあえず3人で待ち合わせして武道館へ。

武道館手前の物販テントが凄い人の数(柵の内側ね)。

ユウちゃんとキーちゃんは物販購入との事だったので、僕は一足先に会場内へ。

f:id:k_sakashita:20181024182833j:plain

 

 

Def Leppard Japan Tour @ Budoukan 2018・10・24 ( wed )

f:id:k_sakashita:20181024183021j:plain

 

 

1階正面入口通過しアリーナへ降りる為、左に少し進むと デフレパードのビール売ってたので、とりあえず列に並ぶ☆

f:id:k_sakashita:20181024185405j:plain

f:id:k_sakashita:20181024185242j:plain

 

ビール購入し、自分の席に向かう。

今回の席はA6ブロックの155番。

f:id:k_sakashita:20190504193121j:plainf:id:k_sakashita:20181024185633j:plain

席に着くとこんな感じ。

f:id:k_sakashita:20181024185848j:plain

 

 

19:14客電落ち、 

f:id:k_sakashita:20181024191428j:plain

バンドのロゴが浮かび、

f:id:k_sakashita:20181024191455j:plain

ギターのイントロが鳴った瞬間、突然フィルが花道に出現!!

f:id:k_sakashita:20181024191521j:plain

1曲目「Women

f:id:k_sakashita:20181024191535j:plain

あらためて冷静に聞いても、不思議と古臭い感じがしない。重々しくも洗礼されたアレンジは、1987年 既に高いセンスと演奏技術が備わっていた事を如実に物語る☆

f:id:k_sakashita:20181024191740j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024191805j:plain

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181024192101j:plain

SEにライドシンバルが重なり、

2曲目「Rocket」

f:id:k_sakashita:20181024192119j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024192132j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024192214j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024192241j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024192353j:plain




3曲目「Animal

f:id:k_sakashita:20181024192708j:plain

サビでの二連の手拍子がとても楽しみな楽曲♪♪

f:id:k_sakashita:20181024192736j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024192940j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024193005j:plain

 

 

 

4曲目「Love Bites

f:id:k_sakashita:20181024193143j:plain

バンド唯一の全米No.1シングル曲☆

同期SEに忠実にバンドが演奏をかぶせ曲がスタート♪

f:id:k_sakashita:20181024193410j:plain

アルバム完全再現にも二パターンあり、その名の通りアルバムに収録された通りに演奏するバンドと、アルバムにはない演奏を盛り込むバンドに分かれるけど、ここまでの演奏を聞いた感じだと、彼等はどうやら前者のようだね☆

f:id:k_sakashita:20181024193454j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024193605j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024193609j:plain




5曲目「Pour Some Sugar On Me 

f:id:k_sakashita:20181024193711j:plain

ライブで見ると全体のコーラスワークの綿密さがよりいっそう実感させられる楽曲♪

f:id:k_sakashita:20181024193715j:plain

レコーデイングで詰めていく作業は大変だったんだろうねw 
てか、アルバムのドキュメンタリー映像持ってるのに未だに見てないや・・・

f:id:k_sakashita:20181024193718j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024193821j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024193928j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024194042j:plain

 

 

 

6曲目「Armageddon It

f:id:k_sakashita:20181024194258j:plain

1992年、デフ・レパードのツアーに参加し、以後正式メンバーとして活動するヴィヴィアンのギターリフから幕開け♪

f:id:k_sakashita:20181024194319j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024194458j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024194546j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024194548j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024194610j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024194714j:plain

6曲目「Armageddon It」終了後、

「Steve Clark on electric guitar !!」
と紹介され'91に亡くなったスティーブ・クラークがスクリーンに!!

f:id:k_sakashita:20181024194840j:plain

しばしスティーブのギターソロ映像が流れ、 

f:id:k_sakashita:20181024194939j:plain

7曲目「Gods Of War

f:id:k_sakashita:20181024195022j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024195053j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024195208j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024195251j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024195331j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024195541j:plain

 

 

 

8曲目「Don't Shoot Shot Gun

f:id:k_sakashita:20181024195629j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024195659j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024195720j:plain




9曲目「Run Riot

f:id:k_sakashita:20181024200058j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024200103j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024200116j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024200118j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024200431j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024200523j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024200528j:plain




10曲目「Hysteria

f:id:k_sakashita:20181024200556j:plain

この曲のイントロはどうにも当時に激しく引き戻されてしまう。

多感な10代の頃のあれやこれが色々フラッシュバックしながら毎回ウルウルで聞いてしまうねw

f:id:k_sakashita:20181024200600j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024200757j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024200816j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024200853j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024200907j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024200910j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024200922j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024201031j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024201113j:plain




11曲目「Excitable

f:id:k_sakashita:20181024201221j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024201418j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024201427j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024201535j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024201619j:plain




『HYSTERIA』完全再現ラストは、

12曲目「Love and Affection

f:id:k_sakashita:20181024201655j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024201706j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024201842j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024201949j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024202137j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024202150j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024202156j:plain

