KISS @ TOKYO DOME 2019

 

 

KISS 最後の来日!!

 

 

f:id:k_sakashita:20200627154652j:plain

 

◎KISS @ MAKUHARI MESSE 2013 - さかしたBLOG

 

◎KISS @ Tokyo Dome ( Special Guest ももいろクローバーZ ) 2015 - さかしたBLOG

 

◎KISS EXPO TOKYO 2016 ~地獄の博覧会~ - さかしたBLOG

 

 

【仙台】
12月8日(日) @ ゼビオアリーナ仙台
OPEN 17:00/START 18:00 

【東京】
12月11日(水) @ 東京ドーム
OPEN 17:30/START 19:00 
 

【盛岡】
12月14日(土) @ 盛岡タカヤアリーナ(盛岡市総合アリーナ)
OPEN 16:30/START 17:30 

【大阪】
12月17日(火) @ 京セラドーム大阪
OPEN 17:30/START 19:00  
 

【名古屋】
12月19日(木) @ ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館
OPEN 18:00/START 19:00 

 

 

【来日メンバー】

✦ポール・スタンレー (G/Vo)
ジーン・シモンズ (B/Vo)
✦トミー・セイヤー (G/Vo)
✦エリック・シンガー (Ds/Vo)

 

 

 

では当日のお話へ。

KISS/END OF THE ROAD WORLD TOUR 2019 @ Tokyo Dome 2019・12・11 ( wed)

f:id:k_sakashita:20191211173701j:plain

17:37東京ドーム到着。この日はユウちゃんと2人で参戦でしたが、今回は物販で欲しい物が数点あったので、先ずは1人で物販列の最後尾へ 。

f:id:k_sakashita:20191211174242j:plain

かなり離れた場所に移動。僕が並んだ時は下の画像の感じで列を成していました。少し雨も降っていたけど傘は持って来なかった★

f:id:k_sakashita:20200703164137j:plain

17:54 ⬇

f:id:k_sakashita:20191211175437j:plain

18:03 ⬇

f:id:k_sakashita:20191211180343j:plain

18:13  約35分かけてやっとテント前到着。

f:id:k_sakashita:20191211181345j:plain

しかしここからが以外と長く、最前列まで行くのに15〜20分かかり、テント前でかなり強い雨に降られる・・・☔
 今回は下の画像のTシャツ2枚欲しかったんだけど、

f:id:k_sakashita:20200703165515j:plain

f:id:k_sakashita:20200703165532j:plain

どちらも売り切れ・・・と言うか、ほとんどの商品が売り切れ・・・残っているもの聞く方が早かったw で、結局1時間くらい並んで、自分が欲しかった物は何も買えず、辛うじて残っていた下の画像のTシャツを、1月生まれのユウちゃんとユカリちゃんの誕生日プレゼントとして購入。

f:id:k_sakashita:20200703170049j:plain

 

但し後日、ユウちゃんから”地獄のカレー”頂きました☆

これも売り切れだったのでかなり嬉しかった♪

f:id:k_sakashita:20200218114115j:plain

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20191211183457j:plain

開演時間も迫って来ていたので、待ち合わせの25ゲートへ急ぎユウちゃんと合流。

f:id:k_sakashita:20191211185615j:plain

何度行っても、ドームのアリーナに入った瞬間は、堪らないものがあります♪

f:id:k_sakashita:20191211185612j:plain

 

f:id:k_sakashita:20200703170548j:plain

今回の席はA12ブロックの前から8〜9列目あたり。要は最前列から8〜9列目!今回でKISSを見るのは6回目くらいだけど、最後の来日でやっと目の前で見られた!!

f:id:k_sakashita:20191211185602j:plain

 

f:id:k_sakashita:20200704152041j:plain

僕達はSS席なんだけど、今回のSS席は ウドープレミアムメンバーの中で更に応募抽選だったので、かなりドキドキではあった☆ 外れたらアリーナのかなり後ろか、下手すりゃスタンドだったからね😨

 

自分達の席に着くとこんな感じ♪♪♪

f:id:k_sakashita:20191211190014j:plain

 

 

 

19:01 ほぼ予定通りに客電落ち、

f:id:k_sakashita:20191211190105j:plain

ステージ両サイドのスクリーンに、楽屋から歩いてくるいつもの映像が流れ、

f:id:k_sakashita:20191211190152j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211190202j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211190204j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211190210j:plain

 

1曲目、’76/4th『地獄の軍団 / Destroyer』から「Detroit Rock City」

f:id:k_sakashita:20191211190251j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211190300j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211190302j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211190311j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211190319j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211190338j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211190418j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211190455j:plain

最前列のその先、いわゆるステージに齧り付きで見ている方達が数十人。気になった方もいると思いますが、この方達、なんとチケット代40万円のVIPパッケージの方達で、下の画像の赤いエリアの方達なのです!!

f:id:k_sakashita:20200704170738j:plain

 

f:id:k_sakashita:20200704170820p:plain

f:id:k_sakashita:20200704170903p:plain

この40万のスーパVIPエリアにユウちゃんの友人がいて、ユウちゃんは自分が欲しい物販をその友人に頼んでいたのでした。なので僕が頂いた”地獄のカレー”も、その友人が購入してくれた物でした☆ しかし凄いね40万円!!

因みに僕達が応募抽選で手に入れた2万5千円のSS席が確実に入手出来、その他の特典も付いてくる、15万円のチケットもあったよ!!

f:id:k_sakashita:20200704172605p:plain

f:id:k_sakashita:20200704172630p:plain




2曲目も『地獄の軍団 / Destroyer』から「Shout It Out Loud」

f:id:k_sakashita:20191211190744j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211190825j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211190920j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211191006j:plain




3曲目、'74/1st『地獄からの使者 / Kiss』から「Deuce」

f:id:k_sakashita:20191211191212j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211191240j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211191428j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211191519j:plain




4曲目、’09/20th『Sonic Boom』から「Say Yeah」

f:id:k_sakashita:20191211191733j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211191742j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211191801j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211191831j:plain




5曲目、’82/10th『暗黒の神話 / Creatures Of The Night』から「I Love It Loud」

f:id:k_sakashita:20191211192422j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211192430j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211192446j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211192552j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211192607j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211192633j:plain

 



6曲目、’84/12th『Animalize』から「Heaven’s on Fire」

f:id:k_sakashita:20191211192740j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211192748j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211192906j:plain




7曲目、’82/10th『暗黒の神話 / Creatures Of The Night』から「War Machine」

f:id:k_sakashita:20191211193207j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211193147j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211193326j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211193409j:plain

エンディングでジーンの火吹きがある「War Machine」だけど、2004年くらいまでは「Firehouse」が火吹きの固定曲だったよね。因みに最後の東京の火吹きの瞬間は撮り逃しました・・・😫

f:id:k_sakashita:20191211193519j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211193546j:plain

 

 

 

8曲目、'83/11th『地獄の回想 / Lick It Up』から「Lick It Up」

f:id:k_sakashita:20191211193709j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211193759j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211194148j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211194231j:plain

 

 

 

9曲目、’76/5th『地獄のロックファイアー  /  Rock and Roll Over』から「Calling Dr. Love」

f:id:k_sakashita:20191211194422j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211194645j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211194702j:plain

 

 

 

10曲目、’74/1st『キッス・ファースト 地獄からの使者 / Kiss』から「100,000 Years」

f:id:k_sakashita:20191211194751j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211194829j:plain

エリック・シンガーのドラムソロを挟み♪

f:id:k_sakashita:20191211195039j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211195427j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211195515j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211195531j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211195539j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211195544j:plain

ドラムソロの後、再び曲に戻り派手に終了♪

f:id:k_sakashita:20191211195719j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211195804j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211195824j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211195830j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211195916j:plain

 

 

 

11曲目、’74/1st『キッス・ファースト 地獄からの使者 / Kiss』から「Cold Gin」

f:id:k_sakashita:20191211200039j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211200201j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211200305j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211200329j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211200414j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211200428j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211200621j:plain

曲の後半はトミー・セイヤのギターソロ♪

f:id:k_sakashita:20191211200712j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211200944j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211200951j:plain




12曲目、ジーンの吐血から、

f:id:k_sakashita:20191211201202j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211201237j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211201329j:plain

天高く舞い上がり、

f:id:k_sakashita:20191211201338j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211201347j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211201354j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211201437j:plain

’76/4th『地獄の軍団 / Destroyer』から「God of Thunder」

f:id:k_sakashita:20191211201409j:plain

たしか前回まではハーネスに吊られて、飛び上がる瞬間に両手を広げるジーンが毎回かっこよかったんだけど、今回はオープニングで下りてきたやつで上がったねw まぁ年齢(70才)を考えると致し方なし。この年齢で衣装とベース、合わせて30kg背負って2時間のステージは尊敬に値なのだ☆

f:id:k_sakashita:20191211201609j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211201626j:plain

 

 

 

13曲目、’98/18th『Psycho Circus』から「Psycho Circus」

f:id:k_sakashita:20191211201840j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211202045j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211202221j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211202325j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211202338j:plain




14曲目、’74/2nd『地獄のさけび / Hotter Than Hell』から「Let Me Go Rock ‘n’ Roll」

f:id:k_sakashita:20191211202433j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211202436j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211202749j:plain

目の前のハードロックンロールに酔いしれつつ、いつのまにやら頭上にこれが!!

f:id:k_sakashita:20191211202812j:plain

今回の上手(かみて)の席だとそう言う事だね!

気持ちは必然的に次の曲へと(実際には次の次だけど)向いてしまうw

f:id:k_sakashita:20191211202816j:plain

 



15曲目はポールが幼い頃ラジオから流れて来た美しいメロディにとても感銘を受けた、坂本九氏の「上を向いて歩こう/SUKIYAKI」を会場の皆とアカペラで♪

f:id:k_sakashita:20191211203137j:plain

 

 

 

16曲目、’77/6th『Love Gun』から「Love Gun」

f:id:k_sakashita:20191211203426j:plain

イントロが鳴り出すやいなやポールは特設ステージに移動☆

f:id:k_sakashita:20191211203429j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211203430j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211203432j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211203433j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211203435j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211203444j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211203539j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211203742j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211203824j:plain




17曲目、1979年発表シングル「I Was Made for Lovin’ You」

f:id:k_sakashita:20191211203926j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211203953j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211204150j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211204252j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211204323j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211204403j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211204413j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211204445j:plain

 

 

 

18曲目、’87/14th『Crazy Nights』から「Crazy Crazy Nights」

f:id:k_sakashita:20191211204544j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211204548j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211204555j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211204600j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211204610j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211204823j:plain




本編最後となった19曲目は、’74/1st『キッス・ファースト 地獄からの使者 / Kiss』から「Black Diamond」

f:id:k_sakashita:20191211205021j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211205113j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211205120j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211205239j:plain

Black Diamondのボーカルは歴代のドラマーが務める楽曲です♪

f:id:k_sakashita:20191211205252j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211205317j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211205350j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211205424j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211205544j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211205637j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211205657j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211205701j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211205702j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211205733j:plain

20:57 本編終了☆

 

 

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20191211205837j:plain

 

 

 

 

 

 

 

アンコール演奏の前にポールがサプライズゲストを紹介☆

f:id:k_sakashita:20191211205923j:plain

YOSHIKI登場!!

f:id:k_sakashita:20191211205953j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211205955j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210005j:plain

アンコール1曲目(20曲目)、’76/4th『地獄の軍団 / Destroyer』から「Beth」

f:id:k_sakashita:20191211210208j:plain

YOSHIKIのピアノにてエリック・シンガーが歌います♪

f:id:k_sakashita:20191211210222j:plain

個人的な思い出では、この曲の作詞・作曲者であるキッスのオリジナルドラマーのピーター・クリスが、2003年か2004年に武道館でオケバックに薔薇の花を1本持ち歌ったのを会場で見られたのが嬉しかったかなw

f:id:k_sakashita:20191211210236j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210312j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210252j:plain

「Beth」終了後 抱擁を交わし、

f:id:k_sakashita:20191211210319j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210324j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210330j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210335j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210338j:plain

メンバー4人でステージの端から端まで会場の皆に最後の挨拶😭😭😭😭

f:id:k_sakashita:20191211210418j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210422j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210439j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210450j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210457j:plain

 

 

 

 

そして東京公演最後の曲となったアンコール2曲目(21曲目)、’75/3rd『地獄への接吻 / Dressed to Kill』から「Rock and Roll All Nite」

f:id:k_sakashita:20191211210606j:plain

ドラマーはYOSHIKIでw

f:id:k_sakashita:20191211210657j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210710j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210718j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210724j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210734j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210741j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210849j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210906j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210929j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210932j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211210944j:plain

紙吹雪二発目☆☆

f:id:k_sakashita:20191211211035j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211211037j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211211100j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211211113j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211211135j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211211143j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211211149j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211211200j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211211203j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211211206j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211211215j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211211226j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211211245j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211211249j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211211257j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191211211334j:plain

   1.  Detroit Rock City
   2.  Shout It Out Loud
   3.  Deuce
   4.  Say Yeah
   5.  I Love It Loud
   6.  Heaven’s on Fire
   7.  War Machine
   8.  Lick It Up
   9.  Calling Dr. Love
 10.  100,000 Years
 11.  Cold Gin
 12.  God of Thunder
 13.  Psycho Circus
 14.  Let Me Go Rock ‘n’ Roll
 15.  SUKIYAKI
 16.  Love Gun
 17.  I Was Made for Lovin’ You
 18.  Crazy Crazy Nights
 19.  Black Diamond

        <  encore >
 20.  Beth 
 21.  Rock and Roll All Nite 

 

 

12月19日の愛知公演にて彼等の最後の来日に幕は下りたわけですが、大晦日の紅白でキッスの来日演奏はありましたねw

www.oricon.co.jp 

f:id:k_sakashita:20200809115039j:plain

 

KISSのWikipediaには「2018年、来年度からのワールドツアーをもっての活動休止を発表。2021年7月の地元ニューヨーク公演が最後になると伝える。」とありまして、

解散ではなく、活動休止とあるので、今後もKISSとして何らかの活動再開はあるのかな?と思いつつも、NHKで放送されたジーンのドキュメンタリー番組を見ると、やはり終焉は近いのかと思ってしまいますね・・・

 


ザ・ヒューマン スペシャル「誇り高き悪魔 KISSジーン・シモンズ」

 

個人的には地獄からの再再々復活、大歓迎ではあります☆

 

ではでは今回はこんな感じで、

また次回までご機嫌よ〜(*´∀`*)ノ PEACE!!

 

 

 

 

 

U2 @ SAITAMA SUPER ARENA 2019

 

U2、  13年振りの来日!! 

 

 

f:id:k_sakashita:20200531131538j:plain

 

まずはバンドの歴史から行きます。

 

◎1976年、アイルランドダブリンのマウント・テンプル高校にて結成。

 

◎リムリックで行われたLimerick Civic Week Pop '78というタレントコンテストで優勝。1979年にはCBSアイルランドアイルランドと契約して、「Out Of Control」「Stories For Boys」「Boy/Girl」の3曲入りシングル「スリー」をアイルランド国内で1,000枚限定でリリースし、IREチャートで19位に食い込む。

 

◎1980年2月、1stアルバム『ボーイ』を発表

f:id:k_sakashita:20200531133138j:plain

 

◎1981年、2ndアルバム『アイリッシュ・オクトーバー』発表。

f:id:k_sakashita:20200531133510j:plain

 

◎1983年に3rdアルバム『WAR(闘)』を発表

f:id:k_sakashita:20200531133805j:plain

『WAR(闘)』のアルバムタイトルは母国アイルランドにおけるカトリックプロテスタントの宗教対立に対して、不偏の非暴力主義をアピールしている。アルバム収録曲の「ニュー・イヤーズ・デイ」(New Year's Day)はポーランド民主化運動の独立自主管理労働組合「連帯」について取り上げた曲で、バンド初の全英シングルチャートトップ10入りとなった。「ブラディ・サンデー」(Sunday Bloody Sunday)は北アイルランド問題の「血の日曜日事件」を取り上げ、アイルランド共和軍IRA)の活動を批判する立場を示した。このため、IRA支持者から脅迫されたこともあったという。『WAR(闘)』はバンド初の全英アルバムチャート1位を獲得し、バンドは多くの支持を集める結果になった。さらに、精力的なライブ活動などによりバンドの人気はイギリスやヨーロッパ大陸のみならず、アメリカへと拡大した。

 

1984年、エチオピア飢餓救済を目指すバンド・エイドのチャリティーシングル「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス」(Do They Know It's Christmas)にボノとアダム・クレイトンが参加。その後、ボノはアフリカ諸国の経済的自立を支援する様々な国際的プロジェクトに関与している。

f:id:k_sakashita:20200531135321j:plain

 

1984年10月に4thアルバム『焔』(The Unforgettable Fire)を発表。原題の『Unforgettable Fire』とは広島・長崎への原爆投下を生き抜いた被爆者達が描いた絵画のタイトルで、絵画を見たメンバーが感銘を受けて名づけられたものである。

f:id:k_sakashita:20200531135549j:plain

シングル「プライド」(Pride (In The Name Of Love))はマーティン・ルーサー・キング・ジュニアキング牧師)へのトリビュート・ソングであり、全英シングルチャート3位のヒットとなった。

 

◎1985年にはウェンブリー・スタジアムで行われたチャリティーイベント『ライヴエイド』に出演したが、ボノが観客席に降りてしまい、3曲歌う予定が2曲で時間切れになってしまった。大舞台でアクシデントにメンバーは意気消沈したが、クイーンと並ぶ熱いパフォーマンスと称賛され、世界中にテレビ中継されたことで大ブレイクするきっかけになった。

f:id:k_sakashita:20200531140432j:plain

 

◎1987年3月に5thアルバム『ヨシュア・トゥリー』(The Joshua Tree)を発表。全英・全米チャート1位(全英アルバムチャート・Billboard 200)を獲得し、イギリス音楽史上最速で売れたアルバムとなり、世界各国でNo.1ヒットを記録した。 

f:id:k_sakashita:20200531161716j:plain

 

◎1988年にはアメリカツアーのドキュメンタリー映画『魂の叫び』を公開し、同名のアルバムも発表。ボブ・ディランB.B.キングヴァン・ダイク・パークスらが参加した。先行シングルの「ディザイアー」(Desire)は初の全英シングルチャート1位を獲得した。1989年には2度目の日本公演が開催され、スペシャルゲストにB.B.キングを迎えて行われた。

この時期の音楽スタイルはアメリカのルーツ・ミュージックに傾倒し、ロックの源流であるブルースやゴスペル、ソウルなどブラック・ミュージックの要素が積極的に取り入れられた

f:id:k_sakashita:20200531162054j:plain

 

        ー Wikipediaより ー

 

取り敢えずこれ以降は割愛させて頂きます。

今回のU2公演は、1987年に発表された5thアルバム『The Joshua Tree』完全再現なので。

 

個人的な感覚では、ここまでがU2の第一期と第二期と捉えております。

 

1980年の『ボーイ』から1984年の『焔』までの4枚の作品が縦ノリ主体のアルバムで第一期。

1987年の『The Joshua Tree』と翌年に発表されたサウンド・トラック『魂の叫び 』で横ノリが導入され第二期。

●アクトン・ベイビー - Achtung Baby (1991年)●ZOOROPA - Zooropa (1993年)●ポップ - Pop (1997年)とビッグ・ビートやテクノが導入されデジタル化の進んだ第三期。

と、これ以降も彼らの歴史は続いて行きますが、まずは僕が彼らを聞き始めた背景を簡単にお話します。

 

僕が彼らを聞き始めたのは高校生の頃。既に3枚目の『WAR(闘)』まで発表されていました。僕の周りの数人が聞いていたのでなんとなく僕も聞いていましたが、数あるバンドのひとつで、特別思い入れもありませんでした。

その後上京し21才の頃、高円寺のレンタル屋さんで『魂の叫び -Rattle and Hum 』のVHSテープをレンタルして再生した瞬間に流れた1曲目の「Helter Skelter 」で涙が溢れました。その後の曲も歌詞が全て字幕で出ていた為、どの曲も激しく、切なく、優しく、暖かく、1曲1曲突き刺さって来ました。

教会で最終的にゴスペルのみになる「I Still Haven't Found What I'm Looking For 」でもまた涙が溢れ、「Sunday Bloody Sunday 」でのボノの曲間でのMCでもまたまた涙が止まらず、ひとつの公演映像で3度も涙したのなんて未だこの作品のみで、

そう言えば『焔』までで、その次の『The Joshua Tree』はまだ聞いていない事を『魂の叫び -Rattle and Hum 』を見ながらおもい出して早々に購入。

そうして『魂の叫び -Rattle and Hum 』と『The Joshua Tree』の2作品は僕の人生の中でも大切な作品となり、いまだその想いは変わらないままです♪

 

 

そして今回はそのヨシュア・トゥリー完全再現。

行かないわけにはいきません!当然行くよね。

但し今回はチケット入手に結構苦労しました(ユウちゃんがw 僕は何も苦労してません。ありがとうユウちゃん!!)。

 

まずは座席の種類と見取り図を。

f:id:k_sakashita:20200602155344j:plain

RED ZONE(スタンディング):¥60,000*
専用入場口、特製チケット、バックステージツアー抽選参加権、開演前飲食優先ご案内
スタンディング(前方):¥19,800
スタンディング(後方):¥15,800
SS席(グッズ付き):¥38,800
S席:¥19,800
A席:¥16,800

ステージサイド席:¥9,800
バックスタンド席:¥7,800

 

もうこんなのスタンディング前方一択だよね!!

 

 

 

て事で、先ずは

先行一次抽選  外れ・・😫

 

 

先行二次抽選  外れ・・😫

 

 

一般発売で何とか購入できたのがSS席¥38,800・・😨😨

 

 

まっしゃーないw 行けないよりはマシ。

そもそも僕はおまかせしっ放しw

チケットが入手出来た事に感謝感謝なのでした。

 

 

ヨシュア・トゥリー・ツアー2019」

◎ 2019/12/4(水)

さいたまスーパーアリーナ・ open 18:00 / start 19:30

◎2019/12/5(木)

さいたまスーパーアリーナ

open 18:00 / start 19:30

 

 

 

U2/The Joshua Tree Tour 2019 @ SAITAMA SUPER ARENA 2019・12・5 ( THU )

f:id:k_sakashita:20191205183433j:plain

別席でチケット取ってたキーちゃんも含め、

3人で18:30会場到着。

f:id:k_sakashita:20191205183546j:plain

僕は2006年のVERTIGOツアーをやはり、ここSSAで見て以来2度目のU2参戦。

f:id:k_sakashita:20191205183602j:plain

特に物販は購入せず。

f:id:k_sakashita:20191205183828j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205183706j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205183907j:plain

SS席入場口通過した後、特典のお土産をここで⇩手渡されました。

f:id:k_sakashita:20191205184137j:plain

メンバーそれぞれのピックが入ったセットです☆

f:id:k_sakashita:20200518111051j:plain

 

f:id:k_sakashita:20200518111151j:plain

 

f:id:k_sakashita:20200518111314j:plain

 

f:id:k_sakashita:20200518111327j:plain

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20191205185705j:plain

自分の席に着くとこんな感じ。⇩の赤丸🔴の辺りです。

しかしスクリーンの横幅やばいね!!

f:id:k_sakashita:20200602155344j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205185806j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205185730j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205194546j:plain

PAブースにあるスクリーン用のモニターもやばやば😯

f:id:k_sakashita:20191205185821j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205193233j:plain

 

 

 

 

19:49 開演予定を約20分押してメンバーがまずはセンターステージに登場!!

f:id:k_sakashita:20191205194920j:plain

最初に現れたのはドラムのラリー。メインステージから1人歩いてきて、自分のドラムセットに座ると、早々にハットを刻み出す!!

f:id:k_sakashita:20191205194926j:plain

ラリーが8小節刻んだ後、エッジの紡ぎ出す聞き慣れたアルペジオがかぶさり、ボノが「オ〜オオ〜♪」とメロディーを歌うと、同じメロディーを会場の皆も続けて歌う♪

そのやり取りが数度あり、

f:id:k_sakashita:20191205194948j:plain

1曲目、’83/3rd『War』から

「Sunday Bloody Sunday」!!

f:id:k_sakashita:20191205195050j:plain

13年の空白が瞬時に満たされた夢の様なオープニングで幕開け♪

今回のツアーはヨシュア・ツリー完全再現と謳われているけど、先ずはセンターステージで初期ベストヒッツからスタート♪

f:id:k_sakashita:20191205195055j:plain

 

 

 

2曲目、’81/2nd『October』から「Gloria」

f:id:k_sakashita:20191205195533j:plain

ボノはとてもアクティブにオーディエンスを煽り続けていた。いつものイメージのままのボノでなんだか少し安心w
エッジのトーンやディレイ・タイムも相変わらずで痺れてしまう♪

f:id:k_sakashita:20191205195547j:plain

僕はU2の「Gloria」きっかけで、ヴァン・モリソンの「Gloria」を知ったけど、当の本人達はパティ・スミスのカバー経由で知ったヴァン・モリソンの「Gloria」。

自分達の楽曲でも一部オマージュ演奏してますね♪

因みに前日(初日)の2曲目は『Boy』からの「 I Will Follow」だった模様。

f:id:k_sakashita:20191205195854j:plain




3曲目、’83/3rd『War』から「New Year's Day」

f:id:k_sakashita:20191205200002j:plain

曲のど頭イントロのタイミングで、センターステージ前方のお客さんから投げられたタオルを受け取ったボノは、タオルを横に広げながらゆっくりとエッジが弾くエレピの前まで歩いて行き、エレピにそっとタオルを置いてからAメロを歌い出す♪

f:id:k_sakashita:20191205200036j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205200233j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205200304j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205200309j:plain

 

 

 

4曲目、’84/4th『焔』から「Bad」

f:id:k_sakashita:20191205200555j:plain

「Bad」のオープニングで同期のSEが静かになり続ける中、ボノの「コンバンワ!昨夜は素晴らしい時間だった。でも今夜はもっと高いレベルまで持って行けるはず。Rock’n’Roll Transcendenceだ!(Transcendence:超越) 日本語でどう言えばいいのかのか分からないけど、僕らの言いたいことはきっと感じてもらえるはずだ。僕らは互いに、音楽に、愛に、身を委ねるためにここにいるんだ!」のMCで曲が始まる♪

f:id:k_sakashita:20191205200901j:plain

ラリーの周りに皆が集まり、中間部まで演奏した後、

f:id:k_sakashita:20191205201048j:plain

「ほんの少しの間でいい、皆の思いを寄せよう。僕らはこうしてここにいる。生きている。集まっている。会場に輝くこの星空、このスタジアムを大聖堂に変えよう。それぞれのスマートフォンをキャンドルがわりに。偉大な国が生んだ、偉大なる1人の人間、偉大なる中村哲医師を偲んで…」

アフガニスタンで凶弾に倒れたピース・ジャパン・メディカルサービス総院長、中村哲医師への追悼の言葉が述べられると、センターステージに放たれていたピンスポの明かりが消え、会場全体にスマホの灯が広がりをみせた。

f:id:k_sakashita:20191205201243j:plain

楽曲後半では「Bad」のコード進行のまま、サイモン & ガーファンクルの「Boxer」の一節 も挿入された♪

f:id:k_sakashita:20191205201251j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205201302j:plain




5曲目、『焔』から「Pride (In the Name of Love)」

f:id:k_sakashita:20191205201552j:plain

中村哲氏の名前が何度も呼ばれた後は、公民権運動の指導者マーティン・ルーサー・キング牧師へ捧げられた楽曲。

f:id:k_sakashita:20191205201602j:plain

サビは会場がひとつとなった大合唱♪

f:id:k_sakashita:20191205201751j:plain

センターステージで演奏された5曲でまずは初期ベストヒッツが終了。

 

 

 

 

ここからがいよいよ『The Joshua Tree』タイム♪

最初の曲のイントロSEが鳴り始める中、4人がゆっくりとメインステージへと歩を進める。

f:id:k_sakashita:20191205201938j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205201951j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205202013j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205202042j:plain

 