20:22 『HYSTERIA』 完全再現終了にて一旦メンバーはけ、

f:id:k_sakashita:20181024202204j:plain

 

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181024202231j:plain






f:id:k_sakashita:20181024202435j:plain

ここからは and more time♪まぁ単純にアンコールだね☆
て事で、アンコール1曲目(13曲目)は、
'81/2ndアルバム『High 'n' Dry』から「Let It Go

f:id:k_sakashita:20181024202546j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024202711j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024202757j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024202826j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024202903j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024203016j:plain

曲のエンディング、完全再現縛りが無いせいか、フィルのアドリブやたら音数多かった気がwww♪♪♪

f:id:k_sakashita:20181024203041j:plain




アンコール2曲目(14曲目)は'95『Vault:Def Leppard's Greatest Hits (1980-1995)』に収録されたパワーバラード「When Love & Hate Collide

f:id:k_sakashita:20181024203156j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024203258j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024203307j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024203317j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024203437j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024203508j:plain

 

 

 

アンコール3曲目(15曲目)、

'92/5thアルバム『Adrenalize』から「Let's Get Rocked

f:id:k_sakashita:20181024203607j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024203700j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024203917j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024203935j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024203953j:plain




アンコール4曲目(16曲目)、

f:id:k_sakashita:20181024204109j:plain

リック・アレンがスクリーンに映り、カウベルの音で幕を開けたのは、

'83/3rdアルバム『Pyromania』から「Rock of Ages

f:id:k_sakashita:20181024204132j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024204142j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024204148j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024204154j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024204338j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024204421j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024204552j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024204604j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024204617j:plain

エンディングのフィードバック花道で響かせ♪そのままの位置で2人がかき鳴らしたイントロは、この日最後の曲となった、
『Pyromania』から「Photograph」!! 

f:id:k_sakashita:20181024204634j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024204656j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024204706j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024204733j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024204812j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024204826j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024204844j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024204911j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205026j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205051j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205059j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205101j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205107j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205110j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205130j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205147j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205202j:plain

20:52 終演☆☆☆

 

f:id:k_sakashita:20181024205211j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205246j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205252j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205301j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205316j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205329j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205333j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205346j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181024205350j:plain 

  1.  Women
  2.  Rocket
  3.  Animal
  4.  Love Bites
  5.  Pour Some Sugar On Me 
  6.  Armageddon It
  7.  Gods Of War
  8.  Don't Shoot Shot Gun
  9.  Run Riot
10.  Hysteria
11.  Excitable
12.  Love and Affection
      < encore >
13.  Let It Go
14.  When Love & Hate Collide

15.  Let's Get Rocked
16.  Rock of Ages
17.  Photograph

 

 

これまでにも何度か見た完全再現ナイト🌛

今回のデフレパードが最もアルバムに忠実にやってたかな。同期のSEなんかも含めてね。思い入れのアルバムならそれはもう、微妙なピッチやノイズに至るまで体が覚えているものです。そんなアルバムを完全再現と謳うのであれば、僕は今回の彼等のやり方が正しいと思います。まあ正否で言うと角が立つけど、単純に今回のデフレパードのやり方が好きだって話ですねw

 

終演後いつもの「Don't forget us!! We wan't forget you!!」と言い残し、ステージを後にしました。次も必ず駆けつけます☆

 

 

ではでは今回はこんな感じで

また次回までご機嫌よ〜(*´∀`*)ノ PEACE!!

 

 

Cheap Trick @ Zepp Tokyo 2018

 

 

at Budokan から40年☆

一夜限りのライブが実現!! 

 

 

f:id:k_sakashita:20190422154156j:plain

 

◎Cheap Trick / Cheap Trick at Budokan - さかしたBLOG

 

◎Cheap Trick @ Shibuya O-EAST 2013 - さかしたBLOG

 

CLASSIC ROCK AWARDS 2016 @ Ryougoku Kokugikan - さかしたBLOG

 

◎Cheap Trick @ Shinkiba Studio Coast 2016 - さかしたBLOG

 

 

世界に武道館の名を知らしめた「Cheap Trick at Budokan  」から早40年。

f:id:k_sakashita:20190422163305j:plain

『チープ・トリックat武道館』発売40周年記念で一夜限りの来日公演が2018年2月に発表されました。会場は勿論、日本武道館で4月25日に!

f:id:k_sakashita:20190422164646j:plain

しかし同年3月(だっけな?)、リック・ニールセンの体調不良により延期とのアナウンスあり、4月の武道館公演は流れ、その2ケ月後、10月11日東京・Zepp Tokyoにて開催との発表あり。会場は残念ながら武道館ではなくなってしまったけど、むしろスタンディングで会場のノリも良く、おそらくは武道館よりも近くで彼等を見られるなら、それはそれでファンには喜ばしい事だね☆

 

て事で、今回はユウちゃんと石井社長と3人で行って来た。

 

 