 




メインステージへの移動を終え始まった6曲目、

「Where the Streets Have No Name」

f:id:k_sakashita:20191205202240j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205202343j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205202433j:plain

今までさんざん色んなステージを見て来たけど・・・こんな超巨大スクリーンはあまりにも初めて過ぎて・・・鳥肌モノなんて通り越してたw 百聞は一見にしかずです⬇


U2 - Where The Streets Have No Name - Tokyo, Saitama Super Arena 05-12-2019

スクリーン全体が写っているものが理想だったけど、海外公演のものとか色々あると思うので、スタンドから撮っているものなんかも検索して見てみて下さい。取り敢えず当日の物を貼っておきます。

 

 

 

7曲目、「I Still Haven't Found What I'm Looking For」

f:id:k_sakashita:20191205202700j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205202703j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205202716j:plain

 

 

 

8曲目、「With or Without You」

f:id:k_sakashita:20191205203231j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205203359j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205203436j:plain

 

 

 

9曲目、「Bullet the Blue Sky」

f:id:k_sakashita:20191205203635j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205203719j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205203828j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205203907j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205204023j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205204139j:plain





10曲目、「Running to Stand Still」

f:id:k_sakashita:20191205204158j:plain

エッジの奏でるピアノで曲がスタート♪

f:id:k_sakashita:20191205204242j:plain

曲のラストにはレナード・コーエンの「Hallelujah」も歌われた♪

f:id:k_sakashita:20191205204257j:plain




11曲目、「Red Hill Mining Town」

f:id:k_sakashita:20191205204818j:plain

スクリーンに映る管楽器隊の皆さんの音も、実際に同期で鳴っていました♪

f:id:k_sakashita:20191205204921j:plain

エッジは2曲続けてエレピ担当♪

f:id:k_sakashita:20191205205102j:plain

 

 

 

12曲目、「In God's Country」

f:id:k_sakashita:20191205205300j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205205322j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205205331j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205205347j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205205351j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205205506j:plain




13曲目、「Trip Through Your Wires」

f:id:k_sakashita:20191205205946j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205205955j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205210121j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205210254j:plain




14曲目、「One Tree Hill

f:id:k_sakashita:20191205210353j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205210439j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205210632j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205210645j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205210656j:plain




15曲目、「Exit」

f:id:k_sakashita:20191205210920j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205210926j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205210941j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205210948j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205211201j:plain




16曲目、「Mothers of the Disappeared」

f:id:k_sakashita:20191205211448j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205211529j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205211928j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205211934j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205211942j:plain

楽曲のエンディングで4人がセンターステージまで移動し、お辞儀。これにて『The Joshua Tree』完全再現は終了☆

 

そして本編ラストとなった17曲目は’88/5th『Rattle and Hum』から「Desire」♪
因みに前日(初日)の17曲目は同アルバムから「Angel Of Harlem」。

初日と2日目で楽曲が入れ替わったのは、2曲目と17曲目の2曲でした♪

f:id:k_sakashita:20191205212024j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205212033j:plain

21:24 本編終了☆☆

f:id:k_sakashita:20191205212444j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205212456j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205212544j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20191205212653j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205212659j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205212706j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205212740j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205212744j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205212748j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205212800j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205212807j:plain

 

 

 

 

 

 

アンコール1曲目(18曲目)、

’00/10th『All That You Can't Leave Behind 』から「Elevation」

f:id:k_sakashita:20191205212826j:plain

アンコールは後期のベストヒッツ♪♪

f:id:k_sakashita:20191205212919j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205213027j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205213047j:plain




アンコール2曲目(19曲目)、

’04/11th『How to Dismantle an Atomic Bomb』から「Vertigo」

f:id:k_sakashita:20191205213143j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205213202j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205213205j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205213211j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205213228j:plain

 

 

 

「Vertigo」終了後、メンバー紹介を経て、

Bono

f:id:k_sakashita:20191205213611j:plain

Larry Mullen, Jr.

f:id:k_sakashita:20191205213637j:plain

Adam Clayton

f:id:k_sakashita:20191205213716j:plain

The Edge

f:id:k_sakashita:20191205213749j:plain
アンコール3曲目(20曲目)、

'91/7th『Achtung Baby 』から「Even Better Than the Real Thing」

f:id:k_sakashita:20191205213800j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205213825j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205214004j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205214011j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205214024j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205214056j:plain




アンコール4曲目(21曲目)、
’17/14th『Songs of Experience』から「You're the Best Thing About Me」

f:id:k_sakashita:20191205214339j:plain

エッジはアコギに持ち替え、ラリーはスネアの横にカホンを置き、アダムは竿はそのままでウッドベース風なトーンで(そんなエフェクターがあるのか!?)、いわゆるアコースティックヴァージョンで♪

f:id:k_sakashita:20191205214530j:plain

 

 

 

アンコール5曲目(22曲目)、

’00/10th『All That You Can't Leave Behind 』から「Beautiful Day」

f:id:k_sakashita:20191205214757j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205214802j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205214808j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205214827j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215008j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215033j:plain

曲間で、長年に渡りu2.com に寄稿してきたキャスリーン・ファルサーニの名前をあげ。そして女性として初の国連難民高等弁務官を1991年から2000年まで務め、先日亡くなった緒方貞子氏にこの曲が捧げられた。

「世界の女性たちが団結し、HISTORY(男性のストーリー)をHERSTORY(女性のストーリー)に書き換えることができたならば…それは美しい日になるだろう…世界の女性たち…マダム・オガタ、これをあなたに捧げます。」

f:id:k_sakashita:20191205215132j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215142j:plain

 

 

 

アンコール6曲目(23曲目)、

’91/7th『Achtung Baby 』から「Ultraviolet (Light My Way)」

f:id:k_sakashita:20191205215347j:plain

緒方さんに捧げられた前曲に続き、次に演奏された楽曲では、貧困救助のための非営利団体[ONE キャンペーン]の活動の“Poverty Is Sexist Campaign”の一環として、世界で活躍する(闘う)女性がスクリーンに映し出された。

f:id:k_sakashita:20191205215423j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215435j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215440j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215445j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215509j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215513j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215535j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215546j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215558j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215602j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215608j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215626j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215636j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215651j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215708j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215713j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215721j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215729j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215735j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215745j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215750j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215811j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215829j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215835j:plain

www.one.org

 

 

 

アンコール7曲目(24曲目)、

’17/14th『Songs of Experience 』から「Love Is Bigger Than Anything in Its Way」

f:id:k_sakashita:20191205215909j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205215943j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205220016j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205220129j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205220309j:plain

 

 

 

この日最後となったアンコール8曲目(25曲目)、

’91/7th『Achtung Baby』から「One」

f:id:k_sakashita:20191205220526j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205220534j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205220917j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205220922j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205220929j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205220932j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205220941j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205220947j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205221010j:plain

22:10 公演終了☆☆☆

f:id:k_sakashita:20191205221157j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191205221203j:plain

01.  Sunday Bloody Sunday
02.  Gloria
03.  New Year's Day
04.  Bad(with "The Boxer" )
05.  Pride (In the Name of Love)

【The Joshua Tree】
06.  Where the Streets Have No Name
07.  I Still Haven't Found What I'm Looking For
08.  With or Without You
09.  Bullet the Blue Sky
10.  Running to Stand Still(with "Hallelujah" )
11.  Red Hill Mining Town
12.  In God's Country
13.  Trip Through Your Wires
14.  One Tree Hill
15.  Exit
16.  Mothers of the Disappeared
17.  Desire

       < encore >
18.  Elevation
19.  Vertigo
20.  Even Better Than the Real Thing
21.  You're the Best Thing About Me(acoustic)
22.  Beautiful Day
23.  Ultraviolet (Light My Way)
24.  Love Is Bigger Than Anything in Its Way
25.  One



4万円近く払い、かなり遠くから見た公演となりましたが、むしろ超巨大スクリーンの全貌を見れたことは、まったく後悔しないハイプライスシートとなったわけですが。

まぁスタンディングエリアで見れたなら、それはそれで凄い迫力だったんでしょうねw

 

とにかくU2はここ数十年、エンターテイメント界においては、世界でもトップを独走しているわけで。興行成績に於いて長者番付1位は伊達ではなかったのです☆

最高の楽曲に乗せ、様々な愛のメッセージを発信し続けるのです。もう最強なのです

 

次回はもう少し短いスパンで来日して欲しいと思いつつ、

また次回までご機嫌よ〜(○´w`)ノ  PEACE!!

 

 

P.S. 

Blast the fu#★in' coronavirus!! Good luck everyone☆ 

 

 

ANVIL @ Kichijyoji CLUB SEATA 2019

 

 

アンヴィル 5年振りの来日!! 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20200315164037j:plain

 

◎ANVIL @ Shinjyuku LOFT 2014 - さかしたBLOG

 

 

 

2014年以来、5年振りとなったアンヴィルの来日公演☆

f:id:k_sakashita:20200315213441j:plain

⬆この時はロフトの2日目に参戦。

 

そしてその2年後2016年にも来日が決まり、

チケットも抑えていましたが、

f:id:k_sakashita:20200315213653p:plain

この時の来日はメンバーの諸事情により延期となり、

今回5年振りの来日が無事実現したわけです♪

 

 

◎2019年11月7日(木)
会場:吉祥寺CLUB SEATA
時間:Open 18:00 Start 19:00
※クラシックソングを中心に新旧ナンバーを織り交ぜたANVILフルスケールショー

 

◎2019年11月8日(金)
会場:新宿Zirco Tokyo
時間:Open 17:30
【オープニングイベント】18:00 〜20:00
あの伝説が再び蘇る!
HEAVY METAL NIGHT HM/HR DJイベント!

20:00〜ANVIL Live
※ANVIL ベスト オブ ベストショー

 

 

◇ Steve "Lips" Kudlow ( Gu )

◇ Robb "Geza" Reiner ( Ba )

◇ Chris "Christ" Robertson ( Dr )

 

 

 

今回の公演は東京の2日間のみ。て事で、2014年のロフト公演を一緒に見たフレデリカってバンドのベーシスト、アサノデリカと今回も2人で初日のフルスケールショウの方を見に行ってきた☆

 

で、チケット購入してみたら、整理番号14番!! 

f:id:k_sakashita:20200315215312j:plain

一般発売から割と遅れて購入した割には早い番号が取れたので、これは最前列行けるかもと、オープン前の17:45頃にアサノデリカと会場到着。

2009年にオープンしたクラブ・シータだけど、僕は今回足を運ぶのが初めて。何処にあるのか全然分かってなかったんだけど、会場着いてみたら 元は某家電量販店があった場所だね。かなり頻繁にここは来てました。

同じ通りにヨドバシさん出来て、某家電量販店は食われちゃったんだけどねxxx 地下1階の一角にクラブ・シータさんがありました。

 

ANVIL Japan Tour @ Kichijyouji CLUB SEATA  2019・11・7 ( thu )

f:id:k_sakashita:20191107175133j:plain

で、当然会場には整理番号順に入るわけで、14番なんてすぐだぜーって思ってたら、スタッフの方が番号を読み上げはじめたんだけど、

「まずはチケットぴあ1番の方ぁ!」・・・

 

あ・・そう言う事ね・・・

 

そりゃそうだね。結構遅れて取ったし。そうだよねw

ってオチでした😁

 

”チケットぴあ”の1〜100番が呼ばれたあと、一般チケットの番号で会場入り。先に50人くらいは入ったかな。

f:id:k_sakashita:20191107180522j:plain

f:id:k_sakashita:20191107204221j:plain

会場入り口通過するとすぐ右手に物販コーナーあり、

f:id:k_sakashita:20191107204405j:plain

f:id:k_sakashita:20191107204429j:plain

f:id:k_sakashita:20191107204141j:plain

僕はこの⬆バンド持ち込みのLサイズ購入(2014年のロフトでリップスが着てたやつだね)。アサノデリカは今回のツアーT購入。コインロッカーに鞄と上着をいれ、購入したTシャツ着て会場フロアへ。

f:id:k_sakashita:20191107181552j:plain

なんとか上手端の少し出っ張った位置の外音用モニターの真ん前に立てた。並びで言うと2列目くらいだね。

 

 


時間は19時ジャスト、アンヴィル登場!!

f:id:k_sakashita:20191107190027j:plain

5年前と何も変わらない3人☆☆☆

f:id:k_sakashita:20191107190038j:plain

お馴染みのピックアップをマイク代わりに叫ぶ挨拶♪

f:id:k_sakashita:20191107190108j:plain

1曲目、’82/2nd『Metal on Metal』からインストナンバー「March Of The Crabs」で幕開け。

f:id:k_sakashita:20191107190212j:plain

3連符が続く疾走型ナンバー♪♪♪

f:id:k_sakashita:20191107190416j:plain

終始笑顔のリップス☆

 

 

 

2曲目も『Metal on Metal』から「666」

f:id:k_sakashita:20191107190503j:plain

独特のタメが特徴的なAメロ♪ 今回で彼等を見るのは3回目だけど、あの独特なタメを聞くと、また彼等の音を生で体感出来ているという実感が強く湧く。

f:id:k_sakashita:20191107190752j:plain



 

3曲目、’81/1st『Hard 'N' Heavy』 から「School Love」

f:id:k_sakashita:20191107191148j:plain

「666」〜「School Love」開始早々、出し惜しみ無し怒涛の畳み掛け☆ 

f:id:k_sakashita:20191107191213j:plain

短いイントロからそのまま同じコード進行でサクッとAメロへ♪

f:id:k_sakashita:20191107191322j:plain

Bメロはお得意のタメを効かしたリフ♪

f:id:k_sakashita:20191107191327j:plain

 

 

 

4曲目も『Hard 'N' Heavy』 から「Ooh Baby」 

f:id:k_sakashita:20191107191406j:plain

これぞハードメタルロールな王道リフが続く楽曲♪ 

f:id:k_sakashita:20191107191706j:plain

 

 

 

5曲目、’13/15th『Hope in Hell』から「Badass Rock 'N' Roll」 

f:id:k_sakashita:20191107191820j:plain

5年前には見られなかった”お約束”がフロントマン2人の間で随分増えてた。  要は、この曲のこの部分ではこういうアクションを2人で揃えるとか、そういうやつね☆ 

この曲なんかもAメロでそういったアクションがありました♪

f:id:k_sakashita:20191107191851j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107192018j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107192107j:plain

サビの「Badass Rock 'N' Roll〜♪」は皆で大合唱♪

f:id:k_sakashita:20191107192111j:plain

 

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20191107192430j:plain

f:id:k_sakashita:20191107192456j:plain

3連符が続くクリスのベースソロが1分程あり♪

f:id:k_sakashita:20191107192508j:plain 

6曲目、’83/3rd『Forged in Fire』から「Winged Assassins」

f:id:k_sakashita:20191107192609j:plain

重く疾く変拍子多めの楽曲⚡

f:id:k_sakashita:20191107192722j:plain

1983年に発表された楽曲って事を考えると、NWOBHMの流れから更に進化した、スラッシュの先駆けなのかしらね。やはり😁

f:id:k_sakashita:20191107192923j:plain

 

 

 

7曲目も『Forged in Fire』から「Free As The Wind」

f:id:k_sakashita:20191107193410j:plain

16部でザクザク系の疾走メタルナンバー♪

イントロの後の短めのギターソロもめっちゃかっこいい。なんだかあらためて文字に起こしててもいい曲ばっかだな〜🙄

f:id:k_sakashita:20191107193550j:plain

曲の前にモーターヘッドの故レミーとの思い出がリップスから語られ(レミーの物真似もありw)、レミーに捧げられた楽曲でした。 

f:id:k_sakashita:20191107193744j:plain




8曲目、’11/14th『Juggernaut of Justice』から「On Fire」

f:id:k_sakashita:20191107194020j:plain

割とストレートな8ビートハードR'N'R♪

f:id:k_sakashita:20191107194058j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107194234j:plain

 

 

 

9曲目、’07/13th『This Is Thirteen』から「This Is Tirteen」

f:id:k_sakashita:20191107194527j:plain

バンドが再ブレイクの狼煙を上げるきっかけとなった映画「アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち」。その再ブレイクの後に発表されたのがこのアルバムだったかな!?