Cheap Trick @ Zepp Tokyo 2018・10・11 ( thu )

f:id:k_sakashita:20181011182315j:plain

18:23会場到着、既にかなりの人数集まってる。

今回の整理番号557番て事で、 

f:id:k_sakashita:20190422165612j:plain

丁度500番までが呼び込まれているとこだった☆

f:id:k_sakashita:20181011182316j:plain

上着と鞄をコインロッカーに入れ、喫煙所で一服してから18:33会場入り。一階スタンディングフロアの真ん中くらいかな。ここから30分程待機。

f:id:k_sakashita:20181011183337j:plain



 

 

19:05 客電落ち、 

f:id:k_sakashita:20181011190535j:plain

19:06 チープ・トリック登場!! 

f:id:k_sakashita:20181011190638j:plain

1曲目は勿論 '77/2ndアルバム『蒼ざめたハイウェイ』から「Hello There」!!

f:id:k_sakashita:20181011190652j:plain

必ずこの曲で幕を開ける彼等のステージ。否が応でもテンション上がりまくりなのだ!

f:id:k_sakashita:20181011190708j:plain

 

 

 

2曲目も『蒼ざめたハイウェイ』から「Come On, Come On」

f:id:k_sakashita:20181011190850j:plain

Come On〜♪ Come On〜♪

f:id:k_sakashita:20181011190914j:plain

 

 

 

3曲目 '78『Cheap Trick at Budokan 』から「Lookout」

f:id:k_sakashita:20181011191118j:plain

※「Lookout」は'77/1stアルバム『Cheap Trick 』の1998年再発盤ボーナス・トラックに未発表スタジオ・ヴァージョンとしても収録ね☆

f:id:k_sakashita:20181011191220j:plain

ニールセン親子に加え、今回 上手奥まったスペースには、桜の柄が入った白いスーツを着たロビン・ザンダーの息子、ロビン・テイラー・ザンダー(Robin Taylor Zander)がギターとコーラスで参加。ほとんどピンスポも当たらずじまいだったけど、堅実なサポートしてました☆ メンバー5人中、4人が親子って凄いねw 

f:id:k_sakashita:20181011191248j:plain

 

 

 

4曲目も『蒼ざめたハイウェイ』から「Big Eyes」

f:id:k_sakashita:20181011191430j:plain

ここまでの4曲は「チープ・トリックat武道館」と全く同じ流れ!もしや頭10曲は予告無しのat武道館・完全再現かと思いきや、5曲目でその流れは止まったけどねw

f:id:k_sakashita:20181011191537j:plain

彼等ならやりかねないからね☆

f:id:k_sakashita:20181011191608j:plain



 

5曲目 『Cheap Trick at Budokan』から「Ain't That a Shame」

f:id:k_sakashita:20181011191803j:plain

at武道館だと1・2・3・4曲目⇨6曲目って流れになっちゃったねw

f:id:k_sakashita:20181011191941j:plain

因みに原曲はFats DominoとDave Bartholomewが書いた1955年作品。

f:id:k_sakashita:20190423173008j:plain

チープ・トリック以外にも、パット・ブーンフォー・シーズンズジョン・レノンポール・マッカートニーなんかにもカバーされてます。個人的にこの曲最初に聞いたのはat武道館のLPだから、やはり思い入れはチープ・トリック・バージョンに一番あるんだけどね♪ 

 

 

 

6曲目 '78/3rdアルバム『天国の罠』から「On Top of the World」

f:id:k_sakashita:20181011192601j:plain

tonight〜♪ tonjght〜♪

f:id:k_sakashita:20181011192703j:plain

 

 

 

7曲目 '82/6thアルバム『One On One 』から「If You Want My Love」 

f:id:k_sakashita:20181011193114j:plain

If you want my love, you got it
When you need my love, you got it
I won't hide it
I won't throw your love away, oh 

f:id:k_sakashita:20181011193212j:plain

Yes, I thought you were a mystery girl
A special girl in this crazy old world
You could have seen me
when I laid eyes on you

f:id:k_sakashita:20181011193222j:plain

Lonely is only a place
You don't know what it's like
You can't fight it
It's a hole in my heart,
in my heart

f:id:k_sakashita:20181011193310j:plain

 

 

 

8曲目 '17/18thアルバム『We're All Alright! 』から「You Got It Going On」

f:id:k_sakashita:20181011193503j:plain

最新アルバムからロックンロールナンバー♪

f:id:k_sakashita:20181011193607j:plain

昔を振り返るばかりではなく、常に前進を続ける証なのだ☆

f:id:k_sakashita:20181011193517j:plain

 

 

 

9曲目 '79/4thアルバム『Dream Police』から「Voices」

f:id:k_sakashita:20181011193959j:plain

Your voices〜♪
Cool voices〜♪
Warm voices〜♪

It was just what I needed to〜♪

f:id:k_sakashita:20181011194246j:plain

Your voices〜♪
Cool voices〜♪
Warm voices〜♪

It was just what I needed to〜♪

f:id:k_sakashita:20181011194149j:plain

It was just what I needed to〜♪
It was just what I needed to〜♪
It was just what I neeeeeeded to〜♪ 

 

 

 