たぶん今回のセットリストの中でも最もスローなテンポのドゥーミーな楽曲。セトリの中間部で良い緩急ついてました♪

f:id:k_sakashita:20191107194429j:plain

相変わらず自分のマイクスタンドの足元ではなく、アンプの前にエフェクターボードを置いているリップス。間奏のギターソロでは重々しいドゥーミーな楽曲にマッチしたディレイがかかってました♪ 

f:id:k_sakashita:20191107194435j:plain

 

 

 

10曲目、『Metal on Metal』から「Mothra」

f:id:k_sakashita:20191107195240j:plain

さあさあお待ちかねの曲だよ〜♪

f:id:k_sakashita:20191107195342j:plain

まずはしっかり4分程結構入り組んだ展開演奏し、

f:id:k_sakashita:20191107195408j:plain

準備はいいか?って感じで、

f:id:k_sakashita:20191107195500j:plain

お得意のピックアップをマイク代わりに使っての、

f:id:k_sakashita:20191107195505j:plain

コール&レスポンスから、

f:id:k_sakashita:20191107195508j:plain

十八番のヴァイブレーターを使ったギターソロへ☆

f:id:k_sakashita:20191107195633j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107195703j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107195923j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107200049j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107200058j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107200103j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107200113j:plain

因みにMothraは⬇モスラの事ね😁

f:id:k_sakashita:20200322171052j:plain

11〜13分の長尺曲のラストは日本式のお辞儀!?で締めです。これ来日公演だけじゃなくて、海外でのライブの時もやってますね。日本の怪獣映画”モスラ”の歌だってMCもあるしね☆

f:id:k_sakashita:20191107200144j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107200146j:plain




11曲目、『Juggernaut of Justice』から「Swing Thing」

f:id:k_sakashita:20191107200802j:plain

ドラム メインのインスト曲♪

f:id:k_sakashita:20191107200831j:plain

ロブのソロを聞いていると、彼のバックボーンの一片にはスイング・ジャズからの影響があることが伺える。そんなホットなドラミングでした♫ そもそも彼の握りはレギュラー・グリップだしね♪

f:id:k_sakashita:20191107200953j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107201527j:plain




12曲目、’18/17th『Pounding The Pavement』から「Bitch In The Box」

f:id:k_sakashita:20191107201601j:plain

先日めでたく18枚目のアルバムが発表されたけど、

このライブの時点では最新アルバムから唯一お披露目された、相変わらず変拍子いっぱいの楽曲でした♪ 

f:id:k_sakashita:20191107201934j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107202124j:plain




本編ラストとなったのは、『Metal On Metal』から
「Metal On Metal」!!

f:id:k_sakashita:20191107202350j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107202422j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107202357j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107202543j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107202553j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107202719j:plain

 

 

20:28 本編終了☆

f:id:k_sakashita:20191107202807j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107202809j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107202811j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20191107202832j:plain

 

 

 

 

 

 

アンコール1曲目(14曲目)、

『Juggernaut of Justice』から「Running」

f:id:k_sakashita:20191107202859j:plain

タイトル通り、歌っている時と、ギターソロの時以外 フロントマン2人はずっと走ってます💨💨💨

f:id:k_sakashita:20191107202906j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107202917j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107202926j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203100j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203151j:plain

 

 

 

アンコール2曲目(15曲目)にして、この日ラストとなったのは、

ステッペン・ウルフのカバーで「Born To Be Wild」!!

f:id:k_sakashita:20191107203222j:plain

ちょっと予想してない選曲だったけど、最高にワイルドにきめてくれました! 最高でした!!

f:id:k_sakashita:20191107203313j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203339j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203350j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203401j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203413j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203458j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203505j:plain

なんか手前の「Running」よりも走り回ってたwww

f:id:k_sakashita:20191107203600j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203602j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203606j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203607j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203617j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203618j:plain

 

 

20:36 公演終了☆☆☆

f:id:k_sakashita:20191107203634j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203637j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203640j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203644j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203657j:plain

楽屋に下がる直前でスタッフさんに止められ、

f:id:k_sakashita:20191107203707j:plain

もう一度記念写真撮影。 たぶん最初に撮ったのが、上手く撮れてなかったんだろうねw

f:id:k_sakashita:20191107203727j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203729j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203735j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203829j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191107203751j:plain 

   1.  March Of The Crabs

   2.  666

   3.  School Love

   4.  Ooh Baby

   5.  Badass Rock 'N' Roll

   6.  Winged Assassins

   7.  Free As The Wind

   8. On Fire

   9.  This Is Tirteen

 10.  Mothra

 11.  Swing Thing

 12.  Bitch In The Box

 13.  Metal On Metal

       < encore >

 14.  Running

 15.  Born To Be Wild

 

 

最高に熱い男達が5年振りに日本に戻って来て、最高に熱いステージを最高の笑顔と共に届けてくれました! お気づきの方もいらっしゃるかもですが、かなりリップスのカメラ目線多いです。たまたまではなく、本人確実に意識してスマホ掲げてる方達それぞれに、笑顔やファニーな表情を終始向けてました。ステージ中ずっとです。

 

長く辛酸を舐め続け、日の目の当たらなかった彼は、再ブレイク以降 かれこれ13年近く経ちますが、決して驕る事なく1ステージ1ステージ全力で向かい、会場に足を運んでくれるファンをとても大切に思ってくれているのだと今回あらためて感じました。その姿勢はきっと今後も変わる事なく続くのだと思います。

 

早くまた日本に戻って来て欲しいな☆

そう言えば吉祥寺の翌日のDJイベント含めた彼等のライブは、きっと短めのセットリストなんだろうと思っていましたが、なんか13曲やったみたいです。

フルスケールショウを謳った初日と2曲しか変わらんやんけw  

2日目も行けば良かったなwww

 

 

追伸、外音用モニターの真正面に立ち、ずっと左を向いていたら、終演後から翌朝まで右耳聞こえなくなってましたw 次からライブハウス行く時は、念の為に耳栓用意しておこうと生まれて初めて思いましたw

 

 

 

 

ではでは今回はこんな感じで、

また次回までご機嫌よ〜(*ゝω・*)ノ  PEACE!!

 

 

 

TEDESCHI TRUCKS BAND @ Tokyo Dome City Hall 2019

 

昨年6月、テデスキ・トラックス・バンド見て来た☆

 

f:id:k_sakashita:20200204191949j:plain

 

 

◎TEDESCHI TRUCKS BAND @ Shibuya AX 2014 - さかしたBLOG

 

◎TEDESCHI TRUCKS BAND @ Budokan 2016 - さかしたBLOG

 

 

6月11日(火)大阪 あましんアルカイックホール 19:00開演
6月12日(水)名古屋 Zepp Nagoya 19:00開演
6月14日(金)東京ドームシティホール 19:00開演
6月15日(土)東京ドームシティホール 17:00開演
6月16日(日)東京ドームシティホール 16:00開演 

 

デレク・トラックス(g)
◆スーザン・テデスキ(vo, g)
◇タイラー・グリーンウェル(ds, per)
◆J.J. ジョンソン(ds, per)

ブランドン・ブーン(b)

◆ゲイブ・ディクソン(keys)
◇マイク・マティソン(vo)
アリシア・シャコール(vo)
◇マーク・リヴァース(vo)

◆ケビ・ウィリアムズ(sax)
◇エフライム・オーウェンズ(tp)
◆エリザベス・レア(tb)

 

 

 

 

 

TEDESCHI TRUCKS BAND・SIGNS 2019 TOUR @ TOKYO DOME CITY HALL 2019・6・16 ( sun )

f:id:k_sakashita:20190616152535j:plain

今回はいつもの石井社長と2人で行ってきました。

石井社長と会場前で合流し、15:25会場入り

この日は日曜だったので、開演が16時と ちと早め。

まずは物販でTシャツ購入し、さっそく購入した物に着替える(1番のやつ買いました)。

f:id:k_sakashita:20190616153327j:plain

f:id:k_sakashita:20190616153343j:plain

f:id:k_sakashita:20190616153257j:plain

f:id:k_sakashita:20190616153305j:plain

f:id:k_sakashita:20190616153237j:plain

今回はこちら⬇の新譜発売に伴うツアーです。

サインズ

サインズ

 

 

 

 

Tシャツ も無事購入でき、自分達の席へ。

今回は前から2列目のど真ん中😍😍😍

f:id:k_sakashita:20200211132712j:plain

前回のこの会場の時はリンゴの1列目だったけど、やや上手寄りだったので、今回の2列目ど真ん中の方が感覚的には、より最高でした❤

f:id:k_sakashita:20190616160149j:plain

 

 

 

16:02客電落ち今回のジャパンツアー最終日がスタート♪
1曲目、新譜『Signs』から「Signs, High Times

f:id:k_sakashita:20190616160250j:plain

ディレクのピーキーに歪んだレイドバックトーンのイントロから、

f:id:k_sakashita:20190616160321j:plain

スーザンの力強いAメロの歌い出しでショウがスタート♪

f:id:k_sakashita:20190616160407j:plain

マイク・マティソンもメインボーカルの掛け合いで参加♪

ミディアムテンポのタイトなナンバー(このバンドはほとんどがミディアムテンポだけどね)♪

 

 

2曲目、テデスキ・トラックス・バンド(以下TTB)

’13/2nd『Made Up Mind』から「Part Of Me

f:id:k_sakashita:20190616160802j:plain

鍵盤の脇には、2019年2月15日、57歳で亡くなったTTBのキーボード/フルート奏者、コフィ・バーブリッジへの献花が置かれていました。

f:id:k_sakashita:20190616160825j:plain

 

R.I.P.  Kofi Burbridge

f:id:k_sakashita:20200212144152j:plain

 

「Part Of Me」は、2ndアルバムの中でも僕の好きなメジャーコードにG#が絡む、清々しい青空を連想させられる楽曲♪

f:id:k_sakashita:20190616160954j:plain

楽曲後半ケビ・ウィリアムズのサックス・ソロが最高に心地良し♪

f:id:k_sakashita:20190616161207j:plain

 

 

 

3曲目、TTB '16/3rd『Let Me Get By』から「Right On Time

f:id:k_sakashita:20190616161522j:plain

マイク・マティソンがリードボーカルを務める楽曲。

上手く表現出来ないけど、雰囲気的には、ミュートきかしたトロンボーンから入る、

ブルース・ブラザーズの中でキャブ・キャロウェイが歌っていた楽曲的な感じです♪
凄く好きな世界観なんだけど、こう言う楽曲を例える名称はあるんだろうか? 誰か教えてプリーズ!

f:id:k_sakashita:20190616161533j:plain

スーザンもコーラスで参加♪

f:id:k_sakashita:20190616161650j:plain

 

 

 

4曲目、新譜『Signs』から「When Will I Begin?

f:id:k_sakashita:20190616161956j:plain

Aメロ、コード進行が ストーンズのアンジーにとてもよく似ています♪ 

なので、あの悲しい感じで進んで行きつつ、Bメロでワルツぽく転調し、疾走感が増します♪

f:id:k_sakashita:20190616162134j:plain

ラストはエイトでテンポ落として終わるので、4分弱の中で小気味好い変化が味わえました♪

f:id:k_sakashita:20190616162323j:plain

 

 

 

5曲目、Derek and the Dominos のカバーで「Keep On Growing

f:id:k_sakashita:20190616162629j:plain

原曲はこちら⬇からですね。デレク・トラックスとの関係やその他諸々は、前回までの記事で書いてきたので、割愛致します。

f:id:k_sakashita:20200212164328j:plain

f:id:k_sakashita:20190616162739j:plain

もう、全てがハマり過ぎていて、最高に幸せな気持ちなのです! 生で見てない方、めちゃくちゃ損してるぜ〜😱

f:id:k_sakashita:20190616162758j:plain

 

 

 

6曲目、Charles Seagerのカバーで「Key To The Highway

f:id:k_sakashita:20190616163559j:plain

ブルース・ピアニストのチャールズ・シーガーが、1940年2月に録音した楽曲。

f:id:k_sakashita:20200212171227j:plain

1958年にはLittle Walter が、シカゴ・ブルース流儀で再解釈し、R&Bチャートでヒット。以降、定番曲として多くのアーティスト達が追演。

f:id:k_sakashita:20190616164054j:plain

もうこの楽曲は、ありとあらゆる人達がカバーしてますね!