10曲目 '88/10thアルバム『Lap Of Luxury』から「Never Had a Lot to Lose」

f:id:k_sakashita:20181011194601j:plain

曲調やテンポが変わっても、必ず心を揺さぶられるメロディが存在するのがこのバンドの最大の特徴かも。まぁ良いバンドは往々にしてそうなんだけど。チープ・トリックには毎回会場で激しくそれを感じさせられてしまうのだ☆

f:id:k_sakashita:20181011194711j:plain

 

 

 

「初めて日本に来てから40年。1978年、俺は5歳だった!」ってリックのMCでw

11曲目 '77/1stアルバム『Cheap Trick 』から「Elo Kiddies」

f:id:k_sakashita:20181011195001j:plain

19:50 まだまだ中盤折返しってとこだけど、そんな中盤にこの曲出てきちゃうって凄いね! 

f:id:k_sakashita:20181011195005j:plain

引き出しなら幾らでもあるぜ!って感じぞw

f:id:k_sakashita:20181011195010j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011195206j:plain

 

 

 

12曲目も『Cheap Trick』から「Oh, Candy」

f:id:k_sakashita:20181011195506j:plain

続けざまのマスターピース攻勢♪♪♪

f:id:k_sakashita:20181011195644j:plain

 

 

 

13曲目 「Gimmie Some Truth」

f:id:k_sakashita:20181011195846j:plain

既にレコーディングを終え、次のアルバムに入る予定であるジョン・レノンのカバー曲。原曲は'71『Imagine』収録。 

f:id:k_sakashita:20190425143616j:plain

この曲の公式音源発表を1日でも早くと望んでいたチープ・トリックだったけど、どうやら現在もまだ発表には至ってない模様。何かあったのかしらねぇ・・・

f:id:k_sakashita:20181011200118j:plain

 

 

 

14曲目 '80/5thアルバム『All Shook Up』から「Baby Loves To Rock」

f:id:k_sakashita:20181011200259j:plain

ブレイクが繰り返される楽曲♪ こう言う曲ってお客さんも隙間でバンドといっぱい絡めるチャンスだよね☆

f:id:k_sakashita:20181011200442j:plain

 

 

 

15曲目 『The Summer Looks Good on You』

f:id:k_sakashita:20181011200651j:plain

2018年5月デジタル配信された最新曲♪

f:id:k_sakashita:20181011200728j:plain

「君は夏が良く似合う」って感じ?

夏ぽいと言われれば夏ぽい楽曲かな。

中西部って印象だけどwww

f:id:k_sakashita:20181011200849j:plain

 

 

 

16曲目 『Dream Police』から「I Know What I Want」

f:id:k_sakashita:20181011201236j:plain

トムがメインボーカルの楽曲♪

f:id:k_sakashita:20181011201231j:plain

ここからひとときトムが主役で♪

f:id:k_sakashita:20181011201131j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011201248j:plain

 

 

 

17曲目 「 I'm Waiting for the Man」

f:id:k_sakashita:20181011201543j:plain

まずは12弦ベースで倍音響かせまくりのベースソロから♪

f:id:k_sakashita:20181011201604j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011201630j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011201837j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011201840j:plain

引き続きトムのボーカルで「I'm Waiting for the Man」へ♪

f:id:k_sakashita:20181011201905j:plain

原曲は勿論1967年発表のこちらに収録された楽曲。

f:id:k_sakashita:20190426163805j:plain

f:id:k_sakashita:20181011201936j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011201954j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011202011j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011202421j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011202432j:plain

 

 

 

18曲目 『Lap Of Luxury 』から「The Flame」

f:id:k_sakashita:20181011202504j:plain

バンド最大のヒットとなった楽曲☆☆☆

f:id:k_sakashita:20181011202526j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011202540j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011202602j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011202948j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011203110j:plain

 

 

 

19曲目 『蒼ざめたハイウェイ』から「 Want You to Want Me」

f:id:k_sakashita:20181011203152j:plain

ここからラストまではただただお祭り騒ぎ☆すげー楽しかった!!!!彼等を見るのは6回目だったけど、今回のここからの盛り上がりって今まで見た中でも一番楽しかったかも☆

f:id:k_sakashita:20181011203230j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011203300j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011203346j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011203319j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011203436j:plain

 

 

 

20曲目 『Dream Police』から「Dream Police」

f:id:k_sakashita:20181011203550j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011203744j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011203837j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011203926j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011203928j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011204008j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011204019j:plain

 

 

 

21曲目 『蒼ざめたハイウェイ』から「Clock Strikes Ten」

f:id:k_sakashita:20181011204108j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011204131j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011204214j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011204218j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011204249j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011204401j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011204405j:plain

 

 

 

22曲目 『天国の罠』から「Auf Wiedersehen」 

f:id:k_sakashita:20181011204451j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011204519j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011204524j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011204557j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011204704j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011204732j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011204816j:plain

 

 

 

23曲目『天国の罠』から「Surrender」

f:id:k_sakashita:20181011204909j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011204914j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011204941j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205002j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205138j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205155j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205200j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205227j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205240j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205249j:plain

 

 

 

この日最後の曲となったのは、

Cheap Trick at Budokan』から「Goodnight Now」!!

f:id:k_sakashita:20181011205326j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205330j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205336j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205358j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205422j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205425j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205449j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205505j:plain

20:55  終演☆☆☆

 

 

 

f:id:k_sakashita:20181011205512j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205530j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205535j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205537j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205541j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205544j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205546j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011205752j:plain

 

f:id:k_sakashita:20181011210255j:plain

 

  1.    Hello There
  2.    Come On, Come On
  3.    Lookout
  4.    Big Eyes
  5.    Ain't That a Shame

  6.    On Top of the World

  7.    If You Want My Love 
  8.    You Got It Going On
  9.    Voices 
10.    Never Had a Lot to Lose
11.    Elo Kiddies
12.    Oh, Candy 
13.    Gimmie Some Truth
14.    Baby Loves To Rock
15.    The Summer Looks Good on You 
16.    I Know What I Want
17.   I'm Waiting for the Man
18.    The Flame  
19.    I Want You to Want Me
20.    Dream Police   
21.    Clock Strikes Ten
22.    Auf Wiedersehen
23.    Surrender
24.    Goodnight Now

 

 

初来日からの40周年。相変わらず最高なライブを見せてくれたチープ・トリックでした!是非45周年は武道館で!とは思いつつ、中規模ホールでのスタンディングライブの方が、会場のノリは圧倒的に良く。毎回2千人規模の箱でいいんじゃない?とか思ってしまったりもします。しかし前回くらいから感じてるのは、なんかお客さんに若い方達すごく増えましたね☆ とても嬉しい事ですw 海外に遅れる事数十年。やっと日本のロックな会場にも親子3世代で来場なんて光景が見られる日がちらほらなのかもだね☆ 

 

終演後はユウちゃんと石井社長と3人で牛と豚と鳥を分け合って食べました。 

f:id:k_sakashita:20181011215615j:plain

f:id:k_sakashita:20181011215621j:plain

f:id:k_sakashita:20181011215631j:plain

石井社長の奢りで❤ 

 

 

ではでは今回はこんな感じで

また次回までご機嫌よ〜(*´∀`)ノ PEACE!!


 

 

Joe Perry @ Shinagawa Stellar Ball 2018

 

 

ジョー・ペリー ソロ初来日!!

 

 

f:id:k_sakashita:20190403202043j:plain

 

まずは簡単にジョーの歴史から。

 

◎1950年9月10日生まれ。現在68歳、アメリカ・ボストン郊外出身

 

◎1973年に、エアロスミスのメンバーとして『Aerosmith/野獣生誕』にてデビュー 。

f:id:k_sakashita:20190405153232j:plain

 

◎1980年、スティーヴン・タイラーとの確執などを原因に、エアロスミスを脱退。ジョー・ペリー・プロジェクト」を結成し、1983年までに3枚のアルバムを発表。

●熱く語れ! (Let the Music Do the Talking) - 1980年

f:id:k_sakashita:20190405153951j:plain

●忘れじのロックン・ロール (I've Got the Rock'n'Rolls Again) - 1981年

f:id:k_sakashita:20190405154029j:plain

●いつまでも熱く (Once a Rocker, Always a Rocker) - 1983年

f:id:k_sakashita:20190405154042j:plain

 

1984年に、同じく脱退したオリジナル・メンバーのブラッド・ウィットフォードと共に、エアロスミスに復帰。これ以降現在もエアロスミスのメンバーとして活動中。
 

◎ 2004年にエアロスミスは無期限活動休止を宣言(2007年、活動再開)。この期間を利用してジョーは、かなり昔から温存していた数々の曲のレコーディングに取り掛かり、2005年5月、今度は「ジョー・ペリー」名義でのソロアルバムを発表。

f:id:k_sakashita:20190405160910j:plain

 

◎2009年に、後のエアロスミスのアルバム『ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション!』の制作が中断された時に、2作目のソロ・アルバム『ハヴ・ギター・ウィル・トラベル』をリリースし、翌2010年まで「ジョー・ペリー・プロジェクト」名義でツアーを行った。

f:id:k_sakashita:20190405161200j:plain

 

◎2015年、アリス・クーパージョニー・デップジョー・ペリーにて”Hollywood Vampires”結成。同年1stアルバム『Hollywood Vampires』発表。

f:id:k_sakashita:20190405163807p:plain

                ーwikipediaよりー

 

 

  

2017年のスティーヴン・タイラー単独初来日に続き、昨年9月にはジョー・ペリー単独初来日が実現しました☆ 

◎Steven Tyler @ Budokan 2017 - さかしたBLOG

◎CLASSIC ROCK AWARDS 2016 @ Ryougoku Kokugikan - さかしたBLOG

 