クラプトンとかキースとかね。TTBバージョンはマイク・マティソンがリードボーカルで、骨太に聞かしてくれました♪ もちろんデレクもがっつり弾きたおしましたよ♪

会場はもう スーパーハッピーでしたね😍😍😍

f:id:k_sakashita:20190616164128j:plain




7曲目、デレク・トラックス・バンド '09/8th『Already Free』から「Swamp Raga」〜続けて

TTB '11/1st『Revelator 』から「Midnight In Harlem
※「Swamp Raga」〜「Midnight In Harlem」の流れは彼らのセットリストにおいて必須となっております♪

f:id:k_sakashita:20190616164436j:plain

まずはインストナンバー「Swamp Raga」で、デレクのアラビアックスケールなメロディがゆっくりと会場に染み渡り、

f:id:k_sakashita:20190616164624j:plain

8〜9分あるインストの中間あたりから、ケビ・ウィリアムズのサックスがそっと重なりをみせる♪

Midnight In Harlem」のリフをデレクが爪弾き、イントロのオルガンが重なると月が浮かび、歓声が上がる♪♪♪

f:id:k_sakashita:20190616165051j:plain

この会場にいる皆が何よりも楽しみにしている瞬間だと断言出来る程の、最高のマジックタイム

f:id:k_sakashita:20190616165111j:plain

archive.org

⬆ここで当日の演奏がフリーで聞けるので、是非とも「Swamp Raga」〜「Midnight In Harlem」の流れを聞いて欲しい😍

f:id:k_sakashita:20190616165427j:plain

もう全てがとんでもなく良いから❣❣

f:id:k_sakashita:20190616165457j:plain

 

 

 

8曲目、『Let Me Get By』から「I Want More

f:id:k_sakashita:20190616165956j:plain

ややアップテンポなロッキンナンバー♪

f:id:k_sakashita:20190616170024j:plain

1回目のギターソロは珍しく夫婦でユニゾン♪♪

f:id:k_sakashita:20190616170247j:plain

f:id:k_sakashita:20190616170328j:plain

ニゾンのあとデレクがひとしきりソロをとり、

f:id:k_sakashita:20190616170127j:plain

ふたまわし目の歌のあと、2回目のデレクのギターソロから、

f:id:k_sakashita:20190616170152j:plain

ブランドン・ブーンのベースソロへ♪

f:id:k_sakashita:20190616170738j:plain

ベースソロのあとは、タイラー・グリーンウェルとJ.J. ジョンソンのツインドラムソロにて15分オーバーの楽曲終了♪ 

f:id:k_sakashita:20190616171054j:plain

f:id:k_sakashita:20190616171103j:plain

f:id:k_sakashita:20190616171109j:plain

f:id:k_sakashita:20190616171132j:plain

エンディングのきっかけのデレクのギターがまたかっこいいんだな〜♪

f:id:k_sakashita:20190616171437j:plain




9曲目、Sleepy John Estesのカバーで「Leaving Trunk

f:id:k_sakashita:20190616171537j:plain

スリーピー・ジョン・エスティス( 1899年1月25日 - 1977年6月5日) )はテネシー州出身のカントリー・ブルースのシンガー、ギタリスト。

f:id:k_sakashita:20200220213500j:plain

デレク・トラックス・バンドの『Live At Georgia Theatre』にもこのカバーが収録されてるね♪

f:id:k_sakashita:20190616171612j:plain

マイク・マティソンのボーカルでアップテンポに曲が進行♪

f:id:k_sakashita:20190616172002j:plain

ゲイブ・ディクソンのピアノトーンのソロから、

f:id:k_sakashita:20190616172411j:plain

エリザベス・レアのトロンボーン・ソロにて曲をしめると、

f:id:k_sakashita:20190616172245j:plain

更に続くカバーナンバー♪♪
Rahsaan Roland Kirkの「Volunteered Slavery」へ。

f:id:k_sakashita:20190616172605j:plain

ローランド・カーク(1935年または1936年8月7日 – 1977年12月5日)は、アメリカのジャズ・ミュージシャンの一人。盲目でありながらサクソフォンやフルート、トランペット、オーボエ、ピッコロ、イングリッシュホルン、リリコンなど、多種多様な管楽器を演奏した。

f:id:k_sakashita:20200223150933j:plain

f:id:k_sakashita:20190616172704j:plain

歌メロとホーンセクションがユニゾンする全員参加型のアグレッシブな楽曲♪ 

f:id:k_sakashita:20190616172853j:plain




10曲目、新譜『Signs』から「Hard Case

f:id:k_sakashita:20190616173013j:plain

ギターを置いて歌いだしたスーザン。アップテンポで暖かいコード進行の楽曲。好きですこの曲♪

f:id:k_sakashita:20190616173202j:plain

間奏はゲイブ・ディクソンの軽快な鍵盤ソロ♪

f:id:k_sakashita:20190616173232j:plain

 

 

 

11曲目、まずはJohn Prineのカバーで「Angel From Montgomery

f:id:k_sakashita:20190616173444j:plain

1946年10月イリノイ州出身のカントリーシンガーJohn Prineの1971年作品♪

f:id:k_sakashita:20200224162717j:plain

ゆったりと、憂いのある楽曲♪

スーザンのボーカルでしっとりと。

f:id:k_sakashita:20190616173519j:plain

美しいピアノトーンのソロを挟み、もうひとまわし歌ったあと、続くカバーナンバー
ジェリー・ガルシア の「Sugaree」♪

f:id:k_sakashita:20190616173815j:plain

f:id:k_sakashita:20200224172248j:plain

ジェリー・ガルシアはもちろんグレイトフル・デッドのジェリー・ガルシアです。1972年に発表された彼のファースト・ソロアルバム『Garcia』からの楽曲です♪

f:id:k_sakashita:20190616174007j:plain

「Angel From Montgomery」〜「Sugaree」の流れは、「Sugaree」のアレンジと歌いまわしを かなり「Angel〜」に寄せていたので、曲が変わった事に気づかなかった方結構いたかもですねw

f:id:k_sakashita:20190616174035j:plain




本編ラストとなった12曲目、

TTB『Revelator』から「Bound For Glory

f:id:k_sakashita:20190616174159j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616174321j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616174349j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616174523j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616175104j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616175124j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616175215j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616175230j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616175241j:plain

 

 

 

 

17:52 本編終了♪

f:id:k_sakashita:20190616175300j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616175304j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616175313j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616175315j:plain

 

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20190616175336j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616175403j:plain

 

 

 

 

  

f:id:k_sakashita:20190616175450j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616175519j:plain

アンコール1曲目(13曲目)、

『Made Up Mind』から「Made Up Mind」

f:id:k_sakashita:20190616175555j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616175643j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616175752j:plain

デレクのギターソロのあとは、マーク・リヴァースが歌うスライのハイヤー!も飛び出した♪

f:id:k_sakashita:20190616180113j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616180248j:plain




アンコール2曲目(14曲目)にして、この日ラストとなったのは、原曲はビートルズだけど、もちろんジョー・コッカーのバージョンで「With A Little Help From My Friends」♪

f:id:k_sakashita:20190616180437j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616180458j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616180819j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616180830j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616181010j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616181051j:plain

 

 

 

18:10 公演終了☆☆☆ 

f:id:k_sakashita:20190616181108j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190616181124j:plain 

  1.   Signs, High Times
  2.   Part Of Me 
  3.   Right On Time
  4.   When Will I Begin? 
  5.   Keep On Growing 
  6.   Key To The Highway
  7.   Swamp Raga ~ Midnight In Harlem
  8.   I Want More
  9.   Leaving Trunk ~ Volunteered Slavery
10.   Hard Case
11.   Angel From Montgomery ~ Sugaree
12.   Bound For Glory
         < encore >
13.   Made Up Mind 
14.   With A Little Help From My Friends

 

 

今回も期待を裏切らない素晴らしいステージとなったテデスキ・トラックス・バンド!! 古き良きスタイルを継続し続けてくれる稀有な存在の彼等。まだまだ何度でも見たいですね❤ ありがとうTTB!!

 

終演後はまたまた石井社長に焼き肉ご馳走になりました😍

f:id:k_sakashita:20190616185319j:plain

 

 

 

ではでは今回はこんな感じで、

また次回までご機嫌よ〜(*ゝω・*)ノ PEACE!!

 

 

 

 

映画「THE RAINBOW」・「ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!」

 

 

26日の夜に「THE RAINBOW」

27日の昼間に「ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!」

って映画見て来た。

 

 

f:id:k_sakashita:20191224184946j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190920111748j:plain

 

先ずは「THE RAINBOW」のお話から。

この日は仕事上がりで20:50からのレイトショー、

ユウちゃんと2人でシネマート新宿へ。

Cinem@rt- シネマート新宿 | 映画館

f:id:k_sakashita:20191226204433j:plain

 

内容説明はシネマート新宿さんのHPのものを転載させて頂きます。以下転載⬇

 

ハリウッド、サンセット通りに1972年に開業以来、多くのバンドマン、アーティスト、映画人たちの巣窟と化したバー/レストランであり、ロックンロールの聖地といわれる<レインボー・バー&グリル>。

今までに存在したすべてのロックミュージシャンが一度は訪れているここは、実はモーターヘッドレミーの棲家だった!レミーは毎日ここでジャックコークを呑み、設置されていたポーカーマシンに興じ、禁煙の店内で人類で唯一喫煙が許されマルボロを吸い続けたのだ。
2015年レミー没後、ここには等身大レミーのブロンズ像が建立され、レミーが常駐した場所は“Lemmy's Lounge”と命名された。本作はこのレインボーの歴史を店の常連だったオジー・オズボーン、スラッシュ、ジーン・シモンズたちの証言、店のオーナーであるマグリエリ一家の面々、そして姉妹店でもあるライヴハウス、<ウィスキー・ア・ゴー・ゴー>の歴史とともに振り返る。
多くのライヴハウスやバーが時代の流れとともに閉店を余儀なくされるなか生き残るレインボー。

世の中の音楽が次第にロックから離れていっているなか、ジーン・シモンズは「ロックは死んだ!」と怒り気味にまくしたてるが、レインボーは何も変わらずロックンロールの教会的なスタンスのまま存在し続ける。

 

www.cinemart.co.jp

   

 

 

 

6階受付フロアの壁はモーターヘッドでいっぱい😍 

f:id:k_sakashita:20191226204647j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191226204637j:plain

 

「THE RAINBOW」とは別で、モーターヘッドのライブ映画も上映されていたからね☠

( 2015年11月20日と21日、ドイツ・ミュンヘンでのライヴを収めた、モーターヘッド最期の公式ライヴ映像。2016年に「クリーン・ユア・クロック」と題してライヴアルバムやブルーレイ、DVD など様々なフォーマットでリリースされた一作)


映画『モーターヘッド/ クリーン・ユア・クロック』予告篇

 

こちらはDVDで購入予定だったので見てないんだけど、

当然モーターヘッドT着て見にいったよ♤

f:id:k_sakashita:20191226160707j:plain

バックルもスペード♠で(近年は毎日こればっかだけど)。

f:id:k_sakashita:20191226171429j:plain

 

 

f:id:k_sakashita:20191226204712j:plain

ただ、レインボー見に行った時に買おうと思っていたレミーのTシャツは既に売り切れだったので、ポスターのみ購入。

f:id:k_sakashita:20191226204718j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191227183301j:plain

 

 

こんなセットもありw

f:id:k_sakashita:20191227155948j:plain

 

とりあえず先着順で無料配布のポスターも無事ゲット☆

f:id:k_sakashita:20191227183543j:plain

 

LAのレインボーと言えば、それは海外旅行未経験で、パスポートすら持っていない僕ですら、その存在を30年以上前から認識している、ロック好きには有名なお店!

現在は創設者のお孫さんが経営されているけれど、創設者の偉大なるグランパ、マリオさんの代からの歴史と、レインボーに関わる数々のミュージシャンの証言や、その時代時代でのロック・ミュージックの流行り廃り等など、かなりディープに知れる一作!必見なんだけど、残念ながら上映は、本日12月28日 20:10〜からの回で一旦終了かな。

ソフト化、若しくは配信あれば是非♪


P.S. 久々に職場の不定期交換コーナーが変わりました。 

f:id:k_sakashita:20191228150832j:plain

 ⬇          ⬇           ⬇

f:id:k_sakashita:20191228152245j:plain


 

 

 

そして翌日金曜はお休みだったので、1人でまたまたシネマート新宿@「ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!」初日初回の14:15からの回へ。

f:id:k_sakashita:20191226172245j:plain

 

 

内容は予告動画見ていただけるとだいたい分かるかな☠ 


映画『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』予告編

 

 

この映画の上映時間調べる為にシネマート新宿のHP見てたら「THE RAINBOW」なんてのもやりますよーってのを知り、レインボーの方が上映先だったので、先ずはそちらを見てからのこちらになったんだけど、僕は元々「ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!」がお目当でした♪

 

で、ヘヴィ・トリップの前売り買うと、素敵なステッカーも貰えてしまうので、「前売りチケット欲しいな」と。

 

ただし、前売りチケットの利点はなんと言っても1800円のチケットが1400〜1500円で買えてしまうことなんだけど、

300〜400円お得になるチケットを、電車に乗って西荻から新宿まで買いに行ってしまうと、電車代でチャラではないかと・・・😫

ならば別件の用事で新宿に行くついでに買わねばいかんという・・この30年間磨き抜いてきた僕のプアーモードが当然発動・・・😩

 

12月5日、さいたまスーパーアリーナU2を一緒に見る為、新宿駅で待ち合わせしているユウちゃんとキーちゃんを多少待たせつつ、(SSA前のユウちゃん⬇)

f:id:k_sakashita:20191205183959j:plain

無事前売りチケットと直腸陥没ステッカーをゲットなのでした👿

f:id:k_sakashita:20191226104636j:plain


 

そう言えば、世界中のSWフリークスが40年近く待ちに待ったシリーズ9作目・完結作「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が、ここ日本でも12月20日から無事公開スタートなわけだけど。

 