とは言いつつ、今回ジョーが自身のソロ公演の為だけに来日したかと言うとそうではなく、アサヒ・スーパー・ドライのCMに出演していたジョニー・デップの、アサヒさんのライブイベントが先に決定しており、

f:id:k_sakashita:20190408130151j:plain

アリス・クーパーやジョニーと共に結成したハリウッド・ヴァンパイアーズのライブに出演する為に来日し、

f:id:k_sakashita:20190408132452j:plain

2018年1月、約9年振りのソロアルバムを発表した事も重なり、 

Sweetzerland Manifesto

Sweetzerland Manifesto

 

ならばハリウッド〜とは別で自身のソロライブもやってしまえ!って流れなのだと思います。 たぶんw 

 

ハリウッド・ヴァンパイアーズの方は残念ながら行けてません★

スーパードライのシール集めて貼って応募抽選てのはちとハードル高かったね。

 

 

ジョー・ペリー ソロライブ日程> 

9/17(月・祝) 大阪 メルパルクホール大阪
9/18(火) 東京 品川プリンス ステラボール

 

<来日メンバー>
ジョー・ペリー(G)
◎ブラッド・ウィットフォード(G)<エアロスミス
◎ゲイリー・シェローン(Vo)<エクストリーム>
◎バック・ジョンソン(Key)<ハリウッド・ヴァンパイアーズ>
◎クリス・ワイズ(B)<ハリウッド・ヴァンパイアーズ>
◎デヴィッド・グッドステイン(Dr)<ジョー・ペリー&フレンズ>

 

 

 

ではでは、当日のお話へ。

今回はユウちゃんと2人で品川へ。会場はお初のステラボールって言うアクアパーク品川内にあるライブホール。因みに「 ステラボール」と名付けたのは 、あのユーミンなんだってね☆ キャパは1Fスタンディング時1758人、2F126席の合計約1900人近く。かなり横幅あり見やすい良いホールでした。

 

で、今回の整理番号が359番だったので、いつもの如く少しでもステージに近い位置で見る為、オープン時間に会場へ。

f:id:k_sakashita:20190408145958j:plain

 

 

 

Joe Perry and  Friends @ Shinagawa Prince Srellar Ball  2018・9・18 ( tue )

f:id:k_sakashita:20180918182836j:plain

取り敢えず物販購入のユウちゃん待ちで待機。 

f:id:k_sakashita:20180918183252j:plain

なんとなく僕も物販眺めてたら、あきらかにジョー本人がサインを書いたであろう白Tがあった。あれは、あれ1点だけだったんだろうか? あれを誰か入手できたのだろうか?

f:id:k_sakashita:20180918183300j:plain

やや気になりつつ18:36会場入り。

f:id:k_sakashita:20180918183647j:plain

勿論ジョー側である上手に立つ。 

f:id:k_sakashita:20180918183841j:plain

 

 

 

19:11客電落ちライブがスタート♪♪♪ 

f:id:k_sakashita:20180918191318j:plain

1曲目、 '80 Joe Perry Project 1stアルバム『Let the Music Do the Talking』から「Let the Music Do the Talking」

f:id:k_sakashita:20180918191413j:plain

個人的にはジョー・ペリー・プロジェクト(以下JPP)

の楽曲はかれこれ四半世紀振りくらいに耳にしたw 

f:id:k_sakashita:20180918191445j:plain

当時はJPPの曲をゲイリーのボーカルで聞くなんて考えてもみなかったけど、流石の安定感だねゲイリー♪
と言うか、この時既に68歳のジョーのお世辞抜きのかっこ良さは異様w 

f:id:k_sakashita:20180918191522j:plain

(↑↑↑この画像現在の僕のスマホの待受なのだ)

 

 

 

2曲目 '74 エアロ3rdアルバム『Toys in the Attic』から「Toys in the Attic」

f:id:k_sakashita:20180918191850j:plain

エアロのキラーチューンが早くも炸裂♪♪♪

f:id:k_sakashita:20180918192109j:plain

エンディングの様な盛り上がり☆

f:id:k_sakashita:20180918192215j:plain

 

 

 

3曲目  '81 JPP2ndアルバム『I’ve Got the Rock'n' Rolls Again』から「East Coast, West Coast」

f:id:k_sakashita:20180918192258j:plain

疾走するロックンロール♪ 

f:id:k_sakashita:20180918192349j:plain

ゲイリーの背中には”JOE FUCKING PERRY"の文字w 

f:id:k_sakashita:20180918192505j:plain

 

 

 

4曲目 '74 エアロ2ndアルバム『Get Your Wings』から「Pandora's Box」

f:id:k_sakashita:20180918192622j:plain

随分珍しい曲が御目見え☆

f:id:k_sakashita:20180918192641j:plain

本家エアロ4〜5回は見てるけど、1度も生で聞いた事ないかも!? ミディアムテンポの8ビートが心地良し♪

f:id:k_sakashita:20180918193028j:plain

 

 

 

5曲目 '05 ソロアルバム1st『Joe Perry』から「Shakin' My Cage」

f:id:k_sakashita:20180918193314j:plain

ゲイリーは後方に下がり、ジョーがメインボーカル担当。

f:id:k_sakashita:20180918193256j:plain

背中に1本背負いながら、まずはアンペグでボトルネックやりながらのボーカル♪

f:id:k_sakashita:20180918193331j:plain

間奏ひとまわし目を、デビュー時からの盟友ブラッドが弾いている間にアンペグ下ろし、間奏ふたまわし目からは背中のギターにチェンジ☆

f:id:k_sakashita:20180918193517j:plain

今回追加でメンバー発表となったブラッド。非常に嬉しい報せだったね!なんせエアロのギター2人を同じステージで見たのは2011年の東京ドーム以来だったからね☆

 

 

 

6曲目 '08 ソロアルバム3rd 『Sweetzerland Manifesto』から「Aye Aye Aye」

f:id:k_sakashita:20180918193821j:plain

ここでやっとジョーの最新ソロアルバムから☆

f:id:k_sakashita:20180918193852j:plain

この曲、アルバムではチープ・トリックのロビンがボーカルで歌入れされてるけけど、エクストリームの3rdか4thあたりに収録されてても違和感のない、ミッドローでフックの効いたタイトなナンバー♪

f:id:k_sakashita:20180918194200j:plain

 

 

 

7曲目も『Sweetzerland Manifesto』から「Fortunate One」

f:id:k_sakashita:20180918194258j:plain

こちらの曲はアルバムではブラック・クロウズのクリスが歌ってるみたいだけど、僕が購入したCDには未収録。アナログ盤限定なのかな!?

f:id:k_sakashita:20180918194306j:plain

この曲でもジョーはアンペグで軽快にボトルネックきめてたね♪

f:id:k_sakashita:20180918194335j:plain

 

 

 

8曲目 '85 エアロ8thアルバム『Done with Mirrors』から「My Fist Your Face」

f:id:k_sakashita:20180918194739j:plain

これまた珍しい曲が御目見え☆☆こちらもエアロのセットリストではめったに聞けない1曲♪

f:id:k_sakashita:20180918194929j:plain

やはり生で聞くのは初めてかも。今回のジョーのセットリストでは、普段日の目をみない楽曲にも意図的にスポットを当ててる気がしたね☆

f:id:k_sakashita:20180918195032j:plain

 

 

 

9曲目 新譜ソロ『Sweetzerland Manifesto』から「Spanish Sushi」

f:id:k_sakashita:20180918195312j:plain

インストナンバー♪

f:id:k_sakashita:20180918195343j:plain

たしかにスパニッシュと言われればスパニッシュだけど、個人的にはアラビックな印象の音使い♪

f:id:k_sakashita:20180918195351j:plain

Sushiは寿司? タイトルの意味、BURRN!の人にインタビューで聞いて欲しかったなw

f:id:k_sakashita:20180918195502j:plain

 

 

 

10曲目 '74 エアロ 2ndアルバム『Get Your Wings』から「Seasons of Wither」

f:id:k_sakashita:20180918195725j:plain

ジョーの弾きだしたアルペジオのイントロにオールドファンから拍手が起こる♪

f:id:k_sakashita:20180918195747j:plain

幻想的にうねるエアロ初期ナンバー♪

f:id:k_sakashita:20180918195850j:plain

後半のクールなフィードバックは今更ながらだけど、ブラッドの方だったのかと再認識w

f:id:k_sakashita:20180918195929j:plain

 

 

 

11曲目 '81 JPP 2ndアルバム『I’ve Got the Rock 'n' Rolls Again』から「I've Got the Rock n' Rolls Again」

f:id:k_sakashita:20180918200902j:plain

所謂「I'm A Man」のイントロが16小節あり、そこからテンポアップしていく楽曲♪

f:id:k_sakashita:20180918200541j:plain

ジョー → ブラッド → バック・ジョンソンとソロをまわし

f:id:k_sakashita:20180918200601j:plain

再度ジョーの長尺ソロにて〆

f:id:k_sakashita:20180918200714j:plain

 

 

 

12曲目 '77 エアロ 5thアルバム『Draw the Line』から「Bright Light Fright」

f:id:k_sakashita:20180918201158j:plain

ゲイリー捌け、ジョーのリードボーカル

エアロからは初期ナンバーがほとんどだね❤

f:id:k_sakashita:20180918201220j:plain

僕がエアロを聞き始めた頃には既に9枚目の「Permanent Vacation」まで発表されてたけど、10代後半 エアロのアルバムを片っ端から聞きまくってた頃が昨日のようにおもいだされるな〜w

f:id:k_sakashita:20180918201343j:plain

 

 

 

13曲目 JPP 1stアルバム『Let the Music Do the Talking』から「Rockin' Train」

f:id:k_sakashita:20180918201922j:plain

ゲイリー戻りアップテンポなロッキンナンバー♪

因みにエアロファンなら誰もが知るこのレフティー仕様のストラト。JPPの頃から使われてるけど、当時のギターテクが改造施し組み上げたギター。ボディーはメーカー不明で、ネックはテレキャスの物に交換されており、その他色々です☆

f:id:k_sakashita:20180918201945j:plain


 

  