こちらもやはり絶対に行くのは自分で分かっていたので、今回は前売り買っとこうかなと思い上映館調べたら、西荻の隣駅の吉祥寺オデオンでもやっていると。

 

じゃあ仕事の帰りにチャリで吉祥寺オデオンまで行き、前売り買っちゃおうと。

だがしかし、オデオンは受付が3階なので、チャリをその辺に適当に停めておく事は出来ず(吉祥寺って至る所に路上駐輪監視のオジサン達いて厳しいんだよね)、駐輪所に停めねばと。

 

でもやはり、有料の駐輪所に停めたら前売り感の意味が薄れるではないかと(せいぜい100円なんだけどね)。なんて事いってたら、その日のスタジオの夜番店員が吉祥寺に詳しく、オデオンの近くの2時間まで無料の駐輪所を教えてくれました。

 

で、仕事上がり その駐輪所に行くと2〜300台は停められそうな駐輪所が完全なる満車・・・しょうがないので駐輪所とオデオンのちょうど間にあるスーパーの駐輪所に、係のオジサンに真後ろからガン見されながらチャリを停め、スーパーに入って500円のブルーベリージャムを買い・・・ジャムの袋を持ったまま吉祥寺オデオンへ・・・・

 

 

路上に面した1階に当日券受付もあるので、一応試しに「SW9の前売り券こちらでも買えますか?」って聞いたら、「日程は決まっていますか?」と聞かれ、たまたま公開初日の日が休みだったので、12月20日です。と伝えると、「見る回のお時間はお決まりですか?」と聞かれたので、初回(10:05)でお願いします。と伝えると、「お席をお選び下さい」と。で、席を選ぶと、 

 

 

 

 

「1800円です」と・・・

 

 

 

 

 

 

OH!  NO!・・・😱😱😱😱😱

 

 

 

 

 

それ当日料金やんけ〜😭😭😭 日にちと時間と席を指定したら当日料金なのね〜

だったら当券売場の真ん前にチャリ余裕で停められたやんけ〜 ブルーベリージャムいらんかったやんけ〜 まだ冷蔵庫にアンズジャムとピーナツバター入っとるわ・・・

 

f:id:k_sakashita:20191220095023j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191220095639j:plain


 

まぁ全ては経験値の足りない僕が悪いのです。

色々経験になりました。

と、しみったれたお話はこれくらいにして😅 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20191227140136j:plain

当日6階受付フロアに着きエレベーター降りると、

f:id:k_sakashita:20191227140254j:plain

めちゃくちゃ人で溢れてた😳😳😳
なんどか来た事あるシネマート新宿さんが、こんなに人でごった返しているのは初めて見たので少し驚いたけど、自分が見に来た作品が初日初回から盛況なのは、とても良い事です。 こちらは⬇上映終了後。

f:id:k_sakashita:20191227155220j:plain

 

 

とりあえず見終わった感想は、

 

超100点❣❣

 

です。 

 

 

めちゃくちゃ 面白かったです!! 

まだまだ上映してます。必見也!!

 

 

 

f:id:k_sakashita:20191227160527j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191227160541j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191227155942j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191227160625j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191227160626j:plain

 

 

 

f:id:k_sakashita:20191227160446j:plain

あまりにも良すぎて5種類あるTシャツ、

4種類とパンフレット購入しました😍

f:id:k_sakashita:20191227183900j:plain

 

f:id:k_sakashita:20191227184355j:plain






ではでは年内更新、今日でラストとなります。

また来年よろしくお願い致します。m(・・)m

皆様良いお年を!! PEACE!!

 

 

 

 

ALCATRAZZ @ Japan Tour 2019 : Tokyo Day 2

 

東京公演のみの特別な一夜⭐

『DOWN TO EARTH』🌏🌈

再現 ナイト 🌛

 

 

f:id:k_sakashita:20190512094349j:plain

 

◎Voices of Rainbow @ Nakano Sunplaza 2013 - さかしたBLOG

 

◎ALCATRAZZ @ Japan Tour 2019 : Tokyo Day 1 - さかしたBLOG

 

 

『NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL』 再現 + ベストヒット

⚫5月 28日(火) 東京:TSUTAYA O-EAST

⚫5月 29日(水) 大阪:梅田クラブクアトロ

⚫5月 30日(木) 名古屋:ボトムライン

 『DOWN TO EARTH』 再現 + ベストヒット

🌏5月 31日(金) 東京:TSUTAYA O-EAST

  

✦Graham Bonnet  <Vocals>

✦Jimmy Waldo  < Keyboards>
✦Joe Stump  <Guitar>
✦Beth-Ami Heavenstone  <Bass>
✦Mark Benquechea  <Drums>

 

 

前回はアルカトラスの1983年1stアルバム『NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL』 再現 + ベストヒット公演でしたが、今回はレインボーの1979年4thアルバム『DOWN TO EARTH』 再現 + ベストヒットです。

 

 

では早速 東京公演2日目『DOWN TO EARTH』 再現 + ベストヒット のお話へ。

ALCATRAZZ Japan Tour  @  Shibuya TSUTAYA O-EAST  2019・5・31  ( fri )

f:id:k_sakashita:20190531180815j:plain

18:08 会場到着。やはりオープン時間あたりに来ると、入場待ちのお客さんが それなりの数いますね。

f:id:k_sakashita:20190531213256j:plain

2日目もユウちゃんと二人で参戦。この日の整理番号は644番だったので、18:15頃に僕達も会場入りし、初日と同じ辺りに立つ。

f:id:k_sakashita:20190531181918j:plain

 

 

 

19:03 客電落ちライブがスタート♪

f:id:k_sakashita:20190531190321j:plain

1曲目、『DOWN TO EARTH』から「Eyes of the World」

f:id:k_sakashita:20190531190337j:plain

やはり今回もアルバムの曲順に沿ったセットリストではない様で、アルバムでは2曲目の「Eyes of 〜」からショウがスタート♪

関係者の方の話だと、どうやら楽器隊のチューニングの都合上みたいですね。

f:id:k_sakashita:20190531190608j:plain

しかし東京公演2日目は明らかに初日よりもお客さん多い!

まぁレインボーの『DOWN TO EARTH』再現とくれば、そう言う事だよねw

そして1曲目からの盛り上がりがすごい。最高にいい感じ😍

f:id:k_sakashita:20190531190616j:plain

 

 

 

2曲目、『DOWN TO EARTH』から「All Night Long」

f:id:k_sakashita:20190531190752j:plain

ツアー最終日のこの夜もグラハムの気力は全く衰えを見せず!!

f:id:k_sakashita:20190531190826j:plain

ただし、初日の鬼気迫る気迫と言うよりは、今回のツアーを最後まで乗り切り、最終日 かなりの盛り上がりを見せる観客の反応に、時折歌いながら笑ってしまう程の、グラハム自身の安堵感と幸福感が伝わって来た様な気がしたと言うのは・・勘ぐりすぎかしらw 

反転させると、満員御礼で最高に盛り上がる会場で、とても楽しそうに歌うグラハムを見て、僕が凄く幸せになってしまったって言うだけの話だけどw

f:id:k_sakashita:20190531190912j:plain

 

 

 

3曲目、『DOWN TO EARTH』から「Love's No Friend」

f:id:k_sakashita:20190531191000j:plain

スローにうねる粘り気のある楽曲♪ 

f:id:k_sakashita:20190531191022j:plain

ループする様にうねるギターリフが、ディープ・パープルの「Mistreated」を思い出させる。まぁどっちも同じ方がギターだけどw

f:id:k_sakashita:20190531191134j:plain

しかし、このテンポの曲ですら会場は大盛り上がり😳

バンドの演奏も確実に初日よりまとまってる😍

f:id:k_sakashita:20190531191215j:plain

 

 

 

4曲目、『DOWN TO EARTH』から「Danger Zone」

f:id:k_sakashita:20190531191512j:plain

切れ味鋭く畳み掛けるAメロBメロから、中間のアラビアックなリフのバランスが、ハマると抜け出せない。

f:id:k_sakashita:20190531191609j:plain

決して良好な関係ではなかったのかもだけど、それでもグラハムの乗せる歌メロと、リッチーの作る楽曲やリフはとても相性が良かったのですね😁なんて このあたりの楽曲を聞くと思ってしまいます。もちろん双方ともこのアルバム以外も素晴らしい作品多いのだけれど。

f:id:k_sakashita:20190531191934j:plain

 

 

 

5曲目、 『DOWN TO EARTH』から「Makin' Love」

f:id:k_sakashita:20190531192111j:plain

ミディアムテンポの小気味好い楽曲♪

合間合間のブレイクも心地よし♫

f:id:k_sakashita:20190531192729j:plain

1曲目に続き、この楽曲でもオリジナル通りにボトルネックを弾いてみせたジョー♪

f:id:k_sakashita:20190531192814j:plain



 

6曲目、『DOWN TO EARTH』から「Since You Been Gone」

f:id:k_sakashita:20190531193110j:plain

『DOWN TO EARTH』の中でも1、2を争う看板曲で御座います🎇🎇🎇❣❣❣

f:id:k_sakashita:20190531193214j:plain

勿論レインボーバージョンが最も有名なのですが、オリジナルはラス・バラードの1976年作品です。

f:id:k_sakashita:20191210184416j:plain

f:id:k_sakashita:20190531193301j:plain

因みにこの楽曲をアルバムに収録するにあたり、「これはロックではない!」と主張するコージー・パウエルと、「どうしても収録する! 収録しないならお前をクビにする!」と言うリッチー・ブラックモアとの間で殴り合いの喧嘩にまで発展したというお話もありますwww

そんなコージー・パウエルですが、クイーンのブライアン・メイが行った1993年のソロツアーで、この曲をブライアン・メイが演奏した際(ブライアン・メイはレインボー・バージョンの「Since You Been Gone」が大のお気に入り)、しっかりとドラムを叩いておりました😂😂😂

f:id:k_sakashita:20190531193316j:plain

 

 

 

7曲目、『DOWN TO EARTH』から「No Time to Lose」

f:id:k_sakashita:20190531193435j:plain

これぞハードR&Rナンバー♪

f:id:k_sakashita:20190531193448j:plain

エッジの効いた8ビートが心地良し♪

f:id:k_sakashita:20190531193724j:plain

 

 

 

8曲目、『DOWN TO EARTH』再現から最後の曲となった「Lost in Hollywood」

f:id:k_sakashita:20190531193858j:plain

ここで”DESTINIA”から若井望氏がゲストギタリストとして参加♪

f:id:k_sakashita:20190531193953j:plain

wardrecords.com

f:id:k_sakashita:20190531194025j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531194151j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531194331j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531194504j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531194555j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531194558j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531194600j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531194602j:plain

これにて『DOWN TO EARTH』再現は終了☆

一旦メンバー捌け、SEでアルカトラス3rdアルバム『DANGEROUS GAMES』から「Night Of The Shooting Star」が会場に流れる♪

f:id:k_sakashita:20190531194736j:plain

 

 

 

 

再度メンバー登場し、ここからはベストヒッツタイム♪
9曲目、アルカトラス『NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL』から「Too Young to Die, Too Drunk to Live」

f:id:k_sakashita:20190531194819j:plain

初日来てない方にはとても嬉しいアルカトラス・タイムの始まり〜♪

f:id:k_sakashita:20190531194950j:plain

 

 

 

10曲目、『NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL』から「Hiroshima Mon Amour」

f:id:k_sakashita:20190531195312j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531195335j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531195514j:plain

 

 

 

11曲目、『NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL』から「Jet to Jet」

f:id:k_sakashita:20190531195631j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531195704j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531195806j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531195930j:plain

 

 

 

12曲目、『NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL』から「General Hospital」

f:id:k_sakashita:20190531200148j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531200215j:plain

 

 

 

13曲目、『NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL』から「Starcarr Lane」

f:id:k_sakashita:20190531200702j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531200737j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531200920j:plain




14曲目、『NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL』から「Kree Nakoorie」

f:id:k_sakashita:20190531201046j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531201107j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531201407j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531201441j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531201615j:plain

6曲続いたアルカトラス・タイムはこれにて終了☆
ここでジョーの長尺のギターソロを挟み、

f:id:k_sakashita:20190531201820j:plain

 

 

 

15曲目、マイケル・シェンカー・グループ『ASSAULT ATTACK』から「Desert Song」

f:id:k_sakashita:20190531202003j:plain

初日には演奏されなかった楽曲。

f:id:k_sakashita:20190531202126j:plain

やはりMSGの楽曲だけに会場も盛り上がります♪

f:id:k_sakashita:20190531202420j:plain




16曲目、グラハム・ボネットのソロアルバム『LINE UP』から「Night Games」

f:id:k_sakashita:20190531202741j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531202922j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531203024j:plain




17曲目、MSG『ASSAULT ATTACK』から「Rock You to the Ground」

f:id:k_sakashita:20190531203239j:plain

こちらは初日にも演奏したけど、2回聞けて嬉しい楽曲♪ このザクザクしたAメロから憂いのあるBメロへの流れがとても好きなのです♪

f:id:k_sakashita:20190531203350j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531203634j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531203747j:plain




18曲目、IMPELLITTERI『Stand in Line』から「Stand in Line」

f:id:k_sakashita:20190531203858j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531204024j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531204130j:plain

 

 

 

19曲目、IMPELLITTERI『Stand in Line』から「Leviathan」

f:id:k_sakashita:20190531204443j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531204604j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531204702j:plain

 

 

 

20曲目、BLACKTHORNE『AFTERLIFE』から「We Won't Be Forgotten」

f:id:k_sakashita:20190531204818j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531204837j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531204952j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531205154j:plain




21曲目、IMPELLITTERI『Stand in Line』から「Tonight I Fly」

f:id:k_sakashita:20190531205405j:plain

ミディアムテンポでクラシカルな北欧感漂う楽曲♪

f:id:k_sakashita:20190531205511j:plain

僕、インペリテリはほとんど聞いてこなかったんだけど、アメリカ出身の彼もこんな北欧の風土漂う曲を書いちゃうんだね。まだまだ知らない事だらけなのだ★

f:id:k_sakashita:20190531205738j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531205810j:plain