13曲目 新譜ソロ『Sweetzerland Manifesto』から「Quake

f:id:k_sakashita:20180918202458j:plain

肉食系の骨太8ビートナンバー♪ 

ゲイリーのボーカルが良くハマってる♪

f:id:k_sakashita:20180918202618j:plain

こちらもCD未収録でアナログ盤オンリーかな

f:id:k_sakashita:20180918202751j:plain

 

 

 

15曲目 '76 エアロ 4thアルバム『Rocks』から「Combination」

f:id:k_sakashita:20180918202859j:plain

エアロでジョーが初めてボーカルを取ったのがこの曲♪

f:id:k_sakashita:20180918202954j:plain

またまた普段なかなか聞けないレア曲登場☆

「Red House」とか「Stop Messin' Around」あたりのブルージーなカバーが定番だからね♪

f:id:k_sakashita:20180918202934j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918203036j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918203104j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918203136j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918203248j:plain




本編ラストとなったのは エアロ『Toys in the Attic』から
「Walk This Way」!!

f:id:k_sakashita:20180918203437j:plain

普段はマイクスタンドに備え付けられてるトーキングモジュレーターが、この日は肩に掛けて背負うタイプになってた(タスキ掛けではなく右肩に掛けてた)。

f:id:k_sakashita:20180918203443j:plain

で、イントロだけでなく、本編の歌もジョーがトーキングモジュレーターのままで担当。

f:id:k_sakashita:20180918203419j:plain

但し、トーキングモジュレーターの音量を際立たせる為か、バックの演奏の音量がかなり抑え気味で、レアバージョンの「Walk This Way」ではあるものの、やや本編ラストとしての盛り上がりには欠けたかな〜★

f:id:k_sakashita:20180918203501j:plain

単純にゲイリーのボーカルで、シンプルにオリジナルヴァージョンで盛り上がりたかったかなw

f:id:k_sakashita:20180918203706j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918203824j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918203847j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918203853j:plain

20:38 本編終了☆

 

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20180918203912j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20180918204118j:plain

アンコールで真っ白なノースリーブのシャツを羽織ったジョー、

f:id:k_sakashita:20180918204125j:plainアンコール1曲目(17曲目)は

新譜ソロ『Sweetzerland Manifesto』から「Man With the Golden Arm」

f:id:k_sakashita:20180918204205j:plain

こちらもアナログ盤限定のインストナンバー♪

f:id:k_sakashita:20180918204333j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918204459j:plain

 

 

 

アンコール2曲目(18曲目)

エアロ『Toys in the Attic』から「Sweet Emotion」!!

f:id:k_sakashita:20180918204718j:plain

この日2度目のトーキングモジュレーター☆

f:id:k_sakashita:20180918204848j:plain

ゲイリーのボーカルもしっかりありw

f:id:k_sakashita:20180918204904j:plain

アンコール2曲目からサプライズゲストのジョニー・デップもギターで参加☆

f:id:k_sakashita:20180918204934j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918204948j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918205058j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918205151j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918205209j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918205227j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918205323j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918205324j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918205318j:plain




アンコール3曲目(19曲目)にして、この日ラストとなったのは、

勿論「Train Kept A-Rollin'」☆☆☆

f:id:k_sakashita:20180918205403j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918205423j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918205521j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918205702j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918205710j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918205722j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918205747j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918205849j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918205854j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918205949j:plain

20:59 終了☆☆☆

f:id:k_sakashita:20180918205954j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918210004j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918210005j:plain

 

f:id:k_sakashita:20180918210314j:plain 

 1.   Let the Music Do the Talking

 2.   Toys in the Attic

 3.   East Coast, West Coast

 4.   Pandora's Box

 5.   Shakin' My Cage

 6.   Aye Aye Aye

 7.   Fortunate One

 8.   My Fist Your Face

 9.   Spanish Sushi

10.  Seasons of Wither

11.  I've Got the Rock n' Rolls Again

12.  Bright Light Fright

13.  Rockin' Train

14.  Quake

15.  Combination

16.  Walk This Way

       < encore >

17.  Man With the Golden Arm

18.  Sweet Emotion

19.  Train Kept A-Rollin'

 

 

 

ジョー・ペリー ソロ初来日、レア曲満載大満足な物となりました。前年のスティーヴン ・タイラーの来日に続き嬉しい来日となったものの(そう言えば、2016年のクラッシック・ロック・アワードでもジョー・ペリー見たけど)、本音はやはり

”エアロ”が見たい!!

に尽きるのです!!!!!

最後の来日が2013年。

f:id:k_sakashita:20190413111938j:plain

B'zとの2マンだったかな。この時は行けなかったので、個人的には2011年の東京ドーム以降見られてない。

肝心のエアロはと言うと、なかなかにすったもんだあり、いまいちどうなっているかが掴めない。ただただ良い方向に行くのを祈るばかりなのだ☆

早くエアロが見たいぞ〜☆☆☆

 

 

と言うわけで、今回はこんな感じで

また次回お会いしましょ〜(。◕ω◕)ノ PEACE!!