本編ラストとなった22曲目、

GRAHAM BONNET BAND『MEANWHILE,BACK IN THE GARAGE』から「Long Island Tea」

f:id:k_sakashita:20190531205829j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531205907j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531205919j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531210001j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531210012j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531210214j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531210233j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531210241j:plain

21:02 本編終了☆





f:id:k_sakashita:20190531210312j:plain







アンコール登場。

f:id:k_sakashita:20190531210415j:plain

ここでまずメンバー紹介。

Guitar - Joe Stump 

f:id:k_sakashita:20190531210420j:plain

Drums - Mark Benquechea

f:id:k_sakashita:20190531210429j:plain

Keyboards -  Jimmy Waldo

f:id:k_sakashita:20190531210436j:plain

Bass - Beth-Ami Heavenstone

f:id:k_sakashita:20190531210510j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531210519j:plain

 

 

アンコール1曲目(23曲目)、
MSG『ASSAULT ATTACK』から「Assault Attack」

f:id:k_sakashita:20190531210556j:plain

こちらも初日には演奏されなくて、僕が聞きたかった楽曲♪

生で聞けて嬉しい😍

f:id:k_sakashita:20190531210602j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531210629j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531210637j:plain

 

 

 

アンコール2曲目(24曲目)、

GRAHAM BONNET BANDの『THE BOOK』から「Into The Night」

f:id:k_sakashita:20190531211022j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531211043j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531211056j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531211100j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531211300j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531211424j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531211429j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531211431j:plain

アンコール終了☆☆

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20190531211504j:plain

 

 

 

 

 

2回目のアンコール登場♪♪

f:id:k_sakashita:20190531211531j:plain

この日最後の曲となったアンコール3曲目(25曲目)、

IMPELLITTERI の『STAND IN LINE』から「Goodnight And Goodbye」

f:id:k_sakashita:20190531211645j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531211905j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531211915j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531211917j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531211932j:plain

21:19 公演終了☆☆☆

 

f:id:k_sakashita:20190531211935j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190531211939j:plain

  1.  Eyes of the World
  2.  All Night Long
  3.  Love's No Friend
  4.  Danger Zone
  5.  Makin' Love
  6.  Since You Been Gone
  7.  No Time to Lose
  8.  Lost in Hollywood

      SE~  Night of the Shooting Star
  9.  Too Young to Die, Too Drunk to Live
10.  Hiroshima Mon Amour
11.  Jet to Jet
12.  General Hospital
13.  Starcarr Lane
14.  Kree Nakoorie

      ~Guitar Solo~
15.  Desert Song
16.  Night Games
17.  Rock You to the Ground
18.  Stand in Line
19.  Leviathan
20.  We Won't Be Forgotten
21.  Tonight I Fly
22.  Long Island Tea

       < encore #1 >
23.  Assault Attack
24.  Into the Night

       < encore #2 >
25.  Goodnight and Goodbye

 

東京公演2日目は、なんと初日より5曲も多い全25曲!大盛況にて無事終了。大満足な一夜となりました。少しだけ悩んだけど、2日共行って大正解でした。

しかし今回のグラハムは本当に素晴らしかったな〜😍 長年ファンを続けて来てこんなに嬉しい事はないですね。同じ事の繰り返しばかり言ってしまうけど、今回のステージに2度も立ち会えた事に感謝感謝なのでした☆

 

 

もしかしたら年内に簡単な記事もう1回くらい上げるかもです。

ではでは今回はこんな感じで、

また次回までご機嫌よ〜(*^▽^)/ PEACE!!

 

 

 

ALCATRAZZ @ Japan Tour 2019 : Tokyo Day 1

 

グラハム・ボネット

アルカトラス名義で来日!! 

 

 

f:id:k_sakashita:20191023172240j:plain

 

◎Voices of Rainbow @ Nakano Sunplaza 2013 - さかしたBLOG

 

 

 

まずはグラハム・ボネットの歴史から。

 

◎ イギリスのリンカーンシャー州スケグネス出身(1947年12月23日生まれ。現在71才)。10代前半はイギリスの地元でジャズ・バンドのギタリストをしていたが、10代後半はローカル・バンド「Blue Sect」や「Graham Bonnet Set」を率いて活動していた。

 

◎20歳の時に従兄弟のTrevor Gordonと新たなバンド「Bonar Law」を結成。GrahamとTrevorのデュオはバリー・ギブによってザ・マーブルスと命名され、1968年10月にデビュー。バリー・ギブが提供した「Only One Woman」がUKチャート・ベスト5入りする大ヒットとなったが、アルバム発表前に解散する。 

 

◎1976年にはSpike Milliganの指揮によるPaul Gallicoの「The Snow Goose」というLPに1曲だけハミングで参加している。 翌1977年、リンゴ・スターのレーベル、Ring O Recordsと契約し、初のソロ・アルバム『Graham Bonnet』を出す。

f:id:k_sakashita:20191103194949j:plain

ボブ・ディランの「イッツ・オール・オーバー・ナウ、ベイビー・ブルー」をカバーしたシングルはオーストラリアで大ヒットとなり、アルバムもオーストラリアなど数カ国でゴールド・ディスクを獲得。 

f:id:k_sakashita:20191103195423j:plain

 

◎翌年。2作目のソロ・アルバム『No Bad Habits』とディスコ調のシングル「Warm Ride」も大ヒットした。

f:id:k_sakashita:20191103195803j:plain

 

◎1979年、マーブルスの「Only One Woman」を聴いたリッチー・ブラックモアの提案で、レインボーの新しいヴォーカリストとしてグループに加入。アルバム『ダウン・トゥ・アース』で評価を得る。 

 f:id:k_sakashita:20191103205423j:plain

バンドはダウン・トゥ・アースのツアーを終えコペンハーゲンのスタジオで次のアルバムの製作に入ったが、グラハムは、メンバーの中で最も仲の良かったコージー・パウエルが脱退したり、新しい曲作りもなかなか進まなかったことから意欲を失い、新しいアルバムに収録する「I Surrender」のバック・コーラス部分のみ録音したのち、ロサンゼルスの自宅に戻った。新作のプロデューサーもつとめていたロジャー・グローヴァーはジョー・リン・ターナーを新たにボーカルとして選任し二人のボーカルで歌を分けることを提案したため、ボネットは納得いかず自らレインボーを脱退した。 

 

◎1981年、ソロ・アーティストとしてヴァーティゴ・レコードと契約して三作目『孤独のナイト・ゲームス "(Line UP)"』をリリース。シングル・カットされた「Night Games」(邦題:孤独のナイトゲームズ)が最高6位のUKトップテン・ヒットとなった。(1983年に西城秀樹が「ナイトゲーム」のタイトルでカヴァーする。)

f:id:k_sakashita:20191103205928j:plain

 

◎1982年に、MSG(マイケル・シェンカー・グループ)の三枚目のスタジオ・アルバムとなる『黙示録 ("Assault Attack")』のヴォーカリストとして録音に参加する。アルコール摂取が原因でボネットはツアーに参加することはなく、その後、アメリカ、ロサンジェルスに拠点を移しアルカトラスの結成に着手する事になる。

f:id:k_sakashita:20191112170313j:plain

 

◎1983年、レインボー のスタイルを踏襲したバンドを結成すべく、アメリカ西海岸でニュー・イングランドのゲイリー・シェア、ジミー・ウォルドー、当時はまだ無名だったスウェーデン出身のギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンをオーディションによって獲得、アリス・クーパー・バンドのヤン・ウヴェナを加えてアルカトラスの活動を始める。同年、アルバム『ノー・パロール・フロム・ロックン・ロール』を発表。  

f:id:k_sakashita:20191112171143j:plain

 

◎マルムスティーンのソロ活動により、新たにフランク・ザッパ・バンドのスティーヴ・ヴァイを加えて日本でのライヴを行ない、1985年には、2作目のスタジオ・アルバム『ディスタービング・ザ・ピース』を発表。

f:id:k_sakashita:20191112171516j:plain

80年代で最も演奏テクニックを持つギタリスト"と言われるようになるギタリスト、スティーヴ・ヴァイを世に送り出すが、彼もデイヴィッド・リー・ロスに引き抜かれる。 

 

◎1987年にはエルトン・ジョン・バンドや、ミートローフ、アリス・クーパー等の作品を制作していたベテラン・セッションマン、ダニー・ジョンソンとともに、アルカトラス最後のスタジオ・アルバムとなる『デンジャラス・ゲームス 』を制作発表する。 

f:id:k_sakashita:20191112173101j:plain

 

◎1988年、ギタリストのクリス・インペリテリのバンドインペリテリに参加する。アルバム『スタンド・イン・ライン』発表した同年7月、東京ドームのこけら落としとなるイベント第1回 「KIRIN DRY GIGS'88」にビリー・ジョエルボズ・スキャッグスアート・ガーファンクルフーターズとともに出演する。ボネットはヘッドライナーのビリー・ジョエルのアンコールのステージで、ビートルズの「I Saw Her Standing There」にも参加して唄った。 

f:id:k_sakashita:20191112173341j:plain

 

※以下詳細省略  

  • 1989年:FORCEFIELD - TO OZ AND BACK
  • 1990年:FORCEFIELD - LET THE WILD RUN FREE
  • 1990年:GRAHAM BONNET - THE ROCK SINGER'S ANTHOLOGY(POLYGRAM)
  • 1991年:GRAHAM BONNET - HERE COMES THE NIGHT
  • 1993年:BLACKTHORNE - AFTERLIFE
  • 1997年:GRAHAM BONNET - UNDERGROUND
  • 1999年:GRAHAM BONNET - THE DAY I WENT MAD
  • 2000年:ANTHEM - HEAVY METAL ANTHEM
  • 2002年:IMPELLITTERISYSTEM X
  • 2005年:IAIN ASHLEY HERSEY - THE HOLY GRAIL
  • 2006年:MOONSTONE - TIME TO TAKE A STAND
  • 2006年:MICHAEL SCHENKER GROUP - 25 YEARS CELEBRATION
  • 2006年:WELCOME TO AMERICA - TAZ TAYLOR BAND
  • 2008年:J21 - YELLOW MIND : BLUE MIND
  • 2010年:ALCATRAZZ - LIVE'83
  • 2010年:ALCATRAZZ - NO PAROLE FROM ROCK 'N' ROLL TOUR LIVE IN JAPAN 1984.1.28 AUDIO TRACKS
  • 2010年:ALCATRAZZ - DISTURBING THE PEACE TOUR LIVE IN JAPAN 1984.10.10 AUDIO TRACKS
  • 2016年:GRAHAM BONNET BAND - THE BOOK
  • 2018年:GRAHAM BONNET BAND - MEANWHILE,BACK IN THE GARAGE

             ー Wikipediaより ー

 

 

 

 

個人的には2013年の「Voices of Rainbow」企画以来、約6年振りに見るグラハム。

初めてグラハム生で見たのは2007年のジョー・リン・ターナー・バンドとの2マンで、通算3回目。

 

今回はアルカトラスの1stアルバム「NO PAROLE FROM ROCK'N' ROLL」再現+αと、東京のみレインボーの「DOWN TO EARTH」再現+αて事で、両日共行って来た😁

    

『NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL』 再現 + ベストヒット

⚫5月 28日(火) 東京:TSUTAYA O-EAST

⚫5月 29日(水) 大阪:梅田クラブクアトロ

⚫5月 30日(木) 名古屋:ボトムライン

 『DOWN TO EARTH』 再現 + ベストヒット

🌏5月 31日(金) 東京:TSUTAYA O-EAST

  

✦Graham Bonnet  <Vocals>

✦Jimmy Waldo  < Keyboards>
✦Joe Stump  <Guitar>
✦Beth-Ami Heavenstone  <Bass>
✦Mark Benquechea  <Drums>

 

 

 

まずは東京公演初日のお話から。 

ALCATRAZZ Japan Tour @ Shibuya O-EAST  2019・5・28 ( tue )

f:id:k_sakashita:20190528181709j:plain

今回の整理番号は431番。f:id:k_sakashita:20191113173815j:plain

オープン時間に合わせて行ってもすぐには入れないだろうと思い、18:20に いつものユウちゃんと会場で待ち合わせ。てかもう皆さん早々に会場に入ってた。

f:id:k_sakashita:20190528181922j:plain

僕とユウちゃんも18:20くらいに会場入り、軽く物販眺め(何も購入せず)、

f:id:k_sakashita:20190528182231j:plain

1階スタンディングエリアのフロア後方に立つ。 

f:id:k_sakashita:20190528182658j:plain



 

 

19:02客電落ち、 

f:id:k_sakashita:20190528190205j:plain

1曲目、'83 アルカトラス1st『NO PAROLE FROM ROCK'N' ROLL』収録「Too Young To Die, Too Drunk To Live」でショウがスタート♪ 

f:id:k_sakashita:20190528190320j:plain

ん?  『NO PAROLE FROM ROCK'N' ROLL』の1曲目は「Island In The Sun」だけど、何故か7曲目の「Too Young〜」からスタート♪ 

f:id:k_sakashita:20190528190353j:plain

しかし曲順なんてどうでもいい程にグラハムめちゃくちゃ良いです!

ぶっちゃけライブ当日から、この記事を書き始めるまで、曲順の事にはまったく気づいてなかったです。

アルカトラス1st再現を謳いつつ、1曲目からアルバムと曲順が違う。

そんな事実を一瞬で吹き飛ばす程に、今回のグラハムのボーカルには目を見張る物がありました!!

そもそもアルカトラスでの1984年の初来日映像を、自分が高校生の当時に見た時には、既にアルバム通りのキーでは歌えてませんでした。

当然 2007年、2013年に生で見た時などは、端っから高いキーのパートの部分は流して歌っており、まぁ年齢も年齢だし しょうがないよね。って感じで見てましたけど、

今回72歳になったグラハムが何十年も歌えていなかった高いキーのパートに対して、流すことなど微塵もなく、1曲目から全力で立ち向かい、全身から声を絞り出し、正面からねじ伏せており(完璧にアルバム通りのキーではないものの、気力でねじ伏せるサマに感涙って感じでした)、

’84〜’85くらいから自分が知るグラハムとは、今回明らかにステージで歌う事に対するスタンスが違っていました!!

もう、1曲目から今回のステージでとんでもなく良い物が見られる事はほぼ確信出来ましたね(まぁやや結果論でもありますがw)。

f:id:k_sakashita:20190528190509j:plain

 

 

 

2曲目、 『NO PAROLE FROM ROCK'N' ROLL』 から「Hiroshima Mon Amour」 

f:id:k_sakashita:20190528190801j:plain

「Hiroshima〜」 はアルバムの4曲目なので再現と言いつつ、やはりアルバムの曲順通りにって趣旨とは違うみたいだね。まぁ「完全再現」ではなく「再現」なのでその辺はよろしいかとw

f:id:k_sakashita:20190528190852j:plain

さてさて、グラハム・ボネットと言えば、リッチー・ブラックモアのレインボーに所属し、マイケル・シェンカーのアルバムでも1枚歌い、その後自身が立ち上げたアルカトラスで、イングヴェイ・マルムスティーンスティーヴ・ヴァイを世に送り出し、アルカトラス解散後はクリス・インペリテリのアルバムでも歌うなど、超絶ギタリストが常に横にいた事でも知られてますが、今回初めて見たジョー・スタンプ、

f:id:k_sakashita:20190528190928j:plain

1960年9月18日生まれ・現在59才、アメリカ出身のギタリスト。

シンフォニック様式美バンドHOLY HELLや、自身がリーダーのREIGN OF TERROR、ソロ・アーティストとしても作品を発表しています。結構ラフな部分もあったけど、ちゃんと全体的に弾けてましたよ♪ ただバンド全体でちょっと練習不足な感はあったけどw でもジョー・スタンプ、ステージアクションがサマになっていたのでオッケー☆
そう言えば、ジョーはオジーのバンドで2009年から2017年までギターを弾いてたガス・Gの師匠でもあるみたいね。 バークレイかな。

f:id:k_sakashita:20190528191023j:plain

 

 

 

3曲目、『NO PAROLE FROM ROCK'N' ROLL』 から「Jet To Jet」

f:id:k_sakashita:20190528191253j:plain

ライダースを脱いだグラハム 

f:id:k_sakashita:20190528191400j:plain

続けざまのキラーチューンに会場はテンション上がりっぱなし♪ もちろんサビは大合唱♪♪♪

f:id:k_sakashita:20190528191540j:plain

 

 

 

4曲目、『NO PAROLE FROM ROCK'N' ROLL』から「General Hospital」

f:id:k_sakashita:20190528191723j:plain

ミディアムテンポの力強い1曲♪

f:id:k_sakashita:20190528192009j:plain

開演からまだまだ勢いは衰えず。

f:id:k_sakashita:20190528192022j:plain

 

 

 

5曲目、『NO PAROLE FROM ROCK'N' ROLL』から「Starcarr Lane」

f:id:k_sakashita:20190528192202j:plain

イントロの鳴きメロたまらなく良いです♪

f:id:k_sakashita:20190528192238j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528192402j:plain

 

 

 

6曲目、『NO PAROLE FROM ROCK'N' ROLL』から「Island In The Sun」

f:id:k_sakashita:20190528192611j:plain

イントロ鳴った瞬間大歓声!

f:id:k_sakashita:20190528192717j:plain

曲順分かってる完全再現よりも、やはり次に何が演奏されるか分かってない方が、瞬間的なテンションは俄然上がりますね♫

f:id:k_sakashita:20190528192833j:plain

フロアは縦揺れ必至!!

f:id:k_sakashita:20190528192950j:plain

 

 

 

7曲目、『NO PAROLE FROM ROCK'N' ROLL』から「Kree Nakoorie」

f:id:k_sakashita:20190528193020j:plain

アルバム通りヘリコプターのプロペラ音が鳴り響き、

f:id:k_sakashita:20190528193034j:plain

鍵盤のイントロかぶさり、

f:id:k_sakashita:20190528193226j:plain

パワーバラードがスタート♪

f:id:k_sakashita:20190528193323j:plain

音数多いギターソロだけど、ジョーはかなり忠実に弾きこなせてた☆

f:id:k_sakashita:20190528193416j:plain

ジョーは曲のエンディングでもアドリブソロをやや長めに弾き続け、そのまま8曲目の「Big Foot」へ突入(8曲目も『NO PAROLE FROM ROCK'N' ROLL』から)。

f:id:k_sakashita:20190528193748j:plain

変拍子のAメロから8ビートのBメロへ

f:id:k_sakashita:20190528193907j:plain

マイナーコード主体でのっけから被さってくるコーラスワークも聞き所♪

f:id:k_sakashita:20190528193948j:plain

 

 

 

9曲目、『NO PAROLE FROM ROCK'N' ROLL』から「Suffer Me」

f:id:k_sakashita:20190528194113j:plain

これまたマイナーコードのアルペジオから始まる切ない楽曲

f:id:k_sakashita:20190528194305j:plain

スローテンポだが懇懇と力強く歌いあげたグラハム♪

f:id:k_sakashita:20190528194523j:plain

インストの「Incubus」を抜かし、順番はバラバラだったけど『NO PAROLE FROM ROCK'N' ROLL』から全曲演奏終了。グラハムは一旦ステージ捌け、ジョーのギターソロへ♪

f:id:k_sakashita:20190528194758j:plain

f:id:k_sakashita:20190528194852j:plain

2〜3分のギターソロ終わりにジョーが弾き始めたイントロに場内大歓声!
11曲目はレインボー’79『DOWN TO EARTH』から「All Night Long」!!

f:id:k_sakashita:20190528195021j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528195005j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528195103j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528195129j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528195136j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528195204j:plain




11曲目、グラハムのソロアルバム’81『LINE UP』から「Night Games」

f:id:k_sakashita:20190528195319j:plain

個人的には生で聞くの初めてかな?ずっと生で聞きたいと思ってたんだ😍

f:id:k_sakashita:20190528195351j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528195516j:plain

曲終わりに、1983年にこの曲をカバーした西城秀樹氏に対する追悼の意が述べられた。

f:id:k_sakashita:20190528195725j:plain

f:id:k_sakashita:20191121173523j:plain




12曲目、M.S.G’82『ASSAULT ATTACK』から「Rock You To The Ground」

f:id:k_sakashita:20190528195757j:plain

マイケル・シェンカー・グループからの楽曲♪

f:id:k_sakashita:20190528195932j:plain

ザクザクとミディアムテンポで力強く歌い上げる♪

f:id:k_sakashita:20190528200159j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528200212j:plain

2016年にここ日本でMICHAEL SCHENKER FESTが開催され、グラハムも参加していたけど(その時僕は鳴チョ師匠のライブと日程被り不参加)。
来年またMICHAEL SCHENKER FESTがMSG 40th ANNIVERSARY SPECIAL LIVE として、日本で開催される模様。今回もグラハムは参加予定☆

f:id:k_sakashita:20191122161045j:plain

★ジャパン・ツアー・メンバー★ 
Michael Schenker – Guitar
Gary Barden,  Graham Bonnet,  Robin McAuley,  Doogie White – Vocals
Steve Mann - Guitar / Keyboards

Chris Glen – Bass

Bodo Schopf, Simon Phillips – Drums

 

★歴代ヴォーカリスト4人を擁するマイケル・シェンカー・フェスト、2020年3月に来日公演決定!

★マイケル・シェンカー・フェストで2作目となるアルバム『レヴェレイション』を9月20日にリリースをしてのツアー!

★MSG結成40周年記念のスペシャル・ライヴ、今回は特別に「サイモン・フィリップス」も参加決定!

★急逝した「テッド・マッケンナ」への追悼の意味も含む日本公演。

DAY1DAY2はセットリストのうち約半数の曲を替えるという今回限りのスペシャル・セットリストで両日あわせて楽しめる内容!

 

ameblo.jp

 

 

 

13曲目、IMPELLITTERI’88『STAND IN LINE』から「Stand In Line」

f:id:k_sakashita:20190528200556j:plain

当時世界で一番の速弾きと言われていたクリス・インペリテリ率いるインペリテリからの楽曲♪ たしか彼は1日10時間前後練習するだの、移動中の飛行機の中ですら練習するだのを(機内で弾けるのか!?)、詳細は覚えてないけど、雑誌で読んだ記憶がある。今は誰が一番速いと言われているのかしらね?

そもそも速さにはさほど関心がないので、そちらの情報には疎いのだ★

f:id:k_sakashita:20190528200646j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528200716j:plain

今回見事な気力を見せたグラハムだったけど、ベス嬢に絡む時だけはエロ親父の顔になっていたと思っていたのは、僕だけではないはず。 隙あらばエロ親父丸出しで絡んでいました・・・😅 まぁ元気で何よりだけどw

f:id:k_sakashita:20190528200718j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528200754j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528200847j:plain

 

曲終わりにメンバー紹介(ジョーの画像無くてソーリー)

f:id:k_sakashita:20190528201038j:plain

f:id:k_sakashita:20190528201047j:plain

f:id:k_sakashita:20190528201057j:plain

 

 

 

14曲目も『STAND IN LINE』から「Leviathan」

f:id:k_sakashita:20190528201413j:plain

スローテンポにうねるナンバー♪ 

f:id:k_sakashita:20190528201444j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528201456j:plain

どうやらジョーはこの⬆ポーズがお気に入りのようで、何度もこれ⬆やってた。

f:id:k_sakashita:20190528201459j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528201523j:plain





15曲目、BLACKTHORNEの1stアルバム『AFTERLIFE』から「We Won't Be Forgotten」

f:id:k_sakashita:20190528201651j:plain

ブラックソーンは、KISSやW.A.S.P.、Meat Loaf 等に在籍したボブ・キューリックや、ALCATRAZZで一緒だったジミー・ウォルドー達と1993年あたりに結成されたバンド。

f:id:k_sakashita:20190528201816j:plain

時代がグランジ全盛期だった事もあり、アルバム1枚発表して解散してしまったけど、解散前には既に録り終えていた2ndアルバム用の音源が、2017年正式にオフィシャル音源として約四半世紀振りに日の目を見たのは喜ばしい限り☆

Blackthorne II: Don't Kill the Thrill - Previously by BLACKTHORNE

Blackthorne II: Don't Kill the Thrill - Previously by BLACKTHORNE

 

f:id:k_sakashita:20190528201822j:plain

今回演奏された曲も全然浸透していなかったみたいだったけど、サビなんかはとてもキャッチーで、皆で拳振り上げるには持って来いな感じ。タイミング良ければそれなりに記憶に残る桂曲だったんではないかと、思ったりしました😳

f:id:k_sakashita:20190528201946j:plain

余談だけど1993年頃、自宅で「笑っていいとも」見てたら、番組のエンディングのラスト1分くらいの告知コーナーで、グラハムとボブ・キューリックが出てきて、ライブの告知してたのを思い出したw

 

 

 

16曲目、レインボーの『DOWN TO EARTH』から「Since You Been Gone」

f:id:k_sakashita:20190528202217j:plain

ここで盛り上がらなきゃ何処で盛り上がるって話です。はい😁

f:id:k_sakashita:20190528202252j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528202411j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528202529j:plain




本編ラストとなった17曲目は、2018年発表 GRAHAM BONNET BANDの最新作『MEANWHILE,BACK IN THE GARAGE』から「Long Island Tea」


Graham Bonnet Band - "Long Island Tea" (Live Music Video)

かっこいいです! レインボーを彷彿させる楽曲です🌈

f:id:k_sakashita:20190528202617j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528202643j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528202700j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528202734j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528202747j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528202832j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528202846j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528202906j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528202901j:plain

20:29 本編終了♪♪♪

 

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20190528203021j:plain

f:id:k_sakashita:20190528203038j:plain







アンコール1曲目(18曲目)、

2016年発表 GRAHAM BONNET BANDの『THE BOOK』から「Into The Night」

f:id:k_sakashita:20190528203204j:plain

疾走するエイトビート

イントロのツインペダルも心地良し♪

f:id:k_sakashita:20190528203223j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528203251j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528203339j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528203422j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528203456j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528203535j:plain




アンコール2曲目(19曲目)、

レインボー『DOWN TO EARTH』から「Lost In Hollywood」

f:id:k_sakashita:20190528203641j:plain

この場面でこの曲出たら盛り上がらないわけがない♪ これがこの夜のラストかなってほとんどの方が思ってるだろうしね♪

f:id:k_sakashita:20190528203729j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528203746j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528203813j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528203953j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204003j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204043j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204127j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204136j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204208j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204232j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204247j:plain

20:43 アンコール終了☆

 

 

f:id:k_sakashita:20190528204301j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204307j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204324j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204330j:plain

 

 

 

 

f:id:k_sakashita:20190528204358j:plain

 

 

 

 

2回目のアンコール登場☆☆

f:id:k_sakashita:20190528204414j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204428j:plain

アンコール3曲目(20曲目)、

IMPELLITTERIの『STAND IN LINE』から「Goodnight And Goodbye」

f:id:k_sakashita:20190528204503j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204510j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204627j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204652j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204805j:plain

20:48 公演終了☆☆☆

 

 

f:id:k_sakashita:20190528204301j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204810j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204811j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204814j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204815j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528204817j:plain

 

f:id:k_sakashita:20190528205146j:plain 

   1.  Too Young To Die, Too Drunk To Live

   2.  Hiroshima Mon Amour

   3.  Jet To Jet

   4.  General Hospital

   5.  Starcarr Lane

   6.  Island In The Sun

   7.  Kree Nakoorie

   8.  Big Foot

   9.  Suffer Me

 10.  All Night Long

 11.  Night Games

 12.  Rock You To The Ground

 13.  Stand In Line

 14.  Leviathan

 15.  We Won't Be Forgotten

 16.  Since You Been Gone

 17.  Long Island Tea

        < en core #1 >

 18.  Into The Night

 19.  Lost In Hollywood

        < en core #2 >

 20.  Goodnight And Goodbye

 

 

1曲目にいきなり総括的な感想書いちゃいましたけど、 今回のグラハム、本当に素晴らしかったです。 と言う事で次回は東京公演2日目『DOWN TO EARTH』再現+ベストヒッツ リポ予定です♪

 

ではでは今回はこんな感じで

また次回までご機嫌よ〜(*´∀`)ノ PEACE!!